• トップ
  • リリース
  • ビームス、渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー(S - SAP)協定」を締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ビームス

ビームス、渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー(S - SAP)協定」を締結

(PR TIMES) 2016年10月17日(月)15時20分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/12471/43/resize/d12471-43-167161-5.jpg ]


株式会社ビームス(本社:東京都新宿区、社長:設楽 洋)と渋谷区(区長:長谷部 健)は、企業の優れた技術やノウハウを活用し、協働して地域社会の課題解決を図る「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結しました。ビームスが自治体とこのような協定を締結するのは、初めてのことです。

渋谷区は多様な文化の情報発信拠点として、また、企業や学校、商業施設が集まる生活圏として、地域の社会的問題解決に向けたさまざまな取り組みを推進しています。ビームスは1976年に渋谷区神宮前に第1号店を創業して以来、毎日を楽しく心豊かなものにするファッションやライフスタイルを提案してきた立場から、渋谷区の取り組みをサポートし、より魅力ある街づくりに貢献するとともに、協働から生まれる相乗効果に期待し、今回の締結に至りました。

締結に先駆けビームスは、渋谷区が区職員でクールビズ推進委員会を組織して全庁的に取り組んでいるクールビスの取り組みに協力しました。2016年8月、区職員向けに行われたイベント「HOW TO BE COOL GUYS!」にて、今年のファッショントレンドをふまえながら、執務中の区職員にふさわしい夏の装い提案を講義形式で行いました。同講義内容を収録した小冊子も制作・配布したほか、涼しく快適に業務ができるポロシャツとTシャツも製作しました。また、9月4日(日)には、渋谷区総合防災訓練「SHIBUYA BOSAI FES 2016」をサポートし、スタッフTシャツを提供しています。

今後も本協定を通じて、ビームスがこれまで培った当社のノウハウやアイディアを活かし、ファッションやライフスタイルを中心としたさまざまな取り組みを渋谷区と連携して行っていく予定です。


◆「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」の内容
ビームスと渋谷区は、以下の項目について協働して取り組んでいきます。

1 ライフスタイル領域に関する支援
2 街づくりや地域コミュニティの活性化に係る支援
3 環境・資源・エネルギー領域に関する支援
4 商工観光並びに文化振興に関する支援
5 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援
6 その他の支援


[画像2: http://prtimes.jp/i/12471/43/resize/d12471-43-112387-6.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る