• トップ
  • リリース
  • あなたは両親が、若い頃にどんな苦労をし、どんな人と出会い、どのようにして人生を過ごして行ったのか・・・ご存知ですか?

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

テレビ大阪株式会社

あなたは両親が、若い頃にどんな苦労をし、どんな人と出会い、どのようにして人生を過ごして行ったのか・・・ご存知ですか?

(PR TIMES) 2017年03月09日(木)11時54分配信 PR TIMES

テレビ大阪制作番組「生前、親がお世話になりました」

いつか知りたかった親の謎・知られざる親の人生を、生前に親がお世話になった人物や場所を尋ね解き明かす。笑いあり、涙あり…あの有名人が“親探し”の旅に出かける。親の意外な一面を垣間見る瞬間、そこに生まれる感情とは?旅人のありのままの姿を描く。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20945/42/resize/d20945-42-639028-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/20945/42/resize/d20945-42-371133-1.jpg ]

【テレビ大阪】2017年3月11日(土)夜6:58〜8:54放送
開局35周年 それ、テレビ大阪やろ。
「生前、親がお世話になりました」
【MC】久本雅美 杉浦太陽 【ゲスト】三田村邦彦 石田純一 つるの剛士 三船美佳
【ナレーション】小倉久寛
http://www.tv-osaka.co.jp/sp/osewani201703/


久本雅美…結婚する前の母の原点を求めて

久本の母の故郷・徳島の木岐駅。誰もいない無人駅。この山間の町で久本の母は生まれ育った。

[画像3: https://prtimes.jp/i/20945/42/resize/d20945-42-773747-2.jpg ]

保育士として働き、3人の子供を育て上げ「強くて真面目で働き者だった」と語る久本。
しかし母はあまり自分の事を話すタイプではなく、生前、久本も聞く機会がなったという。
そこで少しだけでも母のことを知りたい、子供時代の写真も見てみたいという久本の、“親探し”の旅が始まった。
[画像4: https://prtimes.jp/i/20945/42/resize/d20945-42-773513-3.jpg ]

生きていれば83歳という母の同級生は見つかるのか?子供時代の写真は見つかるのか?そして意外な母の結婚前のエピソード!旅を終えた久本の胸によぎるのは…。


石田純一…波乱万丈の人生を支えてくれた母の想いを探る

自由奔放に生きてきた石田純一。その人生を陰で支えてくれた母の想いを探る旅へ。
母が亡くなる時まで住んでいたという川崎の実家に来て、誰もいない部屋で母の面影を探す石田。石田の父はNHKアナウンサーで厳格な人だったという。両親は当時はめずらしい恋愛結婚。アルバムを見ながら記憶をたどるうちに蘇る母のこと。仲の良かったご近所さんのことを思い出し、さっそく話しを聞きに。
[画像5: https://prtimes.jp/i/20945/42/resize/d20945-42-750223-4.jpg ]

やんちゃな頃に住んでいた下目黒では「母のこと、知りませんか?」と尋ね歩く。

[画像6: https://prtimes.jp/i/20945/42/resize/d20945-42-168055-5.jpg ]

母のことを覚えてくれる人は見つかるのか?2度の離婚、妻子を残して単身渡米、「不倫は文化」発言など、話題に事欠かない石田の人生を、母はどう見ていたのか?旅で見えてきた母の本当の想いとは?旅の最後に石田に芽生える感情とは…。

[画像7: https://prtimes.jp/i/20945/42/resize/d20945-42-702549-6.jpg ]


スタジオでは、二人の旅に自分の親のことを重ね合わせたのか、トークも大盛り上がり。
さらに!久本・石田の旅に触発され、出演者の一人が急きょ“親探しの旅”へ。
「最近、親にそっくりだと言われる」と語る。生前聞けなかった親の青春時代を探るべく、ゆかりの地・福岡へ。果たして、どんな展開が待っているのか!? お楽しみに。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る