• トップ
  • リリース
  • ランサーズ、住友生命と連携しフリーランス向け健康増進型保険を共同企画

プレスリリース

ランサーズ株式会社

ランサーズ、住友生命と連携しフリーランス向け健康増進型保険を共同企画

(PR TIMES) 2019年04月12日(金)17時40分配信 PR TIMES

〜健康増進への取り組みで保険料が変化する住友生命「Vitality」で、フリーランスの健康意識を醸成へ〜

フリーランス総合支援プラットフォームを提供するランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 秋好陽介、以下「ランサーズ」)は、住友生命保険相互会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役 橋本雅博、以下住友生命)と連携し、フリーランス・個人事業主を対象とした健康増進型保険「住友生命『Vitality』」の共同企画した商品の提供(※販売は住友生命)を開始いたします。
個人の株式会社化を実現する『Freelance Basics』に医療保険分野のサービスを拡充し、ヘルスケアや健康診断、その他予防医療など、企業における労務分野のサポートをするフリーランス向けサービスを提供します。住友生命との連携においては、健康増進型保険をフリーランスが加入しやすい価格設定で提供することにより、健康意識醸成を目指します。
今後も、フリーランスが自分らしく働き続けられるための支援領域を拡充してまいります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10407/42/resize/d10407-42-810728-0.png ]

◆背景 フリーランスの健康診断受診率


[画像2: https://prtimes.jp/i/10407/42/resize/d10407-42-282100-1.png ]

ランサーズでは、広義のフリーランスを対象に「フリーランスの健康に関する意識調査」を実施しました。本結果によると、専業フリーランスにおける1年以内の健康診断未受診率は半数を超える58%という結果になりました。また、人間ドックにおいては、未受診率は91%という高さとなりました。これらの健康診断未受診の理由として、「手続きの面倒さ」が34%と最も多く、次いで「必要性が感じられない」「やり方がわからない」ことが挙げられています。

また、健康に関するリスクについては、48%以上の方が備えられていません。予防医療の周知の必要性やフリーランスにとって必要な補償・保険の整備が急務であるといえます。このようなフリーランスが抱える課題を総合的に支援し、「安心」して働くことができる環境を整備することでより多様な働き方を選択できる環境を作ってまいります。

共同企画商品の住友生命「Vitality」:https://freelance-basics.jp/service/medical_insurance/sumitomolife


◆住友生命「Vitality」とは
住友生命「Vitality」とは、リスクに「備える」だけでなく、「健康増進」に取り組むモチベーションを高めて、リスクを「減らす」新しい保険のしくみです。日々の健康増進への取組みに応じてVitalityポイントを獲得でき、その累計ポイントで判定されるVitalityステータスに応じて特典(リワード)が受けられます。

また特典を受けられるだけでなく、 健康増進への取組みに応じて保険料が変動します。Vitality 健康プログラム利用しない場合と比較し、1年目の割引率は15%となります。2年目以降は健康増進への取組みに応じて変動し、最大割引率は30%となります!(割引率上限30%〜割増率上限10%)。
[画像3: https://prtimes.jp/i/10407/42/resize/d10407-42-278768-2.png ]

「Vitality」は、世界で1,010万人が加入しており(2019年2月末時点)、グローバルに評価を得ている健康増進プログラムです。「人々をより健康にし、その人生を豊かにし、守る」ための最先端の行動変容プログラムであり、スマートテクノロジーやインセンティブ、データの利活用、そして行動経済学を活用しています。2018年7月、住友生命は「Vitality」を日本市場に投入しました(商品名称:住友生命「Vitality」)。“住友生命「Vitality」”は、「加入時またはある一時点の健康状態を基に保険料を決定し、病気等のリスクに備える」という従来の生命保険とは一線を画し、「加入後毎年の健康診断や日々の運動等、継続的な健康増進活動を評価し、保険料が変動する」ことにより、「リスクそのものを減少させる」ことを目的とした商品です。また、「Vitality」の理念・目的に共感していただいた11社のパートナー企業と提携し、各パートナー企業と共に、お客さまの健康増進活動への取組みと継続をサポートする“住友生命「Vitality」”加入者向けの特典(リワード)として、様々な商品・サービスを割引価格にて提供しております。

“住友生命「Vitality」”スペシャルサイト:http://vitality.sumitomolife.co.jp/


◆個人のバーチャル株式会社化を実現する『Freelance Basics』とは
フリーランスが個々人の持つ能力(=得意な領域)にフォーカスして時間を使えるよう、事業活動をする上で必要となる不得意、面倒な領域を総合的に支援することで、会社員とのリソース差分を埋めるサービスです。フリーランスは会社員と違い、苦手なことや知識のない業務も自身で実行しなくてはなりません。フリーランスも会社員と同じように、苦手領域を得意な誰かとシェアし、得意領域で最大限の価値を発揮することができれば、個人がより社会に価値提供ができるようになります。『Freelance Basics』では、フリーランスが抱える様々な課題に対し、「成長」「安心」「生産性」の3つの観点とそれに紐づく5領域(「コミュニティ/教育」「金融」「補償/保険」「専門家支援」「業務効率化」)でサービスを展開してまいります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/10407/42/resize/d10407-42-482023-3.png ]



【ランサーズ株式会社について】
ランサーズは、テクノロジーの活用によって個人の「働く」をデータベース化し、あらゆる個人を広義のプロフェッショナルに変える「Open Talent Platform(オープン タレント プラットフォーム)」を構築する ことによって、当社のミッションである「個のエンパワーメント」を実現してまいります。

■国内最大級のフリーランスDBを活用して生産性を向上させる仕事マーケットプレイス「Lancers」
https://www.lancers.jp/
■厳選人材を専任アドバイザーがご紹介、企業の人材不足を解消する「Lancers Pro」
https://www.lancers.jp/pro/
■発注から進行・品質管理、納品までを一括で委託できる「Lancers Outsourcing」
https://www.lancers.jp/business
■IT人材不足を解消し、フリーランスの活躍を推進「Lancers Agent」
https://lancersagent.com
■未来の働き方ー転職求人メディア「PARAFT」
https://www.lancers.co.jp/service/paraft/
■フリーランスに人事・総務・法務などの会社機能を提供する「Freelance Basics」
https://freelance-basics.jp/

【住友生命保険相互会社について】
会社名:住友生命保険相互会社
設立:1907 年
社長:橋本 雅博
本社所在地:大阪府大阪市中央区城見 1-4-35
従業員数:職員/10,954 名、営業職員/31,894 名
営業拠点数:事業部/2、支社/87、支部/1,440
総資産:31 兆 5,369 億円
保険料等収入:2 兆 5,085 億円(2017 年 4 月 1 日〜2018 年 3 月 31 日)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る