• トップ
  • リリース
  • 「JAGDA新人賞展2019 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅」を5月28日(火)から開催

プレスリリース

株式会社リクルートホールディングス

「JAGDA新人賞展2019 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅」を5月28日(火)から開催

(PR TIMES) 2019年05月08日(水)15時40分配信 PR TIMES

有望な若手グラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」受賞者3名による展覧会

クリエイションギャラリーG8(株式会社リクルートホールディングス運営/東京・銀座)では、「JAGDA新人賞展2019 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅」を開催します。本展覧会は、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)が発行する年鑑『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」受賞者による展覧会です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-307002-6.jpg ]


1978年に発足した公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)は、現在、会員数約3,000名を誇るアジア最大規模のデザイン団体として、年鑑『Graphic Design in Japan』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。

また、毎年、『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を贈っています。この賞は1983年来、デザイナーの登竜門として、いまや第一線で活躍する110名のデザイナーを輩出し、デザイン・広告関係者の注目を集めています。37回目となる今回は、新人賞対象者152名の中から厳正な選考の結果、赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅の3名が選ばれました。

本展では、3名の受賞作品および近作を、ポスターやプロダクト、映像などを中心に展示します。博報堂に所属し、様々なジャンルの企業ロゴ、ポスター、イラストレーターの個展グッズなどを手がける赤沼夏希。グラフィックデザインを起点に、印刷物に留まらず映像制作や展覧会の空間構成も行う岡崎智弘。資生堂で商品広告やパッケージデザインを手がけながら、個人でも活動を行い2019年5月に独立する小林一毅。

3名によるデザインと取り組みをご紹介します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-863516-10.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-271573-16.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-699191-17.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-599154-12.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-317443-3.jpg ]

赤沼夏希 Natsuki Akanuma
1990年香川県生まれ。2015年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。同年、博報堂入社。

[画像7: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-928939-13.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-210851-14.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-684939-15.jpg ]



[画像10: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-782898-4.jpg ]

岡崎智弘 Tomohiro Okazaki
1981年神奈川県生まれ。2003年東京造形大学デザイン学科卒業。アイルクリエイティブ勤務を経て、’11年9月よりデザインスタジオSWIMMINGを設立。グラフィックデザインを基軸に、印刷物・映像・展覧会など視覚伝達を中心とした領域にて、デザインの仕事に取り組んでいる。


[画像11: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-198571-7.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-998689-9.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-701917-8.jpg ]



[画像14: https://prtimes.jp/i/30084/41/resize/d30084-41-710697-5.jpg ]

小林一毅 Ikki Kobayashi
1992年滋賀県彦根市生まれ、大阪府寝屋川市、神奈川県横浜市育ち。2015年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。同年より資生堂クリエイティブ本部を経て’19年5月独立。’16年 東京TDC賞、’19年日本パッケージデザイン大賞銀賞受賞。

■概要
JAGDA新人賞展2019 赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅
2019年5月28日(火)〜6月29日(土)
11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料

会場:クリエイションギャラリーG8
(東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F )

主催:クリエイションギャラリーG8
共催:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
協力:グラフ株式会社 福永紙工株式会社

■オープニングパーティー
2019年5月28日(火)7:00p.m.-8:30p.m.

■トークイベント 「第298回クリエイティブサロン」
2019年6月20日(木)7:10p.m.-8:40p.m.
出演:菊地敦己、赤沼夏希、岡崎智弘、小林一毅
参加無料 定員100名 要予約4/26(金)受付開始(ご予約はギャラリーWEBサイトにて)

■ギャラリーツアー
2019年6月13日(木)7:10p.m.-8:10p.m.
参加無料 定員40名 要予約4/26(金)受付開始(ご予約はギャラリーWEBサイトにて)

〈新人賞作品掲載誌〉
6月発行予定のJAGDAの年鑑『Graphic Design in Japan 2019』巻頭に掲載します。
本書は、日本の多種多様で質の高いグラフィックデザインの成果を国内外に紹介する書籍として、1981年創刊。毎年、JAGDA会員の作品を募集・選考し、過去1年間の優れた仕事を掲載しています。(発売:六耀社/予価:16,200円)

詳細はウェブサイトよりご確認ください。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201905/201905.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る