• トップ
  • リリース
  • 平日の朝食は8割以上が家族バラバラ…家族全員のコミュニケーションがとれていない!?『ママスタジアム』子育て世帯における家族のコミュニケーションに関する調査を実施!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社インタースペース

平日の朝食は8割以上が家族バラバラ…家族全員のコミュニケーションがとれていない!?『ママスタジアム』子育て世帯における家族のコミュニケーションに関する調査を実施!!

(PR TIMES) 2017年01月23日(月)13時31分配信 PR TIMES

インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端伸一郎、証券コード:2122)は、コミュニケーション日本プロジェクト事務局(東京都渋谷区、事務局長:山下太郎)と、同社の運営する日本最大級ママ向け情報サイト『ママスタジアム』(URL: http://mamastar.jp/)にて「子育て世帯における家族のコミュニケーションに関する調査」を実施しました。


本調査により、現代の家族を取り巻く興味深い結果を得ることが出来ましたので、以下にご報告をいたします。


<調査について>
調査対象:子育てママ853名 (夫・子どもと同居している既婚女性/末子年齢1歳以上)
調査期間:2016年12月27日〜2017年1月4日
調査手法:インターネット調査


<調査報告>

・子育て世帯は、家族みんなで会話する時間は「30分以上」しっかりとっている一方、
「子どもの安全・安心について」の会話は、充分ではないのが現状。


[画像1: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-289208-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-309531-1.jpg ]



普段、家族全員が集まって会話する時間(一日あたり)を聞いたところ、63.8%が「30分以上」と回答。
どのような時に会話しているかを聞くと、「夕食を食べながら」(67.5%)が最も多く、
「テレビやDVDを観ながら」(55.3%)、「子どもと遊びながら」(51.5%)と続いており、
親が帰宅した夜に家族みんなで会話するひとときを持っているようです。

また、家族全員が集まった時の会話の内容を聞いたところ、「子どもの保育園・幼稚園や学校のこと」が59.3%で最も多くなりました。一方、「子どもの事故や安全・安心について」の会話は18.4%と少なく、親子で話し合っている機会は充分とは言えないのが現状のようです。


・平日の朝食を食べる時のメンバーは、8割以上が家族バラバラ。
朝の時間帯には、家族全員でのコミュニケーションはあまり取れていない。


[画像3: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-509858-2.jpg ]



平日に自宅で朝食を食べる時、主に誰と食べているかをきいたところ、51.2%が「ママと子ども」と
一番多くなりました。(グラフ3参照) 「家族全員で」食べているのはわずか19.0%。 
忙しさやお腹が空かないことを理由に、朝食そのものを食べていない親も多く、大切な一日のスタート時に、家族全員でコミュニケーションを取れていない家族が多いようです。


・朝食の準備は15分以内にササッと派のママが7割以上!
菓子パン類も有効活用するが、そのまま出すことには「申し訳なさ」を感じることも・・・!


[画像4: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-770125-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-266273-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-563602-5.jpg ]



また、朝食の準備にどれくらい時間をかけているか聞いたところ、15分以上はかけないとの回答が、75.7%と大多数となっており、短時間で準備をすませるママが多数いることが判明しました。また朝食で出したことのあるメニューを聞いたところ、食パン87.9%、惣菜・菓子パン74.8%などパン類が多数となり、朝食準備の時短化の為、手軽な食材を有効活用しているようです。便利な反面、そのまま出すことには「申し訳なさ」を感じるママが多数おり、忙しい朝は短時間で食事の準備はしたいものの、ひと手間かけた感のある食事も出してあげたいというママの葛藤が垣間見える結果となりました。


コミュニケーション日本プロジェクトとママスタジアムが連携!「家族であつまる朝ごふん!」WEBサイトをオープン!
毎朝5分、家族でコミュニケーションをとることで、子どもの安心・安全につなげる。


子どもの安心・安全を守る一番身近な担い手は、親であり、家族。親が子どもの様子を確認するなど、家族で声をかけあうコミュニケーションが欠かせません。
そこで、家族のコミュニケーション習慣として、“朝の5分=朝ごふん”を提案。 毎朝5分、家族で集まり、その日のそれぞれの予定や、子どもの事故予防などについて話してもらうことで、子どもの安心・安全+健やかな成長につなげたい、と考えママが集まる日本最大級のママ向けWEBサイト「ママスタジアム」にてWEBサイトをオープンいたしました。
本WEBサイトでは、出口小児科医院院長の出口貴美子先生による、子どもの安心・安全を守る!をテーマとしたコラムをはじめ、家族の朝食を準備することが多いママが、申し訳なさを感じることなく、用意できる時短朝食レシピを発信します。

今後もママスタジアムでは、社外パートナーとの協力体制を強化し、忙しい現代のママに役立つ企画の実施、情報発信を行って参ります。

【家族であつまる朝ごふん】

日本最大級のママ向けWEBサービス「ママスタジアム」と「コミュニケーション日本プロジェクト」との連携企画。子育てママに向けて、家族の朝のコミュニケーションをサポートする様々なコンテンツを発信します。

・サイトURL http://mamastar.jp/special/201701_asagofun_x.do


[画像7: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-188995-6.jpg ]



【ママスタジアム】

月間580万人以上のユーザーに利用される日本最大級のママ向け総合情報サイト。育児や家族に関する喜びや悩み、ママ友やご近所関係についての相談、話題の社会問題やファッション・美容などに関する情報をママ目線で発信・交換するポータルサイトです。

・サイトURL:http://mamastar.jp/

[画像8: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-728648-8.jpg ]


【コミュニケーション日本プロジェクト】


[画像9: https://prtimes.jp/i/13544/41/resize/d13544-41-602607-7.jpg ]


消費者が安心して、安全で豊かな消費生活を営むことのできる社会の実現を目指すプロジェクトです。消費者庁や全国の地方自治体、企業や民間団体などによって、官民一体で活動しています。

・サイトURL:http://cjpj.jp/index.html


■会社概要
社名   株式会社インタースペース (http://www.interspace.ne.jp/
所在地   東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル8階
代表者   河端 伸一郎
設立    1999年11月8日
資本金   984,653,800円 (2016年9月末現在)
事業内容  インターネット広告事業、メディア運営事業


【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社インタースペース  メディア&ソリューション事業部 長谷川
Tel:03-5339-8725    FAX:03-6302-3916


【リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社インタースペース 経営企画室 広報担当  三ツ村
E-mail:pr-info@interspace.ne.jp   TEL:03-5339-8680   FAX:03-5909-4578



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る