• トップ
  • リリース
  • 国内最大級のフリーランスエンジニア感謝祭 総勢436人の所属プロエンジニアが一挙集結! 「プロエンジニアフェスティバル2016」開催事後レポート 

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

国内最大級のフリーランスエンジニア感謝祭 総勢436人の所属プロエンジニアが一挙集結! 「プロエンジニアフェスティバル2016」開催事後レポート 

(PR TIMES) 2016年12月14日(水)15時00分配信 PR TIMES

2016年12月10日(土) 於:東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

国内最大級のフリーランスエンジニア感謝祭
総勢436人の所属プロエンジニアが一挙集結!
「プロエンジニアフェスティバル2016」
開催事後レポート
2016年12月10日(土) 於:東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
 株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・櫻井 多佳子) は、2016年12月10日(土)に、東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートにて、プロエンジニアフェスティバル2016を開催いたしました。当日は、フリーランスとして働く所属プロエンジニア436名とその家族の皆さまを合わせた総勢1020名が参加し、過去最多の規模となりました。

 所属プロエンジニアとそのご家族をご招待して開催する本イベントは今年、エンジニア同士の交流とご家族でのコミュニケーションの時間を十分に設けるため、懇親会をメインに実施されました。当日は各支店の勉強会・部活動などのPRタイム、お笑い芸人やマジシャンによるパフォーマンスの上演もあり、会場は大いに盛り上がりました。
 実際に本イベントに参加されたプロエンジニアやご家族からは「同じ仕事をしている仲間とその家族、お世話になっているスタッフを自分の家族に紹介することができて嬉しい。」「来年もまた皆で来たい。」と非常に満足していただいております。

 これらの取り組みは、一年の労をねぎらうと共に、フリーランスという横のつながりを持ちにくいエンジニアの方々への福利厚生を充実させ、働き甲斐や、家族から仕事の理解を深めてもらうことを目的として毎年開催されております。
[画像: http://prtimes.jp/i/12015/41/resize/d12015-41-782892-2.jpg ]


【代表取締役社長・櫻井多佳子挨拶】
 ビジネスの話をする機会は他にも設けているので、本イベントは家族で来られる楽しむ場を作ろうと今年から懇親会メインの形にしました。プロエンジニアフェスティバルは北海道から九州まで、様々な地域のエンジニアが一気に集まる場所であるため、色々な方と話す機会があり、新しい発見をするチャンスがあります。来年もこのような機会を設け、より多くのフリーランスエンジニアの皆様にご参加いただきたいと考えております。

【プロエンジニアフェスティバルについて】
毎年12月に開催する本イベントは、PE-BANKに所属しプロエンジニアとして活躍する方々及びその家族をご招待し、エンジニア同士の交流を深めると共に、家族からの理解を深めていただくことを目的としております。また、毎年フェスティバル参加時には東京ディズニーリゾートのパスポートを無料で提供するなど、所属エンジニアの慰労と家族サービスも兼ねたPE-BANK主催の最大のイベントの一つです。

【プロエンジニアフェスティバル2016 概要】
開催日時  :2016年12月10日(土) 11:00〜13:30
場  所  :東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
内  容  :PE-BANK代表挨拶、懇親会 ほか

【株式会社PE-BANK 会社概要】

会社名   :株式会社PE-BANK
代表者   :代表取締役社長 櫻井 多佳子
本社所在地 :東京都港区高輪2丁目15番8号 グレイスビル泉岳寺前
設立年月日 :1989年5月1日(協同組合として)
資本金   :3億1,295万円
URL    :https://pe-bank.co.jp(コーポレートサイト)

事業内容  :フリーランスITエンジニアのブランド化プラットフォーム事業

※ フリーエンジニアのブランド化プラットフォーム事業「PE-BANK」について
http://pe-bank.jp/service/pebank.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る