• トップ
  • リリース
  • プラン・インターナショナルのユース・アドバイザリー・パネルが、若者の国際協力への考え方を探るためのアンケート調査を実施。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

プラン・インターナショナルのユース・アドバイザリー・パネルが、若者の国際協力への考え方を探るためのアンケート調査を実施。

(PR TIMES) 2016年12月12日(月)16時58分配信 PR TIMES

15歳から24歳までの若者を対象に、アンケートへの協力を呼びかけています。

「ユース・アドバイザリー・パネル」(以下、YAP)は2015年、未来の当事者である自分たちの世代についての理解を深めるために、日本の若者を対象としたアンケート「ユース・アドバイザリー・サーベイ」を立ち上げました。第2回目となる2016年は、日本の若者の間での海外支援や募金活動、プランの認知度などへの意識や経験を聞く内容です。YAPのメンバーは、アンケートで収集する同世代の声や経験をNGO活動への提言に活かします。
■アンケートにお答えいただける方はこちらをご覧ください
・締切: 2017年1月27日(金)まで
・対象:15〜24歳の方


>アンケートはこちら
https://docs.google.com/forms/d/1JKzHsQVNiXXIbKf86R4Z5CLmSNP3onH8bJJmVVN8dw4/edit

・アンケートは数分で回答できる内容です。アンケートから得られる情報は、本来の目的以外には使用いたしません。

[画像1: http://prtimes.jp/i/12939/40/resize/d12939-40-533478-0.jpg ]



YAPは、プランの方針や事業計画の意思決定について、役員や職員に対してユース(若者)の視点からアドバイスをするためのグループです。日本では2014年から活動を開始し、「世界中の子どもたちのために、同世代の人々とともに、プラン・インターナショナルを世界でいちばん子どもに近いNGOへ」を目標に、現在は高校生4名、大学生6名の計10名が活動しています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/12939/40/resize/d12939-40-395886-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る