• トップ
  • リリース
  • グランドキリンとシュピゲラウが共同開発したグランドキリン(IPL)専用グラスが完成

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

グランドキリンとシュピゲラウが共同開発したグランドキリン(IPL)専用グラスが完成

(PR TIMES) 2016年12月06日(火)17時34分配信 PR TIMES

キリンの醸造家たちの数々のチャレンジによって生まれたクラフトビールブランド「グランドキリン」とグラス形状により、ビールの味わいが変わることに着目し、ビール生産者とビールのスタイル毎にその個性を最大限に引き出す形状を開発する「シュピゲラウ」が“ワークショップ”(テイスティング)を通じてグランドキリン(IPL)専用のグラスを開発しました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/8190/40/resize/d8190-40-538284-0.jpg ]

「ディップホップIPL」というユニークなスタイルのグランドキリンは、キリンビール独自の「ディップホップ」製法により、ホップの華やかさと麦芽の重厚感をバランスよく両立させると共に、ラガータイプならではの上質な苦味が特徴です。シュピゲラウは、キリンビールの醸造家と共に“ワークショップ”(テイスティング)を通じて個性豊かなグランドキリンの味わいを最大限に引き出すグラスを開発しました。

この形状は、「グランドキリン」のビアスタイル、IPL(インディア・ペールラガー)の特徴である華やかなホップの香りを引き出し、エレガントな苦味をバランスよく調和させます。

この『グランドキリン(IPL)専用グラス』と「グランドキリン」がセットになった、「グランドキリン こだわり GRAND グラスセット」は、キリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」(http://drinx.jp) とアマゾン(https://www.amazon.co.jp)のEC限定(※1)で12月6日(火)から販売が開始されます。

※1 12月6日(火)からアマゾン(https://www.amazon.co.jp)、12月8日(木)からDRINX(http://www.drinx.jp)で随時販売が開始されます。


「グランドキリン こだわり GRAND グラスセット」商品概要
1.商品名 「グランドキリン こだわりGRANDグラスセット」
    <セット内容>
・「グランドキリン」 330mlびん 4本
    ・グランドキリン(IPL)専用グラス 2脚 クリスタルガラス ドイツ製 高さ195mm
・オリジナルコースター 2個
・ブランドブック 1冊
2.発売場所 キリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」(http://www.drinx.jp
Amazon(https://www.amazon.co.jp)
3.発売日 Amazon:2016年12月6日(火)から DRINX(ドリンクス):2016年12月8日(木)から
4.本体価格 オープン価格
5.商品内容 「グランドキリン」と「グランドキリン」のビアスタイルであるIPL(インディア・ペールラガー)の為に開発された、グランドキリン(IPL)専用グラスがセットになった、ビアテイスティングセット
6.販売予定数 1,000セット
7.製造工場 キリンビール滋賀工場

●「グランドキリン」について
・従来の「ヘルスブルッカーホップ」に加え、希少な「ネルソンソーヴィンホップ」を一部使用することで、ホップ由来の華やかな香りや余韻をいっそう楽しめる味わいに仕上げました。ホップの個性を最大限に引き出す「ディップホップ」製法を採用した、ラガータイプならではの上質な苦味と香りが楽しめるDIP HOP IPL(※2)(ディップ ホップ インディア・ペール・ラガー)です。
※2 ラガータイプ(下面発酵)のプロセスにおいて、発酵過程でホップを漬け込むことで、ユニークな香りと上質な苦みを付与したビアスタイル。

[画像2: http://prtimes.jp/i/8190/40/resize/d8190-40-991342-1.jpg ]

世界中のプロフェッショナルが愛用する
圧倒的な耐衝撃性と耐久性
ドイツの名門グラスウェアブランド『シュピゲラウ』
南ドイツの美しい森奥深くにたたずむバイエルン地方シュピゲラウ。この小さな町で1521年に誕生した『シュピゲラウ』は、約500年もの歴史の中で培われた技術と最新テクノロジーを融合し、高品質なガラス製品を作り出しています。鉛を含まず、上質で薄いガラスを作り出す「吹きガラス製法」により軽量感をアップし、製造工程に使用するチューブにプラチナを採用した「プラチナ製法」で耐久性を向上させました。1,500回の繰り返しの洗浄テストにも耐える強度と永く美しい輝きを保つシュピゲラウは、世界中の五つ星ホテルやレストランのプロフェッショナルにこよなく愛され続けています。
2004年より、オーストリアのワイングラス ブランド「リーデル」グループに入り、
現在日本では「リーデル(RIEDEL)」「シュピゲラウ(SPIEGELAU)」「ナハトマン(NACHTMANN)」それぞれの頭文字をとって名づけられた「RSN Japan株式会社」が、3つのブランドを扱っています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る