• トップ
  • リリース
  • 起業家表彰「Japan Venture Awards 2017」経済産業大臣賞・中小企業庁長官賞など受賞者発表!

プレスリリース

起業家表彰「Japan Venture Awards 2017」経済産業大臣賞・中小企業庁長官賞など受賞者発表!

(PR TIMES) 2017年02月09日(木)09時43分配信 PR TIMES


 独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、本部:東京都港区、理事長:高田坦史)は、平成29年2月6日(月)に、起業家表彰「Japan Venture Awards(ジャパンベンチャーアワード)2017(略称:JVA2017)」の表彰式(虎ノ門アカデミーヒルズ/虎ノ門ヒルズ森タワー5階)において、経済産業大臣賞など受賞者13名を発表しました。

 経済産業大臣賞には、ノーベルファーマ株式会社 塩村仁 代表取締役社長が選ばれました。塩村氏は、希少疾病薬という、市場規模が小さいにもかかわらず、ハイリスクな開発に粘り強く挑戦していく経営姿勢、開発に特化するビジネスモデル、及び社会への貢献度が高く評価されたものです。

 中小企業庁長官賞には、日本環境設計株式会社 代表取締役会長 岩元美智彦氏、メビオール株式会社 代表取締役社長 森有一氏の2名が選ばれました。岩元氏は、消費者が使い終えたものをリサイクルする技術の開発に取り組む会社の「姿勢」と「循環」という切り口で展開した新規のビジネスモデルが、森氏は、フイルム状のハイドロゲルを用い、農業の未経験者でも高品質作物が生産できる持続的農業システム(アイメック(R))の開発が高く評価され受賞となりました。
 また、今年度より新たにベンチャーキャピタリスト奨励賞を新設し、将来有望なベンチャーキャピタリスト3名が受賞となりました。
 本表彰は、創業概ね15年以内で、高い志を持ちリスクを恐れず挑戦する優れた創業者やベンチャー企業の経営者を対象に、創業の優良モデルとして発掘・表彰する制度です。

 JVA2017の詳細は、ウェブサイトへ ⇒ http://j-venture.smrj.go.jp/

<中小機構について>
 中小機構は、日本の中小企業政策の総合的な実施機関として中核的な役割を担う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所に展開する地域本部を通じ、中小企業の発展と地域振興の実現に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化をはじめとする中小企業の様々なニーズに対し、経営アドバイス、研修、共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援メニューを揃えています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る