• トップ
  • リリース
  • 楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル(R) 2016」 日本一は山形県 温海温泉 萬国屋の朝ごはんに決定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル(R) 2016」 日本一は山形県 温海温泉 萬国屋の朝ごはんに決定

(PR TIMES) 2016年12月01日(木)12時04分配信 PR TIMES

旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( http://travel.rakuten.co.jp/ )は、11月30日(水)、全国の宿泊施設が提供する朝ごはんの日本一を決定する「朝ごはんフェスティバル(R) 2016」のファイナルステージ( http://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta )を開催し、優勝を「山形牛の旨味がたっぷり染み出た具だくさんの芋煮汁」と「磯の香 吟醸茶漬け〜山形の恵みを添えて〜」に決定、ほか各賞を下記の通り発表しました。
優勝 「山形牛の旨味がたっぷり染み出た具だくさんの芋煮汁」
   「磯の香 吟醸茶漬け 〜山形の恵みを添えて〜」
    山形県 温海温泉 萬国屋
      ※地域ならではの歴史・文化・資源を大いに活用した朝ごはんに贈られる「地産地消de朝ごはん賞」       も同時受賞
[画像1: http://prtimes.jp/i/21228/39/resize/d21228-39-494274-2.jpg ]


準優勝 「真鯛潮茶漬」
    「ニガウリと豚耳のソテツ味噌炒め」
     鹿児島県 城山観光ホテル
[画像2: http://prtimes.jp/i/21228/39/resize/d21228-39-753274-1.jpg ]


第3位 「岡山のブランド牛『千屋牛』の熟成フィレカツサンド」
    「湯原温泉名産 青大豆豆乳ポタージュ」
    岡山県 湯原温泉 我無らん
[画像3: http://prtimes.jp/i/21228/39/resize/d21228-39-137974-3.jpg ]


審査員特別賞
「3種の八幡平スムージー」
「八幡平豊洋卵の厚焼き卵」
  岩手県 安比八幡平の食の宿 四季館 彩冬
「清流育ち秋保米と気仙沼産フカヒレの中華あんかけ粥」
「大地の恵み地元野菜で目覚めの一杯!活力黄金スープ」
  宮城県 秋保温泉 ホテル瑞鳳
「ふわふわフレンチトーストに自家製ジャムを添えて」
「あけの金時と温泉たまごのサラダ りんごのドレッシングで」
  山梨県 大泉高原 八ヶ岳ロイヤルホテル

ファイナルステージは、11月30日(水)に学校法人服部学園 服部栄養専門学校(東京都渋谷区)にて開催しました。出品されたのは、エントリーされた約1,500の朝ごはんのうち、第1ステージ(一般ユーザーによるウェブ投票と、楽天トラベルに寄せられた過去の宿泊者の「食事」に関する口コミ評価により審査)と、第2ステージ(一般来場者約500人、料理研究家・浜内千波氏、朝ごはんインスタグラマー・山崎佳氏ら特別審査員の試食・投票)を勝ち抜いた6品と、ファイナルステージ用に加えられた6品の計12品です。

ファイナルステージでは、以下5人の審査員が12品を試食。「味(食味、食べやすさ)」、「表現力(美しさ、楽しさ、バランス、色合い)」、「独創性(創意工夫)」、「朝ごはんらしさ(栄養バランスなど、目覚めた身体への配慮)」、「おもてなし(シェフや宿泊施設の思い)」といったポイントを審査し各賞を決定しました。

井上孝之(株式会社文藝春秋 CREA WEB編集長)
神田川俊郎(神田川本店 店主 全日本調理師協会名誉会長/日本食普及の親善大使)
坂井宏行(ラ・ロシェル オーナーシェフ)
武田和徳(楽天株式会社 常務執行役員 ライフ&レジャーカンパニー プレジデント)
田中耕太郎(ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 総料理長・朝ごはんフェスティバル2015優勝)
※50音順、敬称略

優勝した「温海温泉 萬国屋」(山形県)は、山形牛を主役に隠し味として砂糖を入れた甘めの芋煮汁と、山形米「つや姫」から造られた日本酒を出汁に使った茶漬けという、地元の食文化を前面に打ち出した2品で日本一を勝ち取りました。審査員の坂井宏行氏は、「芋煮はまさに地産地消の味で、山形牛は食感が美味。お茶漬もお酒の旨味だけ感じられておいしく食べられました」と高く評価しました。

準優勝の城山観光ホテル(鹿児島県)は、新鮮な真鯛の刺身に、そのカマや中落ちをベースにした潮仕立ての出汁をかける茶漬けと、奄美大島の名産ソテツ味噌を使ったゴーヤと豚耳の炒め物を出品。「潮は透き通っていて、いい取り方をしている。大したもんや!味噌炒めも心に残る味でした」と、審査員の神田川俊郎氏も絶賛しました。湯原温泉 我無らん(岡山県)のカツサンドは、審査員の井上孝之氏が「ビジュアルもよく、写真を撮ってSNSに上げたくなりますね」とコメントしたほどインパクトのある分厚いカツが特徴。「最高!青大豆と豆乳の栄養バランスがとてもよい」と神田川氏が評したポタージュスープとともに、第3位を獲得しました。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る