• トップ
  • リリース
  • Hotels.com、10月9日「体育の日」に合わせ、世界のフィットネス・ツーリズムのトレンドを紹介 〜「アクティバケーション(アクティブなバケーション)」を楽しむ人が増加中〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

Hotels.com、10月9日「体育の日」に合わせ、世界のフィットネス・ツーリズムのトレンドを紹介 〜「アクティバケーション(アクティブなバケーション)」を楽しむ人が増加中〜

(PR TIMES) 2017年10月06日(金)12時03分配信 PR TIMES

〜運動中のセルフィー「ウェルフィー」が新しいグローバル・トレンドに!〜

● 食事よりもフィットネス: 34%が最高のホテル・フィットネス設備は休暇の予定を立てるときに最も重要と回答。これは、素敵なレストランに近いこと(27%)やナイトライフを楽しめる場所に近いこと(9%)を上回る結果に
● アクティバケーション(アクティブなバケーション): 登山、筋力・ウェイトトレーニング、水泳、ホットヨガが試してみたいアクティビティーに選出
● 水着姿のセルフィーよりもウェルフィー: 休暇に行く世界の若者は、セクシーな水着ショットよりも、ワークアウト中に汗を流す自分の姿を写した「ウェルフィー」をソーシャルメディアに投稿
世界最大級のホテル予約サイトHotels.com™は、10月9日の体育の日に合わせ、世界のフィットネス・ツーリズムのトレンドを発表します。Hotels.comの調査※1によると、世界の若者の旅行者がビーチやビール三昧の休暇よりも、有名なセレブリティーにインスピレーションを得た、アクティビティ満載の休暇先を好むという新たなトレンドが明らかになりました。また、この夏には、ワークアウトをしている自身の姿を自撮りした「ウェルフィー」のブームの兆しも見られました。

さらに、世界の18〜35歳の回答者の80%が、休暇の経験の中で健康を維持することが最も重要なことの1つであると回答しています(ベビーブーマー世代では66%)。

この調査は、「アクティバケーション(アクティブなバケーション)」の流行が、太陽、海、スポーツをよくソーシャルメディア上に載せる「フィットフルエンサー」による影響があることも明らかにしています。ソーシャルメディア上で、この夏、休暇を過ごす若者たちの間で「ウェルフィー」がブームになり、世界の若者たちはセクシーな水着姿のセルフィー(10%)よりも、汗を流すワークアウト姿のセルフィー(16%)を投稿することが多いという結果が出ています。

ミレニアル世代の旅行者は、一般的により豊かで非日常を体験できる休暇を求める傾向があり、エクササイズを新しい人との出会いの場としてとらえていたり(27%)、普段とは違った視点で新たな場所を巡る場(32%)であると考えています。ユニークな思い出を作りたい(42%)、ソーシャルメディア上で、休暇を満喫していることをアピールしたい(29%)という項目も上位に上がりました。

多くの人は、休暇中にフィットネスを満喫できれば、最高級の食事(42%)、くつろぎ(38%)、観光(32%)そしてお酒の場(24%)でさえも、あきらめられると回答しています。フィットネスは、休暇中の経験の中でもとても大きな役割を果たすようになっており、ホテルでの上質なフィットネス体験も、やはり重要になってきています。最新式のフィットネス設備(26%)、パーソナル・トレーニング(20%)、ヘルシーな食事メニュー(25%)、ウェアラブルなフィットネステクノロジー機材の無料貸出し(17%)は、旅行者のウィッシュリストの中でも上位を占めています。

男性は、クロスフィット(12%)、ビーチ・ブートキャンプ(12%)、ウェイク・ボード(16%)といった珍しいスポーツを楽しみたいと思う傾向が強いのに対し、女性の場合、25%は、瞑想、ヨガ、太極拳といったホリスティックな健康向上を目指す休暇が上位を占めます。世界の旅行者が、旅行中に挑戦してみたいと思っている上位5つのアクティビティは以下のとおりです。筋力・ウェイトトレーニングはグローバル、日本双方において1位という結果になりました。日本ではホットヨガが特に人気のアクティビティーだということがわかります。

<世界>
● 筋力・ウェイトトレーニング (69%)
● 登山 (45%)
● パーソナル・トレーニング(34%)
● 水泳 (26%)ホット・ヨガ (25%)
● ホット・ヨガ (25%)

<日本>
● 筋力・ウェイトトレーニング(55%)
● ホットヨガ(44%)
● 登山(35%)
● ホット・スイミング(24%)
● 減量プログラム(23%)

<日本人のトレンド>
グローバルでの調査と同様、日本人の回答者も81%が旅行中にも健康を維持し、活動的でありたいと考えていることがわかりました。この傾向はミレニアル世代でも同様でした(80%)。さらに、スポーツあるいはフィットネス・イベント(トライアスロン、マラソンなど)に参加し、その後、開催地に観光目的で滞在を延長する、という旅行を計画する可能性について、13%の人がそのような旅行をしたことがあると回答し、38%の人がまだ実行はしていないものの、そのような旅行について考えたことがあると回答しました。フィットネスと旅行を合わせた滞在について、多くの日本人が高い関心を持っていることがうかがえます。一方、控えめな国民性を反映してか、日本人の回答者は、休暇中にエクササイズやスポーツ・アクティビティに参加する理由について、ウェルフィーをソーシャルメディアに載せるためと答えた人は4%にとどまりました(ミレニアル世代でも6%)。しかし、グローバル・トレンドを反映し、今後日本でもウェルフィーが若者の間でトレンドとなる日が来るかもしれません。

Hotels.com日本代表の井尻岳人は、次のように述べています。「私たちは、旅行者が有意義な休暇を過ごすためにスポーツが必要な要素であると考えていることを大変嬉しく思っています。休暇中に重要だと考えるものは時代とともに変化しており、特にミレニアル世代ではそれが顕著です。ミレニアル世代は、旅行に対しより多くのものを求めるようになってきています。彼らは、10泊ためると1泊無料になるHotels.com™ Rewards※2のような予約をする際のディスカウントや特典プログラムを求めており、それと同時に、従来とは異なるユニークかつ充実した体験も求めています。また、この世代にとって、ソーシャルメディアはとても大きな役割を果たしています。グローバルの若い世代の旅行者は、自身の生活をボタン一つでシェアしたいと思っており、フィットネスは彼らが作り出したソーシャルメディアの最新トレンドなのです。

現在、フィットネスというオプションは、ミレニアル世代にとってとても重要です。彼らは、フィットネス関連のサービスがあるかどうかを休暇中に宿泊するホテルの決め手としています。また、ホテル側もその要望に応えようとしています。ツリーハウスでのエアロバイク体験からカスタマイズされた健康プログラムまで、個人でのアクティバケーションには、信じられないほどの多様な経験ができるチャンスがあります。」

<世界中のウェルネス・ホテルをご紹介!>
ザ ウェスティン ヴェラサ ナパ(カリフォルニア)
https://jp.hotels.com/ho273430/?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.Activacation.102017
[画像1: https://prtimes.jp/i/17857/39/resize/d17857-39-928008-0.jpg ]


ザ ウェスティン ヴェラサ ナパは、スポーツ用具の貸し出しプログラムがあるため、滞在中、ニューバランスのシューズや、ウェアを借りることができます。一人でランニングをすることもできますが、ランニングコンシェルジュにワインの名産地を案内してもらうこともできます。ジムやプールはよりフィットネスにフォーカスしたプログラムを提供しており、健康に配慮したスペシャル・フードRxメニューをいつでも堪能できます。ザ ウェスティン ヴェラサ ナパは、1 室 1 泊 31,351 円※3からご利用いただけます。

ローズウッド ロンドン(ロンドン)
https://jp.hotels.com/ho164989/?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.Activacation.102017


[画像2: https://prtimes.jp/i/17857/39/resize/d17857-39-643409-1.jpg ]


ローズウッド ロンドンのフィットネス・スイートは、近代的なデザインとテクノジム社の最新のジム設備を兼ね備えており、ラグジュアリーで落ち着いた最高のワークアウト環境を提供してくれます。2部屋にわたるジムには、日の光が差し込み、様々な種類の最新鋭のジム機器を試すことできます。このようなすばらしい環境により、ローズウッド ロンドンに滞在した人々は、健康維持とバランスのとれたライフスタイルという目標により容易にたどりつくことができます。ローズウッド ロンドンは、1 室 1 泊 54,932 円※3からご利用いただけます。

1711 ティ サナ デトックス リトリート & スパ(ミラノ)
https://jp.hotels.com/ho346389/?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.Activacation.102017
[画像3: https://prtimes.jp/i/17857/39/resize/d17857-39-561975-2.jpg ]


1711 ティ サナ デトックス リトリート & スパは、デトックス、体重管理そしてライフスタイルの改善に最適なホテルです。ゲストは、この静かな環境の中で新たな活力を得て、癒しの時を過ごすことができます。ティサナでは、健康に対し、ホリスティックなアプローチがとられています。このスパの代名詞であり、個人に合わせた健康プログラムである「ヘルサタリアン」プログラムは、ゲストがきちんと体を休め、リフレッシュできるよう、オーガニック・ビーガンの食事とセラピー効果のある運動、そしてホリスティックなセラピーを提供します。1711 ティ サナ デトックス リトリート & スパは、1 室 1 泊18,189円※3からご利用いただけます。

パーク ハイアット 東京 (東京)
https://jp.hotels.com/ho108657/?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.Activacation.102017
[画像4: https://prtimes.jp/i/17857/39/resize/d17857-39-646496-3.jpg ]


パークハイアット東京には、47階の高層ビルの中にジムがあります。ジムとエアロビクス・スタジオはホテルの47階にあるプールの両脇にあり、圧倒的な東京都心の絶景と神聖な富士山の山並みを眺めることができます。ジムは、ライフ・フィットネス社製のウェイト・トレイニングやフィットネス機器を備えており、パーソナル・トレーナーがゲストをサポートしながら、個人にあったフィットネス・プログラムを提案してくれます。もちろん、プールでひと泳ぎすることもできます。パーク ハイアット 東京 は、1 室 1 泊 49,808 円※3からご利用いただけます。

フェアモント リゾート ブルー マウンテンズ (オーストラリア)
https://jp.hotels.com/ho171022/?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.Activacation.102017
[画像5: https://prtimes.jp/i/17857/39/resize/d17857-39-352513-4.jpg ]


フェアモント リゾート ブルー マウンテンズは、素晴らしいランニング・トレイルの目の前にあります。ホテルには、アメニティも完備され、次の日もリフレッシュしたボディでまたトレイルに出かけることができます。シドニーからわずか90分、西にドライブした場所にあり、世界遺産にも登録されているブルー・マウンテン国立公園内にあるドラマチックなジャミソン・バレーを間近で見ることができるフェアモント リゾートは、オーストラリアの魅力的な山岳ビレッジであるルーラのラグジュアリー・ホテルの中でも頂点を極めるリゾートです。フェアモント リゾート ブルー マウンテンズ は、1 室 1 泊 13,021 円※3からご利用いただけます。

詳しくは、Hotels.comのウェブサイト(www.hotels.com)をご覧いただくか、iOSおよびAndroidでご利用いただけるHotels.comのモバイルアプリをダウンロードください。世界中にある数十万軒の宿泊施設へアクセスすることができます。

※1 28カ国、8,400名の成人を対象に2017年3月31日から6月21日までOnePollが実施。本リリースに含まれるすべての統計は本調査に基づきます。

※2無料宿泊特典には、税金や手数料は含まれていません。利用規約は下記をご覧下さい。
https://jp.hotels.com/customer_care/terms_conditions.html?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.Activacation.102017

※3表示されるすべての価格は、最低料金を示しており、2017年10月3日時点での価格となっています。

※4シークレットプライスは、Hotels.comのモバイルアプリ利用者、Hotels.com™ Rewards メンバー、および電子メール購読に登録し、Webサイトでシークレットプライスのロックを解除したご利用者にのみご利用いただけます。検索結果で「シークレットプライス」バナーが表示されている対象ホテルにシークレットプライスが表示されます。シークレットプライスが適用されるのは、特定の対象ホテルおよび対象期間のみです。詳しくは利用規約全文を参照してください。

表示価格には税およびサービス料が含まれています。また、予約時の空室状況によりご利用いただけない場合があります。

■Hotels.comについて
Hotels.com (http://jp.hotels.com ) は、国際的ホテルチェーンからオールインクルーシブリゾート、その土地で人気のホテル、B&Bまで、世界中の施設予約と希望通りの滞在を叶えるための情報提供を行う世界最大級のオンライン宿泊予約サイトで、Hotels.com, L.P.が運営しています。モバイルアプリでは、シークレットプライスによるお得な予約が可能です。また、Hotels.com Rewardsでは、無料宿泊特典※を世界中にある数十万軒の宿泊施設で利用することができます。
※利用規約については、下記をご覧ください。
https://jp.hotels.com/customer_care/terms_conditions.html?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.Activacation.102017

Hotels.comは、LINE、Facebook、Twitterでお得な情報を配信しています。是非ご覧ください。
◆Hotels.com Japan LINE 公式アカウント
[画像6: https://prtimes.jp/i/17857/39/resize/d17857-39-166837-5.jpg ]

◆Hotels.com Facebook https://www.facebook.com/Hotels.comJP/
◆Hotels.com Twitter https://twitter.com/hotelsdotcomjp
(C) 2017 Hotels.com, LP. Hotels.com および Hotels.com のロゴは、米国および/またはその他の国におけるHotels.com, LP の登録商標または商標です。その他の登録商標は、それぞれの所有者の商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る