• トップ
  • リリース
  • プリンセス・クルーズ、優れた商品や販売促進策、港関連事業を表彰する「プリンセス・アワード」を設立

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社カーニバル・ジャパン

プリンセス・クルーズ、優れた商品や販売促進策、港関連事業を表彰する「プリンセス・アワード」を設立

(PR TIMES) 2017年02月23日(木)11時23分配信 PR TIMES

旅行会社、港湾・観光関連組織に向けて2017年より開始


[画像: https://prtimes.jp/i/12778/39/resize/d12778-39-717605-0.jpg ]

プリンセス・クルーズは、2017年に日本発着クルーズが就航5年目を迎えます。これを記念して、日頃プリンセス・クルーズの販売においてご協力をいただいている旅行会社ならびに港湾・観光関連組織を対象とし、日本でのプリンセス・クルーズの販売において優れた商品や販売促進策、港関連事業を表彰する「プリンセス・アワード」を設立することを発表しました。

本アワードは、販売実績に対する評価に加え、ユニークな企画、新しいアイデアなどを含めた総合的な活動と取り組みを表彰することにより、プリンセス・クルーズの販売方法や港の受け入れ体制などのさらなる発展を目的とし、今後、毎年実施していく予定です。

「プリンセス・アワード2017」は以下の通りです。

■「プリンセス・アワード2017」概要
募集期間: 2017年9月1日(金)〜2017年10月31日(火)
発表:  2017年11月
表彰式: 2017年12月を予定
選考対象:
・2017年1月1日〜12月31日までに催行、及び催行予定のプリンセス・クルーズを利用した日本発着・海外発着の企画旅行商品及び店頭販促展開・プリンセス・クルーズの受け入れを行っている港湾・観光関連組織
選考方法:
応募書類を基に、カーニバル・ジャパン社員ならびにクルーズ業界関係者からなるプリンセス・アワード選考委員会によって公正に審査・選考(外部の選考委員は追って発表します)

表彰カテゴリー:
1. グランプリ
独創的な企画・集客方法・集客数などを総合的に判断して、マーケット拡大に貢献した最も優れた商品

2.新規地域開拓賞
東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県の1都1府2県を除く地域にて、前年と比較して大幅な集客増加に成功した商品

3.新規団体コラボ賞
前例の無い、旅行業界以外の団体とのコラボレーションで集客に成功した商品

4.ヤング&ファミリー賞
現役世代(60歳以下)の取り込みに成功した商品

5.店舗ディスプレイ&デコレーション賞
クルーズとプリンセス・クルーズ商品を分かりやすく魅力的に紹介する店頭コーナーを作成し、予約受注に成功した店舗

6.ポーラー・オンライン・エキスパート賞
ポーラー・オンラインを活用し、最も販売に貢献していただいた旅行会社

7.ポート賞
船の受け入れや歓迎式などで最も協力していただいた日本の自治体

応募方法:
所定の応募用紙に必要事項を記入の上、次の必要資料と併せてカーニバル・ジャパン担当営業までメールまたは郵送にてお送りください。

必要資料
上記1.〜4.賞:応募商品のパンフレット、団体旅行行程表、新聞広告、チラシなど
上記5.賞:店舗の画像
上記6.賞:不要(応募用紙のみで可)
なお、7.のポート賞に関しては、2017年日本発着クルーズ入港の全港の関連事業が対象となるため、ご応募いただく必要はありません。

照会先:プリンセス・アワード事務局info@princesscruises.jp

プリンセス・クルーズについて
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在 18 隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、上質のサービスとともに提供。世界最大の国際的なプレミアムクルーズブランドとして、年間200万人のゲストを世界の360以上の目的地に向けて、3泊から 114 泊の日程でバラエティ豊かな150以上のクルーズを運航。プリンセス・クルーズは、カーニバル・コーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下の会社。

ダイヤモンド・プリンセスについて
三菱重工長崎造船所で建造された日本生まれの客船。2014年の大規模改装により、洋上最大級の大浴場「泉の湯」、寿司レストラン「海(Kai)寿司」など、日本人乗客向けの施設が拡充された。2014年4月〜10月、2015年4月〜9月、2016年4月〜10月に日本発着クルーズを運航。2017年は、4月〜11月まで、日本各地のほか、韓国、台湾、ロシア、香港、ベトナムなどの寄港地を含むさまざまな航路を航行する。

乗客定員:2,706名(最小時) 総トン数:116,000トン、初出航日:2004年3月13日、最新の大規模改修工事:2014年シンガポールにて約US$30,000,000規模にて実施、従業員数:1,100人、船籍:英国、全長:約290.2メートル、全高:約62.5メートル、客室数:全1,353室

プリンセス・クルーズの主な受賞歴


米国のトラベル関連のウエブサイト「USAトゥデイズ10ベスト.com」リーダーズ・チョイス・アワード2016においてベスト・オーシャンクルーズライン賞第1位、ベスト・クルーズシップ ダイニング部門にてロイヤル・プリンセスが第1位、ベスト・クルーズシップ エンターテイメント部門にてリーガル・プリンセスが第一位、ベスト・クルーズシップ ファミリー向け客船部門にクラウン・プリンセスが第2位、リーガル・プリンセスが第3位、ロイヤル・プリンセスが第6位を受賞
米国クルーズ誌大手「ポートフォール・クルーズ・マガジン」リーダーズ・チョイス・アワード2016にて、ベスト・中米コース、ベスト・南太平洋コース、ベスト・オンボード・ショッピング、ベスト・シグネチャー・カクテルを受賞
英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2016」において、「ベスト・クルーズ・ライン賞」を三年連続で受賞
米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」の「トラベル・ウィークリー・リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて「ベスト・クルーズ・ライン・イン・アラスカ」を2015年12月に受賞。(9年連続の受賞)。米国でのベストクルーズラインであることが評価され「ベスト・ドメスティック・クルーズ・ライン」を同時に受賞
米国のトラベル関連のウエブサイト「レコメンド」が主催する「リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて、ベストクルーズライン クルーズコース部門賞を2014年に引き続き2015年12月に受賞
「2015 トラベル・ウィークリー・アジア・リーダーズ・チョイス・アワード」のサービス・エクセレンス・カテゴリーでベスト・クルーズ・ライン賞を、2015年10月に受賞


【国内での受賞】


日本の歴史あるクルーズ誌「クルーズ」の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」において2014年度、2015年度、2016年度と、プリンセス・クルーズが「外国船社部門第1位」、客船『ダイヤモンド・プリンセス』が「外国船部門第1位」、「総合部門第3位」を三年連続で受賞
神戸市におけるクルーズ振興に貢献した功績が評価され、神戸市より「Cruise Line of Excellence」を2016年11月に受賞
第1回「ジャパン・ツーリズム・アワード」で、観光関連産業部門の部門賞を、2015年8月に受賞
日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2014」を、2015年6月に受賞
日本外航客船協会主催「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014」において、プリンセス・クルーズの日本発着クルーズが「グランプリ」受賞


プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る