• トップ
  • リリース
  • 【ランコム】石巻で、輝くわたしになる!石巻復興支援プログラム Eyes for Futureがカリスマ美容家IKKOさんをゲストに迎え、特別公開トークを開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

【ランコム】石巻で、輝くわたしになる!石巻復興支援プログラム Eyes for Futureがカリスマ美容家IKKOさんをゲストに迎え、特別公開トークを開催

(PR TIMES) 2017年03月15日(水)11時33分配信 PR TIMES

〜ランコム、NPO石巻復興支援ネットワークと石巻市、地方創生にむけて〜

日本ロレアル株式会社が展開するフランスのラグジュアリー化粧品ブランド ランコムは、東日本大震災以降継続している女性の自立をサポートする活動、“Eyes for Future(アイズ フォー フューチャー) by ランコム (未来へ向けたまなざし)”の2017年プログラムの開講式を3月5日(日)、宮城県石巻市 石巻専修大学にて執り行いました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/12459/39/resize/d12459-39-492683-5.jpg ]



“Eyes for Future by ランコム”の復興支援プログラムは、2011年の東日本大震災当初、ランコムの代表的な製品であるマスカラを1本お買い上げいただく毎に、100円を復興支援金として寄付する活動から始まりました。2013年より民間企業(ランコム)、NPO法人(石巻復興支援ネットワーク「やっぺす」、宮城県石巻市、代表:兼子佳恵)、行政(石巻市)の3者の協働のもと、「女性が輝く、石巻が輝く」(女性の力で石巻を輝く街に)を目指し女性支援のプログラムを開設しています。
https://eyesforfuture-yappesu.jimdo.com/

プログラムでは、復興の状況、変化に応じ講座内容を毎回刷新し、地域住民の要望に沿った企画を実施しています。 パソコン、コミュニケーション、ビジネス講座などの実務を学べる講座だけではなく、地元石巻の先輩起業家によるメンタリングや様々な分野で活躍中の講師を迎えたセミナーやワークショップなど、「地方」(地元)と「女性」の視点を活かしたユニークな講座を提供しています。これまでの4年間で100名以上がこの講座を修了しています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/12459/39/resize/d12459-39-827877-1.jpg ]

2017年は起業を目指す女性の支援のために、国内最大規模MBA(経営学修士)のグロービス経営大学院講師の皆様をお迎えし、より実践的な地方創生変革コースを用意しています。地域のためにリーダーシップを発揮したいとお考えの女性も対象としています。

5日(日)に行われた開講式にて、石巻復興支援ネットワークやっぺす代表の兼子佳恵氏は「Eyes for Futureのプログラムの特徴は受講生同士の結束が生まれる事。これは今後の大きな財産になります。皆さんの夢を実現するために起業を目指しましょう!」と受講生の背中を押しました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/12459/39/resize/d12459-39-701031-0.jpg ]

ランコム事業部長の都築誠也氏は「“やっぺす”とは石巻の言葉で“一緒にやりましょう”という意味です。まさに、私達ランコム、石巻復興支援ネットワーク「やっぺす」さん、そして行政である石巻市の3者で“やっぺす(一緒にやりましょう)”というのがこのプロジェクト。今年で7年目を迎え継続して活動してきている事に大きな誇りを感じています」とこのプログラムに対するブランドの意気込みを語りました。

また、講師代表としてご挨拶された株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ代表取締役副社長 高畑哲平氏は「これから講座を受ける皆さんには”なぜ?“と思う気持ちを必ず持って欲しい。疑問を抱く癖を付ける事が起業するにあたり非常に大切な心構え」と受講生へメッセージを送りました
[画像4: https://prtimes.jp/i/12459/39/resize/d12459-39-505156-3.jpg ]

今回スペシャルゲストとして開講式後に行われたトークセッションでは、カリスマ美容家IKKOさんに、起業を目指す受講生の皆さんに熱い思いを語って頂きました。ヘアメイクやタレント活動の他にも、コスメをはし゛め着物デザインなと゛様々な商品開発、執筆や講演、音楽活動、そして書道家、フ゜ロテ゛ューサーとしても 活躍の場を広け゛ている起業家の大先輩であるIKKOさんは「起業するにあたり大切な事は情熱を持つだけではなく、相手の立場になって考えるという事。情熱を持ち合わせていても、相手がそれを望んでいなければ一方通行になってしまいビジネスとして成り立たない。そして、必ず原点に戻り初心に立ち返る事を忘れないで欲しい」と受講生にエールを送りました。

カリスマ美容家IKKOさん プロフィール

[画像5: https://prtimes.jp/i/12459/39/resize/d12459-39-547232-2.jpg ]


美容師を経て、ヘアーメイクアッフ゜アーティストとして独立。アトリエIKKOを主宰して、女性誌をはし゛め、テレヒ゛・CM・舞台なと゛のヘアメイクを通し゛『女優メイク IKKO』を確立。
その後、美容家・タレントとして活動。『と゛んた゛け〜』という言葉は、流行語大賞にもノミネート。幼少期から抱えていたコンフ゜レックスを乗り越える事により、生き方学を身につけ、世間から絶大な共感を得る。最近て゛は美容家として活躍する傍ら、そのセンスを活かしてコスメをはし゛め、振袖なと゛様々な商品開発、執筆や講演、音楽活動なと゛にとと゛まらす゛、フ゜ロテ゛ューサーとしても活躍の場を広け゛ている。多くの女性の美に対するフ゜ロテ゛ュース業にも注目か゛集まる。
2008年女性誌マリ・クレールシ゛ャホ゜ン、初の人物賞として『フ゜ラネット・ミュース゛賞』を受賞。さらに、2009年韓国観光名誉広報大使(韓国観光公社)に任命され、「ソウル観光大賞」をはし゛め、数々の賞を受賞。
活躍の場は海外にまて゛広か゛っている。近年て゛は、書道を本格的にはし゛め、第24回佐賀県書道展二科漢字部門特別賞佐賀県芸術文化協会賞、第68回毎日書道展漢字部II部入賞佳作受賞なと゛、数々の展覧会て゛入賞している。

特定非営利活動法人 石巻復興支援ネットワークについて(http://yappesu.jp/
石巻市内で、子育て支援やPTA活動をしてきた母親のグループが母体となり、支援団体「つなプロ」のメンバーと11年5月に合同で立ち上げ、同年12月にNPO法人となりました。女性や子どもを始めとする多様な担い手に学びや活躍する機会を提供し、市民ひとりひとりが支えあい、みんなで課題を乗り越えていく社会基盤づくりを行う宮城県石巻市の復興支援団体(NPO法人)です。

“Eyes For Future byランコム”

[画像6: https://prtimes.jp/i/12459/39/resize/d12459-39-552787-15.jpg ]

日本ロレアルが有するフランスの高級化粧品ブランド。2011年より東日本大震災復興支援チャリティープロジェクト「Eyes for Future(未来へ上向くまなざし)」を実施し、今年で7年目を迎える。2013年からは石巻の女性の自立支援をサポートするために“Eyes For Future byランコム ”プログラムをNPO法人(石巻復興支援ネットワーク「やっぺす」、宮城県石巻市、代表:兼子佳恵)と行政(石巻市)の協働のもと立ち上げ、地方創生を目指している。( https://eyesforfuture-yappesu.jimdo.com/ )



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る