• トップ
  • リリース
  • DekmantelのコンピシリーズリリースパーティにLEGOWELTとYoung Marcoが揃って登場!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社グローバル・ハーツ

DekmantelのコンピシリーズリリースパーティにLEGOWELTとYoung Marcoが揃って登場!

(PR TIMES) 2017年05月15日(月)17時32分配信 PR TIMES

オランダ発、世界中から注目されているレーベル / パーティー DEKMANTELが、歴史に埋もれた名作を次世代に届けたい想いからスタートしたシリーズ「SELECTORS」のアルバムリリースパーティを開催!
[画像1: https://prtimes.jp/i/24165/38/resize/d24165-38-233532-0.jpg ]




[動画: https://www.youtube.com/watch?v=NJ2zLsLF_70 ]



オランダのアンダーグラウンドシーンでカルト的人気を誇る鬼才 LEGOWELTが、2017年4月に本名Danny Wolfersでの最新アルバム「Unfolding The Future With Amateur Space Jazz」をリリースした絶好のタイミングで、3年ぶりとなる来日ライヴが実現。そして、今年2月に「SELECTORS」の第二弾を担当し、ヨーロッパ全域で開催された同名のリリースツアー19公演を成功させたアムステルダムのバレアリックヒーロー、YOUNG MARCOが若き才能を魅せ付ける。


《Young Marco / SELECTORS 002》
https://soundcloud.com/dkmntl/dkmntl-slctrs002-selectors-002-young-marco

============================================================
5月20日(土)
Open 10PM
Door ¥3500, W/F ¥3000, GH S Members ¥2500, Under 23 ¥2000, Before 11PM ¥1000
http://www.contacttokyo.com/schedule/selectors-presents-young-marco-x-legowelt/
-----------------------------------------------------------
Studio:
Legowelt (Clone | L.I.E.S. | Strange Life | Crème Organization | Netherlands) -Live
Young Marco (Safe Trip | Dekmantel | Rush Hour | ESP Institute | Amsterdam)
Chee Shimizu (17853 Records | Organic Music)

Contact:
Hattori (Pigeon Records | Black Cream)
DJ WADA -Special Disco House set (Sublime | Dirreta)
Johan Nex (Sinapsis | Spain)
JUN NISHIOKA (dub i dub)
You me
【Session Crew】
ベドラム
【Host】
KIYO&NATSUHO
Kouichi Yamaguchi (Guidance | …jinsei…)
【Food】
IGAO
【Shop】
So-ine crew
【Photo】
Yoshihiro Yoshikawa
-----------------------------------------------------------
[画像2: https://prtimes.jp/i/24165/38/resize/d24165-38-706293-1.jpg ]

ロウハウス/テクノのオリジネイターとして知られるオランダの鬼才、LEGOWELT(レゴ・ウェルト)。デトロイトテクノやシカゴハウス・レジェンドに影響を受け、90年代初頭より制作活動を開始。Legoweltのほかに、Nacho Patrol、Polarius、Occult Orientated Crimeといった名義を使い分け、CloneやStrange Life、L.I.E.S.、Crème Organization、PPU、Bakk、Dekmantelなど、オランダのアンダーグラウンドレーベルを中心に作品をリリース。そのアナログ機材を駆使したドープなオールドスクールハウスやディスコ、アシッドテクノ・トラックでカルトな人気を獲得してきた。2017年4月に最新アルバム『Unfolding The Future With Amateur Space Jazz』をNightwind Recordsよりリリース。絶好のタイミングで実に3年ぶりとなる来日ライヴが実現する。

【Danny Wolfers / UNFOLDING THE FUTURE WITH AMATEUR SPACE JAZZ】
http://legowelt.bandcamp.com/album/unfolding-the-future-with-amateur-space-jazz

[画像3: https://prtimes.jp/i/24165/38/resize/d24165-38-890733-2.jpg ]

アムステルダムを拠点に快進撃を続ける若き才能、YOUNG MARCO(ヤング・マルコ)。生粋のレコードディガー/コレクターである彼は、トロピカルなリズムやアフロビート、中東ディスコ、初期ハウス、テクノ、インダストリアルなジャックトラックなどを縦横無尽に繋ぐDJスタイルで、地元アムスはもとより世界のバレアリックヒーローになりつつある。制作面では、名門Rush Hourからシングルリリースを重ね、2014年にLovefingers主宰のESP Instituteより待望のデビューアルバム『Biology』を発表。アンビエント、バレアリック、ニューディスコ〜ディープハウスまで様々なエモーショナルサウンドが詰め込まれた同作は、2016年1月に未発表リミックスを追加したデラックスエディションとしてP-VINEより日本盤もリリースされている。2017年2月には、オランダ発で現在世界中から熱い注目を浴びるDekmantelのコンピレーションシリーズ『Selectors』の第2弾をリリース。歴史に埋もれた名作を次世代に届けることをテーマに、傑出した審美眼で全10曲をセレクト/コンパイルした。続く3月には、自身主宰のレーベルSafe Tripよりイタリアンハウス・コンピレーション『Welcome To Paradise: Italian Dream House 1989-93』を監修/リリース。さらに4月には、イタリアのアンビエントパイオニアGigi MasinとイギリスのアーティストJonny Nashとのトリオ「Gaussian Curve」として、セカンドアルバム『The Distance』を発表。今年3月から4月にかけては『Selectors』リリースツアーをヨーロッパ全域で19公演行い、大成功を収めている。

[画像4: https://prtimes.jp/i/24165/38/resize/d24165-38-298340-3.jpg ]


===============================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID.
※Contactご来場のお客様には会員登録をお願いしております



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る