• トップ
  • リリース
  • サッカースクールとして、唯一の取り組みである”コーチを養成する自社機関”!2017年度 第19期生の募集を2016年10月11日より開始!

プレスリリース

株式会社クーバー・コーチング・ジャパン

サッカースクールとして、唯一の取り組みである”コーチを養成する自社機関”!2017年度 第19期生の募集を2016年10月11日より開始!

(PR TIMES) 2016年10月12日(水)11時22分配信 PR TIMES

1年間かけ、実技、講義を通して指導者を養成する専門機関「クーバー・アカデミー・オブ・コーチング」

 幼児・小中学生を対象としたサッカースクールを運営する株式会社クーバー・コーチング・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石橋 慎二)は、クーバー・コーチング指導者養成機関であります「クーバー・アカデミー・オブ・コーチング」の2017年度第19期生の募集を2016年10月11日(火)より開始致します。

※1・・・自社調べ。自社のサッカースクールのコーチを養成するための機関を自社で持っているという点
 現在、日本のサッカースクールにおいて、コーチを養成をするプログラムが確立されているスクールは数少ない状況です。
 クーバー・コーチング・ジャパンでは、「サッカーを仕事にする」をテーマに、サッカースクールの指導者を養成する指導者養成機関「クーバー・アカデミー・オブ・コーチング」を開校しており、このたび19期生の募集となります。
 当機関では、1年間かけて実技、講義の専門プログラムが組まれており、1学期ではサッカーの技術・戦術理論はもちろん、生理学、解剖学、心理学、栄養学などコーチに必要となる様々な分野の講義が受講でき、2学期ではそれらを基礎としてクーバー・コーチング・メソッドを習得し積み上げていきます。 3学期では更に1、2学期で習得した知識と実践を土台として、スクールやクリニックなど様々な現場で実際に運用していけるようにカリキュラムがデザインされています。

 近年、プロスポーツ選手の引退後のセカンドキャリアを支援する取り組みが注目される中、クーバー・コーチング・ジャパンでも本取り組みにて、サッカースクールコーチとして「サッカーを仕事にする」ための支援を目指します。

 クーバー・コーチング・ジャパンは、日本のサッカーの発展と成功に貢献できるよう、今後も取り組んでまいります。

◆応募要項◆
【募集人員】 20名

【応募資格】
●原則として1994年4月1日以前に生まれた者
●高等学校と同等以上の学力を有すると認められる者
●現在またはこれまでにサッカー部・クラブチームに所属した経験を有する者
●クーバー・コーチングの指導者となることに強い希望を持っている者
●アカデミー修了後、株式会社クーバー・コーチング・ジャパンで仕事をすることを希望する者
●契約での採用が決定した際には、3年間クーバー・コーチング・ジャパンで就業できる者
※株式会社クーバー・コーチング・ジャパンの事業展開に鑑みて成績優秀者より契約社員として採用します。

【応募方法】
●入学願書、履歴書、サッカー経歴書、健康診断書、課題論文、審査手数料、1,640円分(82円×20枚)の切手を簡易書留にて送付
●所定の入学願書、履歴書、サッカー経歴書、健康診断書は、HPから事前に請求し、用いること
http://www.coerver.co.jp/academy/contact
●送付先
〒336-0034 埼玉県さいたま市南区内谷6-5-14
クーバー・アカデミー・オブ・コーチング 願書受付係
一次合格者は第二次選考受験料16,200円を指定の口座に振り込み送金

【願書受付期間】
●2016年10月11日(火)から2016年10月21日(金)〔必着〕
その他、詳細については、下記専用ホームページをご参照ください。
http://www.coerver.co.jp/academy/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る