• トップ
  • リリース
  • あの興奮を再び! 帰って来たハリーの魔法の世界を堪能できる『ニューズウィーク日本版』特別編集「ハリー・ポッター」発売!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社CCCメディアハウス

あの興奮を再び! 帰って来たハリーの魔法の世界を堪能できる『ニューズウィーク日本版』特別編集「ハリー・ポッター」発売!

(PR TIMES) 2016年11月24日(木)13時38分配信 PR TIMES

懐かしい写真を交えながら映画『ハリー・ポッター』シリーズの魅力を改めて振り返り、新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』の世界も堪能できる「ニューズウィーク日本版」SPECIAL EDITION「『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年」(CCCメディアハウス刊)は11月24日発売です。
[画像: http://prtimes.jp/i/11369/38/resize/d11369-38-753170-0.jpg ]

プロローグは、J・K・ローリングが明かすハリー・ポッター誕生のエピソード。そこからハリー・ポッターの魔法の世界へと分け入っていきます。ホグワーツ魔法魔術学校の成り立ちに始まり、世界に広がる魔法学校一覧、そしてホグワーツを設立した偉大な4人が遺した、グリフィンドールの剣、レイブンクローの髪飾り、ハッフルパフのカップ、スリザリンのロケットといった聖なる品々のいわれと魔力を教えます。さらに魔法の世界に生息する前半身がワシで後半身が馬というヒッポグリフ、体長約15メートルの巨大ヘビ、バジリスク、刑務所アズカバンの看守、吸魂鬼(ディメンター)など、マジカルな動物たちや、13の呪文も掲載します。

次に映画の舞台裏を覗きます。プロデューサーがファンの期待を裏切らないように、本の登場人物を忠実に描くことにいかに腐心したか、その苦労話を披露します。そしてキャスティング。ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフを見出した監督や原作者の直感、脇を固めるロン・ウィ―ズリー役のルパート・グリントやハーマイオニー・グレンジャー役のエマ・ワトソン、悪役ヴォルデモート役のレイフ・ファインズらハマリ役の数々のエピソードを明かします。映画の忘れられない名場面も登場します。

さらにはファンお待ちかねの最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の見どころも紹介。一新された俳優陣は、エディ・レッドメイン扮する魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを筆頭に、個性派キャストが勢揃いです。ほかにハリーの後日譚『ハリー・ポッターと呪いの子』の舞台や、ポッターマニアが集うサイト「ポッターモア」、「マグルネット」の盛況ぶりもとり上げました。この20年でますます広がりを見せた魔法の世界。さあ、次なる冒険も楽しみにしよう。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る