プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社マッシュホールディングス

12月9日(金)、HUGO & VICTORから「マロングラッセ」新発売!

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)09時25分配信 PR TIMES

パリで大人気!こだわりの「マロングラッセ」が、遂に日本に登場!

HUGO & VICTOR/ユーゴ・アンド・ヴィクトール(フランス・パリ、シェフ パティシエ=ユーグ・プジェ)は、栗をまるごと砂糖漬けにした秋冬を代表する贅沢なお菓子「マロングラッセ」を12月9日(金)より、HUGO & VICTOR店頭にて展開いたします。
フランスを始めとするヨーロッパ各国で、最愛の人に愛を誓う証として大切にされている、マロングラッセ。
HUGO & VICTORでは、こだわりを持った素材と製法によるマロングラッセを作り上げました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/18505/37/resize/d18505-37-940443-8.jpg ]



[HUGO & VICTORマロングラッセの特徴]


・HUGO & VICTORでは、イタリア・アヴェリーノ産の大粒の栗を贅沢に使用しています。フランスの食材事典にて「マロングラッセに最適な栗はイタリア産」と評されるほど高い品質を誇っています。

・アヴェリーノは、山の麓から頂上まで栗の木が何十キロも続く、ヨーロッパ
を代表する栗の産地です。そこで採れる栗は、焼き栗のようなシャープな味わい
[画像2: http://prtimes.jp/i/18505/37/resize/d18505-37-254446-1.jpg ]

があり、シロップをしっかりと吸い込んでくれるため、イタリア産の栗の中でもマロングラッセにとても適しています。


・すべての工程に費やす期間は、約10日間。フランスの伝統的な製法で作られているため、時間も手間もかかってしまいますが、素材を大切にし「美味しさ」を追求するべく、すべて自社工場にて手作業にこだわり、作り出しています。


[画像3: http://prtimes.jp/i/18505/37/resize/d18505-37-845918-2.jpg ]

・伝統的な製法を守るため、地元の湧水を使用し、栗本来の味を最大限に引き出しています。


・栗をいたわりながらゆっくりと時間をかけて水分をシロップへと置き換えることにより、ふっくらとした丸みを作り出し、栗本来のホクホク感を残すことが出来ます。


添加物/保存料など一切使用しておりません。


■「HUGO & VICTOR」ブランドプロフィール


[画像4: http://prtimes.jp/i/18505/37/resize/d18505-37-762147-5.jpg ]


HUGO & VICTORは2010年にパリで誕生し、アートや文学などのカルチャーによる革新的なデザインへの昇華と厳選素材を用いた季節感溢れる斬新なスイーツを展開する、パリで最もモダンなパティスリー&ショコラトリー。19世のフランスの文豪家「ヴィクトル・ヒューゴ」がブランドネーミングのアイデアとなっている。


■「HUGO & VICTOR」オフィシャルサイト
http://hugovictor.jp/
店舗情報などはこちらからご確認ください。


http://prtimes.jp/a/?f=c-18505-2016120819-5fb3f7814b2c807d75213ebd7ea8f015.pdf



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る