• トップ
  • リリース
  • 「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」ノミネート作品決定!12/15(木)授賞式・講評会を開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

リノベーション住宅推進協議会

「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」ノミネート作品決定!12/15(木)授賞式・講評会を開催

(PR TIMES) 2016年11月16日(水)11時23分配信 PR TIMES

2016年を代表する魅力的なリノベーション事例を選出|SNSで一般ユーザーが参加しノミネート作品を選考、住宅媒体編集者8名がグランプリを決定

一般社団法人リノベーション住宅推進協議会(東京都渋谷区・理事長:山本卓也)は、2016年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」(選考委員長:リノベーション住宅推進協議会 プロモーション委員会 委員長 島原万丈)の授賞式および審査員による講評会を12月15日(木)に東京大学本郷キャンパス内にて開催いたします。
当協議会会員各社のエントリー作品より、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を活用した一般投票にて選ばれた51点のノミネート作品の中から、グランプリ・各部門最優秀作品賞・審査員賞を決定し、授賞式・講評会を行います。2016年を象徴するリノベーション事例が決定する瞬間を、是非ご覧下さい。
[画像1: http://prtimes.jp/i/8586/37/resize/d8586-37-686608-0.jpg ]


ノミネート作品: http://www.renovation.or.jp/oftheyear/2016/nominate.html

「リノベーション・オブ・ザ・イヤー」とは

本コンテストでは、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性にフォーカスしつつ、消費者にとって関心の高い施工費別に、「500万円未満部門」、「800万円未満部門」、「800万円以上部門」、「無差別級部門」の4部門で事例を分類しノミネート作品を選出します。ノミネート作品はSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を活用し消費者の声を取り入れて決定。最終選考は、業界新聞や雑誌など住宅系メディアの編集長からなる選考委員(選考委員長:リノベーション住宅推進協議会プロモーション委員会委員長 島原万丈)が審査を行います。
12月15日(木)に開催する授賞式・講評会では、各メディアの審査員よりグランプリ、部門グランプリに輝いた各社の表彰をいたします。皆様のご参加をお待ちしております。
http://www.renovation.or.jp/oftheyear/2016/

開催概要

■選考委員:
選考委員長:島原 万丈(リノベーション住宅推進協議会 / プロモーション委員会委員長)
選考委員(五十音順・敬称略):
・池本 洋一 / SUUMO編集長(株式会社リクルート住まいカンパニー )
・圓角 航太 / KINFOLK MAGAZINE JAPAN編集長(株式会社ネコ・パブリッシング)
・君島 喜美子/ リライフプラス 編集者(株式会社扶桑社)
・坂本 二郎 / LiVES編集長(株式会社第一プログレス)
・徳島 久輝 / RoomClip mag 編集長(Tunnel株式会社)
・八久保 誠子/ HOME‘S PRESS 編集部 編集長(株式会社ネクスト)
・濱口 重乃 / エル・デコ編集長(株式会社ハースト婦人画報社)
・宮沢 洋  / 日経アーキテクチュア編集長(株式会社日経BP 社)

■日時:
2016年12月15日(木)
第一部 16:30〜18:00 (16:00受付開始)
 <リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016 授賞式・講評会>
 ・結果発表・授賞式
 ・各メディア審査委員による講評会
第二部 18:20〜20:00
 <望年会(懇親会)>

■会場:
伊藤国際学術研究センター(東京大学本郷キャンパス内)
(第一部)伊藤謝恩ホール、(第二部)多目的ホール

リノベーション・オブ・ザ・イヤ―2015の授賞式とトークイベントの様子

[画像2: http://prtimes.jp/i/8586/37/resize/d8586-37-154895-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/8586/37/resize/d8586-37-642119-2.jpg ]



一般社団法人リノベーション住宅推進協議会について

消費者が安して既存住宅を選べる市場をつくり、既存住宅の流通を活性化させることを目的に、2009 年7 月に発足したリノベーション業界団体です。現在、業界・業種の枠を超えた740 社(正会員551社、賛助会員189社、特別会員4名・9法人・3自治体)が参画し、優良なリノベーションの統規格「適合リノベーション住宅」を定め、建物タイプ別に品質基準を設定、普及浸透を推進しています。区分所有マンション専有部に関する品質基準を満たす「R1住宅(アールワンジュウタク)」、区分所有マンション共用部も含む品質基準「R3住宅(アールスリージュウタク)」、建住宅の品質基準「R5住宅(アールファイブジュウタク)」が運用されており、適合リノベーション住宅発件数は、累計27,397件(2016年11月1日現在)。
http://www.renovation.or.jp/

名 称:一般社団法人リノベーション住宅推進協議会   
理事長:山本 卓也
設 :平成21 年5 月20 日
住 所:東京都渋谷区渋谷2-2-2 青山ルカビル4F



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る