プレスリリース

  • 記事画像1

東京ガス株式会社

都市生活レポート「子育てママの食事情2016」を発行

(PR TIMES) 2016年12月01日(木)18時40分配信 PR TIMES

東京ガス都市生活研究所は、このたび都市生活レポート「子育てママの食事情2016」を発行しました。
 都市生活研究所では、一都三県に居住する人々の暮らしを詳細に把握するため、「食」「住まい」「入浴・睡眠」の3つの分野について生活分野別調査を実施しています。今回は、このうち「食」分野の調査を実施しました。

2012年10月に発行した都市生活レポート「子育てママの時短・省手間」では、子育て中の既婚女性を「子育てママ」とし、「子育てママ」のうち就労時間週30時間以上を「共働きママ」、週30時間未満を「非共働きママ」と定義し、共働き・非共働きに関わらず子育てママは時短・省手間ニーズを持つこと、またそのニーズには違いがあることを明らかにしました。
そこで今回は、時短・省手間意識に限らず、子育てママの「食」に関する実態と意識を「共働きママ」と「非共働きママ」で比較し、その結果をまとめました。

東京ガス都市生活研究所は、1986年に社内シンクタンクとして設立されて以来、生活者の立場から食生活や入浴、家事、室内環境など、エネルギー利用に関わる暮らしのあり方を考え、提言することを目的に研究を行っています。
都市生活レポート「子育てママの食事情2016」はホームページより、ダウンロードが可能です。 
http://www.toshiken.com/report/food29.html

今回の調査結果のポイント
■子育てママの時間の使い方


平日の料理や家事の時間は、共働きママの方が短く、非共働きママとの差は大きい。
平日に自由に使える時間は共働きママ・非共働きママで大きな差はないが、共働きママは休日に自分の時間を確保している。
増やしたい時間は、共働きママは育児や買い物の時間、非共働きママは一人や趣味の時間。


■子育てママの食・料理実態


朝夕は家で食べるのが基本。子どもとは一緒に食べるが、夫とは別の家庭も多い。
共働き、非共働きで料理頻度に差はなく、煮ものや揚げものを作る頻度もほぼ同じ。
週末のまとめ調理は共働きママに多いが、経済面からのまとめ買いは共に行っている。
非共働きママは「買い物しながら献立を考える」人が多く、共働きママは「献立をたててから買い物する」人が比較的多い。


■子育てママの食・料理意識
【共働きママ・非共働きママ 共通の特徴】

料理に義務感を感じている人、家の食事は家庭で作るべきと思っている人が約6割。
料理や後片付けの時短・省手間ニーズが高い。

【共働きママの特徴】


忙しくて料理に時間がかけられないと感じており、本当はもっと料理に手間をかけたい。


[画像: http://prtimes.jp/i/21766/36/resize/d21766-36-608666-0.jpg ]



おいしい料理を家族に食べさせてあげたい意識や、自分を表現する意識、食への好奇心が高い。
親子料理を日常的に行っている人が多く、親子料理を楽しいと感じる人も多い。


【非共働きママの特徴】

家での食事が生活の基盤になっていると考える人が8割以上で、食事での家族コミュニケーションも重視している。
誕生日などの家族のお祝いは手作り料理で祝い、季節行事の行事食や旬の素材を取り入れている。
献立作りを負担に感じている人が多い。
共働きママよりも夫の料理への参加を望む人が多い。


調査概要                                          
■調査1.
調査名:生活分野別調査20151.
調査期間: 2015年8月
調査方法:インターネット調査
調査対象:一都三県居住(東京、神奈川、千葉、埼玉)の15〜79歳男女2600人
回答数 :共働きママ 36人、非共働きママ142人

■調査2.
調査名:生活分野別調査20152.
調査期間: 2016年1月
調査方法:インターネット調査
調査対象:一都三県居住(東京、神奈川、千葉、埼玉)の15〜79歳男女2600人
回答数 :共働きママ 36人、非共働きママ129人

■分析対象(1.2.共通):20代〜40代既婚女性、高校生以下の子あり
 ・共働きママ:夫婦ともに週30時間以上就労
 ・非共働きママ:夫は週30時間以上就労、本人は週30時間未満就労、または就労していない

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る