• トップ
  • リリース
  • 10月6日(木)のノーベル賞ウィークにノーベル物理学賞受賞 梶田隆章氏らが、宇宙の秘密に迫る!「国立大学附置研究所・センター長会議」が民間施設と初の共同開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

一般社団法人ナレッジキャピタル

10月6日(木)のノーベル賞ウィークにノーベル物理学賞受賞 梶田隆章氏らが、宇宙の秘密に迫る!「国立大学附置研究所・センター長会議」が民間施設と初の共同開催

(PR TIMES) 2016年09月23日(金)15時59分配信 PR TIMES

〜「ナレッジキャピタル超学校」で2つの講座を開催〜

1.ナレッジキャピタル 超学校 特別企画
国立大学附置研究所・センター長会議 第1部会シンポジウム 「解き明かされる宇宙の秘密」
2.ナレッジキャピタル 超学校 「解き明かされる研究者の秘密」
開催日時 : 2016年10月6日(木) 1.13:00〜16:00 2.19:30〜20:30

[画像1: http://prtimes.jp/i/14551/36/resize/d14551-36-852159-3.jpg ]


一般社団法人ナレッジキャピタル(代表理事:宮原 秀夫)ならびに株式会社KMO(代表取締役社長:三好 雅雄)、国立大学附置研究所・センター長会議 第1部会(会長:京都大学基礎物理学研究所長 佐々木 節)は、「国立大学附置研所・センター長会議」を、初の民間施設との共同開催となる「ナレッジキャピタル超学校」特別企画としての開催が決定しましたのでお知らせいたします。


「ナレッジキャピタル超学校」は、さまざまな分野の研究者と一般参加者が一緒に考え、対話するナレッジキャピタルならではのプログラムとして、これまでにも京都大学iPS細胞研究所、大阪大学、慶応義塾大学、関西大学、大阪芸術大学など大学の他、国立民族学博物館、東洋陶磁美術館、JAXA(宇宙航空研究開発機構)などとも共同で開催し、参加者と研究者をつなぐ「新しい学びの場」としての機能を拡大しています。

今回は、専門家だけではなく広く一般の方にも研究成果を公開し、興味を持っていただくために民間企業と協同することを方針とした「国立大学附置研究所・センター長会議」に、これまでの「ナレッジキャピタル超学校」の活動成果が認められ、民間施設であるナレッジキャピタルとの初の共同開催が決定しました。

「国立大学附置研究所・センター長会議 第1部会シンポジウム」では、ノーベル賞ウィークにあたる10月6日(木)に、
ノーベル物理学賞受賞者である梶田 隆章氏ら3名の研究者が登場し、「解き明かされる宇宙の秘密」をテーマに講演を行います。また、同日の19:30からは、大阪大学核物理研究センター 教授・センター長である中野 貴志氏をモデレータ-に、3名の研究者と一般参加者が、自由に議論するプログラム「解き明かされる研究者の秘密」を開催します。

※国立大学附置研究所・センター長会議とは
60余年の歴史を持つ「文部科学省所轄並びに国立大学附置研究所会議」を承継し、全国の国立大学法人に設置された附置研究所および研究センターの所長・センター長が相互に緊密な連絡と協力を行うことにより、わが国の学術研究の振興を図ることを目的とした組織です。現在、30の国立大学で68の附置研究所、29の研究センターがこの組織に加わっており、所属の教員数は3400名を超えています。わが国の各研究分野をリードする多くの研究所・研究センターがこの会議の一員として活動しています。

<開催概要>

1.ナレッジキャピタル超学校 特別企画
国立大学附置研究所・センター長会議 第1部会シンポジウム 「解き明かされる宇宙の秘密」
今世紀に入って、宇宙の成り立ちの解明に迫るニュートリノ振動、ヒッグス粒子、重力波などの大きな発見が続いています。今回のシンポジウムでは、2015年度ノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章・東京大学宇宙線研究所長をはじめとする各界の第一人者が、宇宙の秘密を解き明かし、これからどのような進展が期待されるか観測・実験・理論の3面から大胆に予測します。

日時 : 2016年10月6日(木) 13:00〜16:00 (開場 12:00)
会場 : グランフロント大阪 北館4F 「ナレッジシアター」
対象者 : どなたでも参加可能です。※未就学児でも保護者同伴の場合は可
定員 : 250名 ※ホームページより事前申し込み(先着順)
参加費 : 無料
主催 : 一般社団法人ナレッジキャピタル・株式会社KMO・国立大学附置研究所・センター長会議 第1部会
問い合わせ先 : 大阪大学核物理研究センター庶務係 06-6879-8902 kakubuturi-syomu@office.osaka-u.ac.jp

<プログラム概要>
■13:00〜13:05 開会の辞 京都大学基礎物理学研究所長 佐々木 節
■13:05〜13:15 歓迎挨拶 大阪大学 総長 西尾 章治郎
■13:15〜14:00 講演 「ニュートリノ、重力波、ガンマ線」 講師: 梶田 隆章

[画像2: http://prtimes.jp/i/14551/36/resize/d14551-36-953474-0.jpg ]

【講師プロフィール】 東京大学宇宙線研究所 教授・所長
1959年埼玉県東松山市生まれ。埼玉大学卒、東京大学大学院修了(理学博士)。大学院の時代から神岡の研究施設で研究を行い、専門はニュートリノと重力波。ニュートリノの質量の発見により、2015年ノーベル物理学賞などを受賞。
【内容】
今から約100年前、宇宙線が発見され、宇宙には光では見えない高エネルギー現象があることがわかりました。このような宇宙の高エネルギー現象を理解する手段としてニュートリノ、重力波、ガンマ線の観測が近年急速に進んでいます。本講演ではこれらの観測の現状と将来についてお話しします。

■14:00〜14:45 講演 「素粒子と宇宙」 講師: 駒宮 幸男

[画像3: http://prtimes.jp/i/14551/36/resize/d14551-36-641647-2.jpg ]

【講師プロフィール】 東京大学素粒子物理国際研究センター 教授・センター長
1952年横浜市生まれ。東京大学卒業、同大学院中退、東京大学助手、ハイデルベルク大学研究員、スタンフォード大学研究職員、東京大学素粒子物理国際研究センター(ICEPP)助教授、同教授を経て、現在、大学院理学系研究科教授、ICEPPセンター長併任。理学博士。
【内容】
前世紀に実験と理論の相乗作用から素粒子の「標準理論」が構築され、最後に残された質量の起源であるヒッグス粒子も発見されました。しかし「標準理論」は重力を含んでおらず、宇宙に存在する暗黒物質も暗黒エネルギーも説明できません。素粒子物理学が「標準理論」を超えて宇宙をいかに説明するかの予想を解説します。

■14:45〜15:00 休憩
■15:00〜15:45 講演 「宇宙の中と外」 講師: 佐々木 節

[画像4: http://prtimes.jp/i/14551/36/resize/d14551-36-649457-4.jpg ]

【講師プロフィール】 京都大学基礎物理学研究所 教授・所長
1952年神奈川県川崎市生まれ。1981年京都大学大学院理学研究科修了。
京都大学助手、広島大学助教授、京都大学助教授、大阪大学教授を経て、現在京都大学基礎物理学研究所教授・所長。
【内容】
最近、観測技術の急速な進歩によって、宇宙開闢(かいびゃく)の謎に迫る発見が相次いでいます。
また、理論的には、宇宙は我々の宇宙だけでなく、全く異なる物理法則を持つ無数の宇宙が存在するという説が注目を集めています。この講演では、こうして分かってきた最新の宇宙像について解説します。

■15:45〜15:50 閉会の辞 大阪大学核物理研究センター長 中野 貴志
2.ナレッジキャピタル超学校 「解き明かされる研究者の秘密」

[画像5: http://prtimes.jp/i/14551/36/resize/d14551-36-266168-5.jpg ]

2.ナレッジキャピタル超学校 「解き明かされる研究者の秘密」
2015年ノーベル物理学賞受賞の梶田隆章氏、リニアコライダー国際推進委員会議長の駒宮幸男氏、一般相対論および宇宙論の権威である佐々木節氏による鼎談(ていだん)。日々の研究活動における喜びや悩み、同僚や学生の実態、予算取りの苦しさや研究以外の関心事などについて、聴衆からの質問や意見も受けつけながら自由に議論します。

<登壇者>
梶田 隆章 東京大学宇宙線研究所 教授・所長
駒宮 幸男 東京大学素粒子物理国際研究センター 教授・センター長
佐々木 節 京都大学基礎物理学研究所 教授・所長
中野 貴志 大阪大学核物理研究センター 教授・センター長 (モデレーター)

日時 : 2016年10月6日(木) 19:30〜20:30 (開場 19:00)
会場 : グランフロント大阪 北館1F 「カフェラボ」
対象者 : 高校生以上
定員 : 50名 ※ホームページより事前申し込み(先着順)
参加費 : 500円(1ドリンク代)
主催 : 一般社団法人ナレッジキャピタル・株式会社KMO・国立大学附置研究所・センター長会議 第1部会

【施設概要】
施設名 : ナレッジキャピタル
所在地 : 〒530-0011大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 北館
施設案内 : The Lab.みんなで世界一研究所 (アクティブラボ.・カフェラボ・イベントラボ) 地下1階〜3階
フューチャーライフショールーム 1階〜6階
ナレッジシアター 4階
ナレッジサロン 7階
コラボオフィス・コラボオフィスネクス 7階〜8階
カンファレンスルーム 8階・10階
ナレッジオフィス 9階〜13階
コンベンションセンター 地下1階〜地下2階
運営組織 : 一般社団法人ナレッジキャピタル
代表者 : 代表理事 宮原 秀夫
運営組織 :株式会社KMO
代表者 : 代表取締役 三好 雅雄
開発事業者(五十音順)
NTT都市開発株式会社
株式会社大林組
オリックス不動産株式会社
関電不動産株式会社
新日鉄興和不動産株式会社
積水ハウス株式会社
株式会社竹中工務店
東京建物株式会社
日本土地建物株式会社
阪急電鉄株式会社
三井住友信託銀行株式会社
三菱地所株式会社



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る