• トップ
  • リリース
  • 「リーグ・オブ・レジェンド」、学生世界王者を決定する国際大会『ICC 2018 』開催、「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」が日本代表チームとして参加!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

合同会社ライアットゲームズ

「リーグ・オブ・レジェンド」、学生世界王者を決定する国際大会『ICC 2018 』開催、「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」が日本代表チームとして参加!

(PR TIMES) 2018年07月18日(水)16時01分配信 PR TIMES

LeagueU公式Twitchチャンネルで日本語LIVE放送します。[会期]8月16日(木)〜19日(日) [会場]中国・西安

PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends /以下LoL)」を国内で運営する合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長:小宮山 真司)は、8月16日(木)〜8月19日(日)にかけて中国・西安で開催されるLoL学生国際大会「ICC 2018」(League of Legends International College Cup/ 主催:Riot Games)に、日本代表として出場する「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」をサポートするとともに、大会および試合の模様をLeagueU公式Twitchチャンネルにて日本語でLIVE放送します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/24470/35/resize/d24470-35-866049-0.jpg ]

『ICC 2018』の試合結果などの試合結果は、下記サイトにて随時更新してまいります。
LeagueU公式サイト https://leagueu.jp.leagueoflegends.com
LeagueU公式Twitter https://twitter.com/leagueuofficial

「ICC 2018」は、世界11の国と地域それぞれから選出されたLoLの学生チーム13チームが一同に集い、グループステージ・ノックアウトステージ・決勝ステージの3ステージで学生世界No.1を決定する国際大会です。昨年の同大会では、日本代表チームは世界の強豪を相手にグループステージで敗退しており、今大会ではまずはグループリーグで上位3チームに入りノックアウトステージへの進出を目指します。eスポーツの国際大会に挑戦する日本代表チーム「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」にどうぞご注目ください。

■学生日本代表チーム「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」
『ICC 2018』に出場する「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」は、2018年5月〜7月にかけて国内で開催された『JCC 2018 UL』(League of Legends Japan Collegiate Championship 2018 Unlimitedクラス / 主催:LeagueU)において、みごと大会出場全21チームの頂点となり、日本代表の座を勝ち取りました。
「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」vs「芝浦工大eSportsサークル」によって行われたオフライン決勝戦の会場(LFS池袋 esports Arena)には、多数の学生とeスポーツファンが応援にかけつけたほか、約10,000人がLIVE放送で試合を観戦しました。

「東京工科大学e-SportsサークルA2Z」メンバー
ポジション
[TOP] OrangeNa(メディア学部メディア学科2年)
[JUNGLE] Nanally(メディア学部メディア学科4年)
[MID] Cine(コンピュータサイエンス学部コンピュータサイエンス学科3年)
[ADC] MadEmperor 工学部電気電子科2年)
[SUPPORT]  kukukuga(メディア学部 1年生)
Twitter: https://twitter.com/EsportsA2Z
[画像2: https://prtimes.jp/i/24470/35/resize/d24470-35-415416-6.jpg ]


◇「ICC 2018日本語放送」は『GALLERIA』協力のもと、LFS池袋 esports ArenaよりLIVE放送します!
GALLERIAについて
『GALLERIA』シリーズは最新のPCゲームを楽しみたい方の為に、どこまでも高性能を追求するハイスペックマシンのブランドです。また、PCゲームプレイヤー人口拡大の為、PCゲームを愛する人々やコミュニティを応援しています。
[GALLERIA] https://www.dospara.co.jp/5gamepc/


[画像3: https://prtimes.jp/i/24470/35/resize/d24470-35-548706-2.jpg ]




「ICC 2018」大会概要

主催:Riot Games
開催地:中国・西安
大会期間:8月16日(木)〜8月19日(日)
大会形式:Bo1(1試合先取制)、準決勝:Bo3、決勝:Bo5
参加チーム:13チーム ※11の国と地域 / ()内は参加チーム数
 アメリカ(1)、オーストラリア(1)、韓国(1)、中国(2)、日本(1)、ブラジル(1)
 ロシア(1)、ヨーロッパ(2)、東南アジア(2)、台湾・香港・マカオ(1)
放 送:LeagueU公式Twitch https://www.twitch.tv/leagueuofficial
 ※大会期間中は、国内学生向けLoLコミュニティ支援プログラム「LeagueU」で活動する学生キャスターによる実況・解説で試合の模様をLIVE放送します。

関連サイト:
 LeagueU公式サイト https://leagueu.jp.leagueoflegends.com
 LeagueU公式Twitter https://twitter.com/leagueuofficial
 ※『ICC 2018』の試合結果などは、上記サイトにて随時更新します。

参考動画:2017年のLoL学生世界大会の様子はコチラ
 https://jp.leagueoflegends.com/ja/news/community/leagueu/leagueu_licc_recap
 ※上記内容は変更となる場合がございます。

◆LeagueUとは
2016年4月よりライアットゲームズが国内サービスを開始した学生向けのLoLコミュニティ支援プログラム。これまでに全国120以上のサークルおよび、100件以上の学生主催イベントをサポート。2017年にはLoLの学生日本一を決める全国大会「LeagueU Grand Tournament」や「All Campus Series」などを開催、それぞれオフラインによる決勝戦会場には、多くのLoLファンが集まった。2018年からはLoLの学生大会JCLとWULを公式サポート。今後も学生プレイヤーに向けたさまざまなサービスを拡充予定。
[画像4: https://prtimes.jp/i/24470/35/resize/d24470-35-425699-3.jpg ]


◆ライアットゲームズとは
「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界19ヶ所にオフィスを展開。(2017年3月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。


◆リーグ・オブ・レジェンドとは
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称 MOBA)と呼ばれる5人対5人を基本とした対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力に RPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eスポーツの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship」は視聴者数5760万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
オフィシャルサイト:http://jp.leagueoflegends.com/

[画像5: https://prtimes.jp/i/24470/35/resize/d24470-35-517989-5.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る