• トップ
  • リリース
  • レバテック、オープンソフトウェア開発コミュニティ「E2D3」への協賛を決定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

レバレジーズ株式会社

レバテック、オープンソフトウェア開発コミュニティ「E2D3」への協賛を決定

(PR TIMES) 2015年06月12日(金)11時24分配信 PR TIMES


インターネットメディアを事業軸に、IT・医療、その他新規分野に事業を展開しているレバレジーズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:岩槻知秀、以下レバレジーズ)は、この度IT・Webエンジニア向け総合サービス「レバテック」(http://levtech.jp/)において、Office用アプリを開発するオープンソフトウェア開発コミュニティ「E2D3」への協賛を決定いたしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/10591/35/resize/d10591-35-602350-0.jpg ]

「E2D3」(Excel to D3.js。D3はData-Driven Documentの意)は、Excel上で実施したデータ解析結果等を元に、より自由度の高いグラフを作成することができるOffice用アプリで、ユーザーは簡単なExcel操作のみでより高度な、伝わりやすいグラフを作成できます。
この開発プロジェクトでは「2015年末までに世界一使われているデータビジュアライゼーションソフトを作る」とのビジョンの元、ソースコードをGitHubで公開し、世界規模での開発を進めています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/10591/35/resize/d10591-35-446498-1.jpg ]

レバレジーズではIT・Web 業界のエンジニア・クリエイターに特化した総合的なサービス「レバテック」を展開していることから上記ビジョンに共感し、成長意欲の高いエンジニア・クリエイターの学習、及びアウトプットを促進するべく、この度「E2D3」のプロジェクトへの協賛を決定いたしました。
今後E2D3が開催する各種勉強会への集客支援、協賛金の提供、また勉強会開催時場所の貸し出し(レバ
レジーズ本社、渋谷ヒカリエ17F)等を通じて、「E2D3」の取り組みを応援いたします。

レバテックでは今後もエンジニア・クリエイターを支援できるよう、各種勉強会やコミュニティへの協賛を進めてまいります。
■「レバテック」について<br /> [画像3: http://prtimes.jp/i/10591/35/resize/d10591-35-249217-2.jpg ]

レバテックは、エンジニア特化型の求人・案件紹介サービス「レバテックフリーランス」「レバテックキャリア」などを中心に、エンジニア総合支援サービスを行っております。
業界最大規模の案件数と、1.5万人の登録実績を基に、最適な求人・案件を業界特化のエージェントが提案します。
<「レバテック」で提供する各種サービス>
サービス一覧 http://levtech.jp/
【働く】
・レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
・レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
・レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/
・@Agent(アットエージェント) http://at-agent.jp/
【知る】
・レバテックタイム http://time.levtech.jp/
【学ぶ】
・レバテックアカデミー http://academy.levtech.jp/
・ヒカ☆ラボ http://at-agent.jp/service/event/

<運営会社概要>
会社名:レバレジーズ株式会社<br /> 本社所在地:〒150-0043東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
代表取締役:岩槻知秀
設立:2005年4月
事業内容:自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、メディカル事業、人材紹介事業<br /> URL:http://leverages.jp/



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る