• トップ
  • リリース
  • 【ドリームインキュベータ】チャットメッセンジャー機能を簡単に実装できるサービスを提供するLayerに投資・戦略的パートナーシップを締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ドリームインキュベータ

【ドリームインキュベータ】チャットメッセンジャー機能を簡単に実装できるサービスを提供するLayerに投資・戦略的パートナーシップを締結

(PR TIMES) 2016年05月26日(木)09時49分配信 PR TIMES

〜日本/アジアでの事業展開を支援〜


株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)は、チャットメッセンジャー機能を自社サイト・サービスに容易に実装できるSAAS (Software as a Service)を提供するLayerに投資すると同時に、戦略的パートナーシップを締結したことを発表します。すでに、2013年の開始から500社以上の顧客を抱えている同社の日本/アジア展開の支援をしていきます。
※Layer公式URL(英語のみ):https://layer.com/

Layerが提供するチャットメッセンジャーサービスは、1.既存プラットフォームへの依存度が低く、2.セキュリティが担保されており、3.カスタムの自由度が高い点に優位性があります。さらに、数行のコードを加えるだけで簡単に実装可能なので、顧客とのコミュニケーション密度を高めたいと考えながらも、他社のポリシー変更やセキュリティ等の観点で、チャット機能を実装することを躊躇していた企業に高い付加価値を提供しています。

利用イメージ
[画像: http://prtimes.jp/i/10437/35/resize/d10437-35-150682-1.jpg ]




また、同社の創業者である、Ron Palmeri(https://www.crunchbase.com/person/ron-palmeri#/entity)は、シリコンバレー有数のシリアル・アントレプレナーの1人であり、Layerは、すでに、Salesforce Ventures(米国) など著名なプレイヤーから投資を受けています。
今回、アジア展開を見据え、DIからの投資受け入れ・戦略的パートナーシップの締結に至りました。

DIは、本投資を通じて、Layerの事業加速を支援すると同時に、今後の成長が見込めるチャットメッセンジャー領域の知見を蓄積していきます。なお、事業加速に際しては、DIの既存投資先のWrap等とのシナジーをレバレッジしていきます。

【関係者のコメント】
“アジアは、送金や食品配達から親しい人々とのやりとりまで、メッセージでのコミュニケーションが生活の基盤になっている地域であり、Layerを展開するにあたって、DIが仲間に加わり、戦略的に協働できることを非常に楽しみにしています。”
(Ron Palmeri , Layer founder & CEO)

”顧客コミュニケーションにおいてメールが一般化した中、今後は、チャット・メッセンジャー活用が一層重要になります。Layerは、同機能をセキュアーかつ容易に実装可能にするというこれまでにない付加価値を企業にもたらすと考えています。今回の戦略的パートナーシップを通じて、この新たなサービスを日本/アジア市場に提供していきます。”
(DI代表取締役社長 山川隆義)


株式会社ドリームインキュベータについて
(URL:http://www.dreamincubator.co.jp/
ドリームインキュベータ(DI)は、戦略コンサルティングやビジネスプロデュース支援サービスなどのプロフェショナル・サービス、および、グループ会社への事業投資、ベンチャー企業への営業投資を通じて、新たな事業や産業の創造・成長支援を行う「The Business Producing Company」です。

※これまでの投資に関する情報は、こちらをご覧ください:
http://www.dreamincubator.co.jp/top/producing/ipo-2


■ドリームインキュベータについてのお問い合わせ

株式会社ドリームインキュベータ 大野・大津留
TEL:03-5532-3200
(ビジネス関連)  sts@dreamincubator.co.jp 
(プレス・広報関連)info@dreamincubator.co.jp 




プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る