• トップ
  • リリース
  • 永谷園史上初!缶のコールド飲料「ビアードパパの飲むシュークリーム」

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社永谷園ホールディングス

永谷園史上初!缶のコールド飲料「ビアードパパの飲むシュークリーム」

(PR TIMES) 2017年03月14日(火)14時25分配信 PR TIMES

意外にも男性がターゲット!?

株式会社 永谷園(社長:飯塚 弦二朗、東京都港区)は、弊社で初めてとなる缶タイプのコールド飲料「ビアードパパの飲むシュークリーム」(税抜130円)を2017年3月21日(火)より株式会社JR東日本ウォータービジネス(社長:鈴木 浩之、東京都渋谷区)が運営するエキナカ自販機acure<アキュア>の一部にて先行発売し、4月24日(月)より全国(一部企業)にて発売いたします。永谷園グループの株式会社 麦の穂(社長:今泉 智幸、大阪府大阪市)が運営するシュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」のシュークリームをイメージしたドリンクです。手軽におやつ感覚で飲める缶飲料として、ビアードパパで人気の味わいをお楽しみいただけます。
[画像: https://prtimes.jp/i/20257/34/resize/d20257-34-863532-0.jpg ]


◆開発経緯
これまで缶飲料としては『「冷え知らず」さんの生姜チャイ』(2008年発売)、「1本でしじみ70個分のちから 缶みそ汁」(2015年発売)を秋冬限定のホット缶飲料として発売してきました。今回は、弊社初となるコールド飲料として、永谷園グループである「ビアードパパ」ブランドの缶飲料を開発しました。永谷園がビアードパパブランドを発売することも、初の試みとなります。
缶飲料のスイーツ系ラインアップは、意外にも男性の支持が高いというデータから、今回は男性をターゲットとし、小腹がすいた時、甘いもので一息つきたい時に、ひんやりあま〜く癒される味わいに仕上げました。ビアードパパのシュークリームで使われている人気のクリームを忠実に再現し、まったりとしたシュークリームならではの味わいがお楽しみいただけます。

◆商品特長
・ビアードパパのシュークリームに使われているクリームをイメージしたコールド飲料です。
・サラリとしていながら、シュークリームのクリームのようなコクと甘さが楽しめる味わいです。
・ちょっと甘いもので一息つきたい時やおやつにぴったりです。

【ビアードパパについて】
ビアードパパは、お店で手作りのシュークリーム専門店。
シュー生地は常にオーブンで焼き上げ、クリームは新鮮な状態を保つため毎日お店で手作り。ご注文をいただいてから1点1点クリームをお詰めする実演販売スタイルなので、いつもできたて・作りたて!専門店だからこそこだわる安心・安全な厳選素材とオリジナルレシピで、他では真似できない何度でも食べたくなる 飽きのこない美味しさを追求し、グローバルに広がっています。
http://www.beardpapa.jp

◆先行発売:エキナカ自販機acure<アキュア>について
JR東日本のエキナカを中心に設置している自動販売機です。メーカーの枠にとらわれず、お客さま視点でニーズに合った売れ筋商品をラインアップした「ブランドミックス機」で約8,000台展開しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る