• トップ
  • リリース
  • ヴイエムウェア VMware vSphere(R) Integrated Containersの機能を拡張し企業でのデジタル ビジネス化を支援

プレスリリース

ヴイエムウェア株式会社

ヴイエムウェア VMware vSphere(R) Integrated Containersの機能を拡張し企業でのデジタル ビジネス化を支援

(PR TIMES) 2016年08月31日(水)14時23分配信 PR TIMES

新しいレジストリ機能とマネジメント コンソール機能により、
仮想環境でのコンテナとアプリケーション サービスのデリバリを簡素化

VMware vSphere Integrated Containersをオープンソース ソフトウェアとして提供開始
ベータプログラムへの登録も開始

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、VMware vSphere(R) Integrated Containersの新機能として、レジストリ機能とマネジメント コンソール機能を発表しました。これらの2つの機能により、企業のIT運用部門は、自社のアプリケーション部門に対して、既存のvSphere環境のインフラ上からDockerと互換性のあるインターフェイスを提供できるようになります。新発表のレジストリ機能とマネジメント コンソール機能は、vSphere Integrated Containersの完成度を高め、IT部門は本番環境でもコンテナを安心して稼動させることができます。vSphere Integrated Containersは本日からオープン ソース ソフトウェアとして提供されるとともに、ベータプログラムへの登録も開始されました。

ビジネスのデジタル化を推進する企業は、クラウド ネイティブ ソフトウェアの開発と運用に取り組み、迅速にリリースできる特性を有する先進のアプリケーションの開発だけでなく、この利点を生かした顧客との関係強化や顧客体験の向上も図っています。コンテナ テクノロジは、アプリケーション開発部門の生産性を向上させる一方、IT部門にとっては、コンテナを用いて開発されたアプリケーションの本番環境への移行が依然として大きな課題となっています。vSphereを使うことで、エンタープライズ インフラとしてのノウハウや運用ツールの実績をベースに、厳格なSLAやセキュリティ要件を満たしながら本番環境でもコンテナ化されたアプリケーションを稼働させることができるような、エンタープライズ コンテナ インフラを実現することができます。

先進アプリケーションの本番稼働を支援するエンタープライズ コンテナ インフラ
2015年8月、ヴイエムウェアは、コンテナ化したアプリケーションと従来のアプリケーションを共通のインフラ上で同時に展開できるようにする取り組みとして、vSphere向けの仮想コンテナ ホストとなるvSphere Integrated Containersを発表しました。ヴイエムウェアは本日、vSphere Integrated Containersの機能拡張として、新たにマネジメント機能のAdmiral™とレジストリ機能のHarbor™を発表し、顧客による本番環境向けコンテナ アプリケーションの開発、運用を支援します。これら新しい2つのオープンソース ソフトウェアのプロジェクトは以下の通りです。

・Admiral:開発者やアプリケーション部門が迅速なアプリケーション デリバリを行えるようにするvSphere Integrated Containers向けのビルトインのコンテナ管理ポータルです。

・Harbor:vSphere Integrated Containersに実装されるエンタープライズ コンテナ レジストリです。Docker Distributionをベースに、ユーザ管理やアクセス コントロール、ポリシー ベースでのイメージ リプリケーション、監査とログのサポート、統合用のRESTful API等、さまざまなエンタープライズ機能を追加しています。

vSphere Integrated Containersにより、顧客は既存のインフラを再設計することなく、コンテナを活用して自社のビジネス転換を推進させることができます。また、vSphereとVMware NSX™やVMware Virtual SAN™との間の密連携により、顧客は業界最高水準のネットワークの自動化とスケールアウト、そして高性能の永続ストレージ等の利点も享受できます。顧客は、引き続きvSphereをベースにした既存の運用やリソース管理機能を活用しながらコンテナ化されたアプリケーションを稼働させるだけでなく、オンプレミス、パブリック クラウドを問わず、ポータビリティの利点を活用できます。

さらに、vSphere Integrated Containers、VMware vRealize(R) Automation™ とAdmiralを併用することで、IT部門はアプリケーション開発部門に“Container as a service(CaaS)”をデリバリできるようになります。開発者は、vRealize Automationの統合サービス ブループリントを利用したコンテナ アプリケーションのモデル化や、vRealize Automationのサービスカタログによるコンテナ ホストの配備、コンテナ ホストの管理等が可能になります。

vSphere Integrated Containersは、オープンソース ソフトウェアとしてGitHubからダウンロードできるため、顧客やパートナ、コミュニティは広くコードにアクセスできるほか、アップデートの確認、イシューの提出、またヴイエムウェアによるコードの改善を支援するコードバックができるようになります。顧客とパートナは、オプションとして、vSphere Integrated Containersのベータプログラムにも参加登録できます。

また、昨日のリリースの通り、VMware Cloud Foundation™によるvSphere Integrated Containersのサポートが発表され、顧客はオンプレミス、パブリック クラウドを問わずヴイエムウェアの仮想インフラ上でコンテナを稼働させることができるようになります。

vSphere Integrated Containersでのエコシステム パートナとの協業
ヴイエムウェアは本日、顧客の選択肢の拡大を目的として、レジストリ機能やマネジメント コンソール機能を含め、vSphere Integrated Containersに対応したサードパーティ ソリューションを検証するために、エコシステム パートナと協業することを発表しました。ヴイエムウェアはパートナとともに、vSphere Integrated Containersに対応したベスト オブ ブリードのクラウド ネイティブ ソリューションを利用可能にすることで、エンタープライズ環境でのクラウド ネイティブ アプリケーションの採用を加速します。最初のパートナは、CoreOS, Hashicorp、Mesosphere、Pivotal、Rancherです。

VMware Inc. 上席副社長兼最高技術責任者(CTO) レイ オファレル(Ray O'Farrell)コメント:
「多くの企業の間で、業務上のさまざまな要件を考慮しながら、コンテナ化されたアプリケーションを本番環境に移行させることが重要な課題とされています。ヴイエムウェアは、これまで培ってきたエンタープライズのノウハウを基にvSphere Integrated Containersを提供し、オンプレミス、パブリック クラウドを問わず、ヴイエムウェアの仮想インフラによる本番環境でのコンテナやコンテナ化されたアプリケーション サービスのデリバリを飛躍的に簡素化させます。アプリケーション開発部門は、vSphereに内在するセキュリティ、可視性、管理機能といったIT運営上の利点を維持しながら、コンテナのもつ柔軟性やポータビリティ、スピード感等のメリットも享受できます」

■ご購入および価格について
VMware vSphere Integrated Containersは、本日より、GitHubでオープンソースとして提供されます。VMware vSphere Enterprise Plus Edition™、VMware vSphere with Operations Management™ Enterprise Plus Edition、VMware vCloud Suite(R)を稼働させている顧客が、vSphere Integrated Containersを利用できます。

VMworld 2016 USでデモされたVMware vSphere Integrated Containersの機能は、vSphere上で今後利用可能になる予定です。

また、ヴイエムウェアの顧客ならびにパートナは、本日より、VMware vSphere Integrated Containersのベータプログラムに登録できます。

vSphere Integrated Containersの詳細については、こちらのブログをご覧下さい(英語)。
https://blogs.vmware.com/cloudnative/introducing-bigger-better-vsphere-integrated-containers

VMwareのクラウド ネイティブ アプリケーションのソリューション情報はこちらをご覧下さい。
https://www.vmware.com/jp/solutions/cloudnative.html

詳細はヴイエムウェアの国内パートナまでお問い合わせください。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド インフラとビジネス モビリティの分野で世界をリードし、顧客のデジタル トランスフォーメーションを加速させています。そして、Cross-Cloud Architecture™や、データセンタ、モビリティ、セキュリティのソリューションの提供を通じて、顧客企業がビジネスやITに対してSoftware-Definedの手法を活用できるように支援しています。今日、全世界で50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、2015年度の売上高は、66億米ドルに上ります。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMworld、vSphere、vSphere Integrated Containers、Admiral、Harbor、NSX、Virtual SAN、vRealize、vRealize Automation、Cloud Foundry、vSphere Enterprise Plus Edition、VMware vSphere with Operations Management、vCloud、vCloud Suiteは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る