• トップ
  • リリース
  • 国内初、住宅サッシ商品BIMモデルを一般提供  建築知識研究所にてLIXIL「サーモスL」を公開開始  

プレスリリース

  • 記事画像1

フリーダムアーキテクツデザイン株式会社

国内初、住宅サッシ商品BIMモデルを一般提供  建築知識研究所にてLIXIL「サーモスL」を公開開始  

(PR TIMES) 2017年05月24日(水)11時46分配信 PR TIMES

BIM確認申請用テンプレートにも対応


フリーダムアーキテクツデザイン株式会社は、株式会社LIXIL全面協力により作成したサッシ商品のBIMモデルLIXIL「サーモスL」をフリーダムアーキテクツデザイン社が運営する「建築知識研究所」https://freedomlab.jp/にて一般提供を開始したことをお知らせいたします。
今後も住宅におけるBIMの普及に向けた活動を継続していきます。
今回共同制作したサッシ商品のBIMモデルは、オートデスク株式会社のBIMソフトウェア「Autodesk(R) Revit(R)」(以下Revit)に対応したもので、オートデスク社が運営する「Autodesk App Store」(オートデスク・アップ・ストア) https://apps.autodesk.com/jaより2017年5月31日から無料で一般公開されるBIM確認申請テンプレートにも対応可能となっております。

■今回のサッシ商品BIMモデル制作と一般提供の経緯
サッシ商品BIMモデルはRevitでのBIMデータ作成の際、初期段階で必ず必要になり、かつ、外観・内観の印象を大いに左右するにも関わらず、今まで実際の商品とは表現が違う汎用的なものしかありませんでした。
また、サッシ商品BIMモデルは、建材の中でも非常に複雑なパラメーター、設定を必要とするために、BIMを実現しようとする設計者が一から作成する場合、非常に多くの手間がかかっており、メーカー商品のBIMモデルの一般提供が強く求められておりました。
今回サッシ商品のノウハウやデータのあるLIXIL社と、設計で実際にRevitを使用しているフリーダムアーキテクツデザイン社が共同で制作することで、より実用的なサッシ商品BIMモデルの提供が実現しました。今後より多くの商品BIMモデルが各メーカーから一般提供されることにより、多くの設計士・設計事務所がBIMによる設計に取り組むことにつながり、建築設計業務にかかる時間や手間が大いに削減されることが期待されます。

■サッシ商品BIMモデルの主な特徴
・LIXIL「サーモスL」の商品データを反映
・設計段階によって4種類の図面表現を切り替え可能
・膳板ありなしや高所用サッシのハンドル、オペレータチェーン長さ調整等設計者のニーズを反映
・Autodesk App Storeから公開予定のBIM確認申請テンプレートに対応

BIMデータ(LIXIL「サーモスL」)のダウンロードサイト:
建築知識研究所LIXIL「サーモスL」 https://freedomlab.jp/kenzais/view/438

以上


【建築知識研究所とは】
建築知識研究所は、月刊『建築知識』と年間約400棟のデザイン住宅を手がけるフリーダムアーキテクツデザイン社の共同プロジェクトです。
木造住宅のあらゆるディテール閲覧、 CADデータ無料ダウンロードが可能です。
また、BIMライブラリーでは、フリーダムアーキテクツデザイン社で使用しているRevitテンプレートとマニュアルを無料公開しております。
※設計事務所登録は2000社を超え、1万3000人以上のプロ会員が登録、利用しております
(2017年5月現在)


【フリーダムアーキテクツデザイン株式会社 会社概要】
会社名:フリーダムアーキテクツデザイン株式会社
設立:1995年4月 (個人建築事務所フリーダム設計として)2001年7月法人化
代表者:鐘撞 正也
払込資本:9,300万円(うち資本準備金4,150万円)
本社:東京都中央区日本橋久松町10-6 FT日本橋久松町ビル 5F
スタッフ数:210名(2017年5月現在)
事業内容:建築設計監理、不動産仲介
所在地:本社、新宿、渋谷、日本橋、自由が丘、池袋、横浜、千葉、梅田、難波、神戸、京都 、名古屋、岡崎、福岡、関東設計Lab
URL:http://www.freedom.co.jp/

【参考資料】
LIXIL「サーモスL」 BIMモデル使用例イメージ
[画像: https://prtimes.jp/i/2121/34/resize/d2121-34-531688-0.jpg ]


プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る