• トップ
  • リリース
  • 「マウントレーニア カフェラッテ コールドブリュー」4月11日(火)より全国にて新発売

プレスリリース

  • 記事画像1

森永乳業株式会社

「マウントレーニア カフェラッテ コールドブリュー」4月11日(火)より全国にて新発売

(PR TIMES) 2017年02月22日(水)11時26分配信 PR TIMES

チルドカップコーヒー 売上No.1ブランド(※1) の「マウントレーニア」から低温抽出(※2)で苦みと雑味が抑えられた、澄みきった味わいのカフェラテが登場!


森永乳業は、チルドカップコーヒー売上No.1ブランド(※1)の「マウントレーニア」から、「マウントレーニア カフェラッテ コールドブリュー」を4月11日(火)より全国にて新発売いたします。
※1出典 インテージSRI チルドカップ飲料(コーヒー系) 2015年4月〜2016年3月 累計販売金額

[画像: https://prtimes.jp/i/21580/33/resize/d21580-33-101522-0.jpg ]

<マウントレーニア ブランドサイト>    http://mtrainier.jp/
<マウントレーニア公式Facebookページ> https://www.facebook.com/mtrainier.jp/

1993年2月に発売した「マウントレーニア」は“チルドカップコーヒー”という新たなカテゴリーを創造したパイオニアブランドです。気分・場面によって飲み分けられるさまざまなラインアップが揃っており、カフェショップのような本格的な味わいをいつでもどこでも手軽にお楽しみいただけます。

全日本コーヒー協会によると、日本国内における一人一週間当たりのコーヒー飲用杯数は、2014年が11.13杯と2002年以降最高の杯数を記録しています。また、同協会によると2015年の日本国内におけるコーヒーの生豆消費量は461,892tとなっており、1996年以降過去最高の数量を記録しています。これらより、日本国内におけるコーヒー需要は拡大をしているといえます。背景として、コンビニエンスストアにおけるカウンターコーヒーの普及や、豆の産地や淹れ方の違いによるコーヒーの味の違いを楽しむ「サードウェーブコーヒー」などへの関心の高まりがあると考えております。
そこで当社は、コーヒーに対する関心の高まりを受け、“自分好みのコーヒーのおいしさを見つけたい”、“新しいコーヒーの楽しみ方を知りたい”といったお客さまのニーズに応えるべく、アメリカのカフェショップが展開に力を入れたことがきっかけでニューヨークを中心に話題となった、低温で抽出したコーヒーであるコールドブリューを提案してまいります。
このたび発売する新商品「マウントレーニア カフェラッテ コールドブリュー」は、低温抽出(※2)コーヒーを使用することで、苦みや雑味が抑えられた、澄みきった味わいのカフェラテです。
「マウントレーニア」は“チルドカップコーヒー”のパイオニアブランドとして、新しいコーヒーの楽しみ方、おいしさをお届けします。
※2 当社「マウントレーニア」シリーズ比

1.商品特長
1. 低温抽出(※2)コーヒーを使用することで、苦みや雑味が抑えられた、
   澄みきった味わいのカフェラテです。
2. コーヒー豆本来の香りやコクをお楽しみいただけるよう、ミルクと砂糖は控えめに仕上げています。
3. ブラジル政府公認の「コーヒー鑑定士」資格をもつ当社の研究員が厳選したアラビカ種のコーヒー豆を
   100%使用しています。酸味が少なくコク深い味わいが特長のマンデリンなど当商品独自のブレンドを
   採用しています。
4. レンガの壁にボードを打ち付けたような、カフェショップをイメージしたパッケージデザインに
   仕上げました。

2.商品概要
1. 商品名     マウントレーニア カフェラッテ コールドブリュー
2. 種類別名称    乳飲料
3. 内容量      240ml
4. カロリー    96kcal(240ml当たり)
5. 包装形態    アセプティックカップ
6. 保存方法    要冷蔵10℃以下
7. 賞味期限     70日間
8. 主要ターゲット コーヒーの苦みが苦手な若年層、新しいコーヒーに興味があるコーヒー好き
9. 主要売場     CVS、量販店、一般小売店、自販機
10. 希望小売価格  150円(税別)
11. 発売日・地区   4月11日(火)・全国
12. JANコード  4902720 128568

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る