プレスリリース

  • 記事画像1

ボルボ・カー・ジャパン株式会社

ボルボ・カーズとUberが自動運転車の開発で提携

(PR TIMES) 2016年08月19日(金)18時09分配信 PR TIMES


スウェーデンの高級車メーカーであるボルボ・カーズと、配車サービスのリーディングカンパニーである
Uberは、次世代の自動運転車の開発において提携することを発表いたします。

ボルボ・カーズとUberは、ドライバーレスの完全な自動運転までを含む、最新の自動運転テクノロジーの開発に対応できるよう、新しいベース車両を開発するジョイントプロジェクト立ち上げの合意に達しました。このベース車両はボルボ・カーズによって生産され、Uberがボルボから購入します。ボルボ・カーズとUberはこのプロジェクトに3億USドル(約300億円)を出資いたします。

Uberとボルボは、同一のベース車両を自社の自動運転車戦略の次のステップに活用します。これはUberが自社開発した自動運転システムをボルボのベース車両に適用し、またボルボは同じベース車両を、完全な自動運転を含む、自社の自動運転戦略の次世代車として用います。

ボルボとUberのプロジェクトは、自動車業界にとって重要なステップです。自動車メーカーがシリコンバレー発の新規参入企業と提携することは、世界的な自動車産業がニューテクノロジーの到来を受けて進化していくことを明確にしています。この提携は、長期的パートナーシップを視野にいれたものです。

[画像: http://prtimes.jp/i/17096/33/resize/d17096-33-803268-1.jpg ]

ボルボ・カーズのCEO、ホーカン・サムエルソンは語ります。「ボルボはアクティブ・セーフティと自動運転テクノロジー開発のリーダーであり、他に類をみない安全性への信頼性を誇るブランドです。私たちは、リーディングテクノロジー企業の一つであるUberをパートナーとして選んだことをとても誇りに思っています。この提携により、ボルボは自動車産業のテクノロジー革命の中心となるでしょう」

新しいベース車両はボルボ・カーズの新世代プラットフォームスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA:Scalable Product Architecture)を元に開発されます。SPAは世界で最も先進的なプラットフォームの一つで、現在では、ボルボのトップモデルであり多くの賞を受賞したXC90を始め、プレミアム・セダンのS90、そしてプレミアム・ワゴンV90でも採用されています。

SPAは、ボルボ・カーズが2010年に開始した、110億ドル(約1兆円)もの投資による構造改革から生み出されたプラットフォームで、最新の自動運転テクノロジーに対応するよう、当初から準備がされていました。また、次世代の電気自動車や、コネクティビティ開発にも対応できるよう設計されています。これらの将来の変化に対応できる可能性にUberが着目しました。

開発作業はボルボ・カーズのエンジニアとUberのエンジニアとの緊密なコラボレーションによって行われます。このプロジェクトはSPAプラットフォームに拡張性を与え、一般道での自動運転走行において必要とされる安全性や冗長性、またその他の新しい機能を追加することとなります。

UberのCEO、トラビス・カラニックは語ります。「毎年100万人以上の人が自動車事故で亡くなっています。これらは自動運転技術により避けることが可能な悲劇です。しかしながら、私たち単独では実現できません。そのためボルボのような自動車メーカーとパートナーシップを結ぶことが重要なのです。ボルボは車両開発のリーダーであり、ことに安全性においてはトップクラスです。Uberとボルボとが協働することで、将来に向けて共により早く進化することができるでしょう」

-------------------------------
2015年のボルボ・カー・グループ
2015年の会計年度において、ボルボ・カー・グループは66億2,000万クローナ(2014年度は21億2,800万クローナ)の営業利益を計上しました。同年度の売上は1,640億4,300万クローナ(1,375億9,000万クローナ)でした。2015年度の世界販売台数は過去最高の50万3,127台に達し、2014年度と比較し8%増となりました。この史上最高の販売台数及び営業利益の実績により、ボルボ・カー・グループのグローバル改革プランへの投資は継続して実施されます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る