• トップ
  • リリース
  • 大型台風26号がクリスマスにフィリピンを直撃、甚大な被害が発生。国際協力NGOチャイルド・ファンド・ジャパンが緊急支援を実施

プレスリリース

NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン

大型台風26号がクリスマスにフィリピンを直撃、甚大な被害が発生。国際協力NGOチャイルド・ファンド・ジャパンが緊急支援を実施

(PR TIMES) 2016年12月29日(木)10時47分配信 PR TIMES


12月22日に発生した台風26号(フィリピン名:ニナ、国際名:ノックテン)は、発達しながら西に進み、25日に非常に強い勢力を保ちながらカタンドゥアネス州に上陸しました。ビコール地方を中心に大きな被害をもたらし、これまでに少なくとも6名の死者が出ていると報道されています。

チャイルド・ファンド・ジャパンが活動する地域では、南カマリネス州が台風の進路下にあり、甚大な被害を受けました。支援を受けるチャイルドと家族の安否について、現在も確認を進めていますが、これまでに35世帯の家屋が全壊し、65世帯に部分損壊の被害があったことが報告されています。

チャイルド・ファンド・ジャパンは、食料の配布、家屋の修復などの緊急支援や、農作物の苗の配布などの生計支援を実施することを決定しました。また、元の支援地域であるアルバイ州とカタンドゥアネス州でも大きな被害があったとみられ、緊急支援の実施を検討しています。

フィリピンではクリスマスが一年で一番大切なイベントです。海外や都市から帰省する家族と一緒に過ごすクリスマス休暇が、大型台風26号によって奪われました。また、家屋を壊された人々は年末年始を家で過ごすことができなくなりました。チャイルド・ファンド・ジャパンは、被災した子どもたち、人々のため、迅速に緊急支援を行います。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る