• トップ
  • リリース
  • 小金井市商工会と合同で「血糖管理技術の技術動向と業界展望」を学ぶセミナー開催

プレスリリース

小金井市商工会と合同で「血糖管理技術の技術動向と業界展望」を学ぶセミナー開催

(PR TIMES) 2017年01月27日(金)11時22分配信 PR TIMES


 独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部(略称:中小機構関東、所在地:東京都港区、本部長:佐藤 勉)は、2017年2月10日、小金井市商工会と合同で「血糖管理技術の技術動向と業界展望」について学ぶセミナーを農工大・多摩小金井ベンチャーポート(*)で開催します。東京農工大学 工学研究院 生命機能科学部門 教授 早出 広司 博士を講師にお招きし、血糖管理技術や業界動向を解説するほか、次世代の血糖計測装置のプラットフォーム技術や今後の技術開発の動向を紹介します。セミナー参加費は無料です。また、セミナー終了後、名刺交換会・交流会(参加費 1名/500円)を実施します。
 つきましては、セミナーに参加する中小企業者・中小企業支援機関担当者を募集します。

 <セミナー概要>
  名    称:「血糖管理技術の技術動向と業界展望」
  日     時:2017年2月10日(金曜)16:00〜17:30(名刺交換会・交流会 17:30〜18:30)
  場    所:農工大・多摩小金井ベンチャーポート
         (東京都小金井市中町2-24-16 東京農工大学 小金井キャンパス内)
  セミナー講師:東京農工大学 工学研究院 生命機能科学部門 教授 早出 広司 博士
  主    催:中小機構関東本部、小金井市商工会
  定    員:50 名(先着順)
  申 込 方 法:お申し込みの詳細は下記URLをご確認ください
         http://www.smrj.go.jp/incubation/tama-koganei/054272.html

(*)農工大・多摩小金井ベンチャーポートについて
 農工大・多摩小金井ベンチャーポートは、中小機構関東が運営する、東京農工大学を始め多摩地区の大学・研究所の知財・技術を活用したベンチャー企業、中小企業の事業展開を促進することを目的とした起業家育成施設です。

<中小機構について>
 中小機構は、日本の中小企業政策の総合的な実施機関として中核的な役割を担う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所に展開する地域本部を通じ、中小企業の発展と地域振興の実現に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化をはじめとする中小企業の様々なニーズに対し、経営アドバイス、研修、ファンドを通じた資金提供、共済制度など多様な支援メニューを揃えています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る