• トップ
  • リリース
  • 横須賀市のジェネリック医薬品利用推進に協力 日本調剤 市内7店舗がジェネリック医薬品推奨薬局に認定

プレスリリース

  • 記事画像1

日本調剤株式会社

横須賀市のジェネリック医薬品利用推進に協力 日本調剤 市内7店舗がジェネリック医薬品推奨薬局に認定

(PR TIMES) 2016年08月26日(金)14時22分配信 PR TIMES

日本調剤株式会社ニュースリリース

日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)では、ジェネリック医薬品の積極利用を進めている神奈川県横須賀市から、ジェネリック医薬品(後発医薬品)推奨薬局として、日本調剤の市内7店舗すべてが認定されましたのでお知らせします。
 横須賀市では、個人の医療費負担を軽減するばかりでなく、自治体財政の改善にも効果があるジェネリック医薬品の利用促進を進めており、同市に協力してジェネリック医薬品の普及促進に取り組む薬局の認定制度を発足、このほど市内98店舗(平成28年8月19日現在)を認定薬局としました。
 同市内で営業する日本調剤の7薬局についても推奨薬局認定を受けて、横須賀市がジェネリック医薬品促進のために制作した推奨ステッカー、卓上のぼりを設置して市民の方への一層の利用促進へ取り組んでいます。

 47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤では、薬代の負担を軽減するジェネリック医薬品の普及に全社的に取り組んでおり、現在では、ジェネリック医薬品の使用比率が全社平均で国が目標とする80%を超えています。また特許切れの新薬からジェネリック医薬品への変更により年間180億円以上の薬剤料削減効果を出しています。日本調剤では、今後も地域社会・自治体の皆さまと連携を図り、ジェネリック医薬品の普及・利用促進に取り組んでいきます。


【横須賀市「ジェネリック医薬品推奨薬局」認定薬局】
 日本調剤 追浜薬局(横須賀市追浜本町)
 日本調剤 三笠通り薬局(横須賀市大滝町)
 日本調剤 米が浜薬局(横須賀市米が浜通)
 日本調剤 緑が丘薬局(横須賀市緑が丘)
 日本調剤 横須賀薬局(横須賀市小矢部)
 日本調剤 新横須賀薬局(横須賀市小矢部)
 日本調剤 平成薬局(横須賀市安浦町)


[画像: http://prtimes.jp/i/13551/32/resize/d13551-32-671746-0.jpg ]

以上

【日本調剤株式会社について】 http://www.nicho.co.jp/
 1980年(昭和55年)の創業以来、一貫して国の健康保険制度を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を全うすべく「医薬分業」を追求し、調剤薬局 展開を積極的に行っています。現在では、全都道府県に調剤薬局を展開し約2,500名の薬剤師を有する、日本を代表する調剤薬局企業として評価を得ています。 また、ジェネリック医薬品の普及や在宅医療への取り組みを積極的に進めており、さらに超高齢社会に必要とされる良質な医療サービスを提供する「日本のかかりつけ薬局」を目指して取り組んでいます。

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
日本調剤株式会社 広報部 広報担当
TEL:03-6810-0826 FAX:03-5288-8693
E-Mail:pr-info@nicho.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る