• トップ
  • リリース
  • ソフトウェアのマイナンバー対応機能を第三者が評価する「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」 認証製品決定

プレスリリース

  • 記事画像1

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

ソフトウェアのマイナンバー対応機能を第三者が評価する「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」 認証製品決定

(PR TIMES) 2016年07月28日(木)10時48分配信 PR TIMES

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」、港区赤坂)は、個人番号を直接扱う業務アプリケーションが実装すべき機能について、第三者が実装確認・認証する「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」において、7月26日に認証判定を実施、新たに1社1製品を認証しました。
[表: http://prtimes.jp/data/corp/13310/table/32_1.jpg ]



「マイナンバー対応業務ソフト」の評価は、CSAJ政策委員会/マイナンバーWGが策定した「マイナンバー対応評価シート」において、個人番号を直接扱う業務アプリケーションが対応すべき必須項目について、ソフトウェア機能として実装されていることを、申請者が記入した申請様式および試験文書もしくはβ版による稼働確認によって評価機関がチェックします。

認証製品には「マイナンバー対応」のロゴが付与されるとともに、CSAJのホームページ上で、製品名および対応機能を公開し、ユーザーが製品選定の目安として活用できるようにします。
[画像: http://prtimes.jp/i/13310/32/resize/d13310-32-251359-1.jpg ]


昨年8月に運用を開始した本認証制度について、今回の判定により12社19製品が認証されました。これまでの認証製品は以下のWebページをご参照ください。

http://www.csaj.jp/activity/project/mn_cert/authlist.html

CSAJでは引き続き認証申請を受付け、順次評価・認証を行ってまいります。

■問い合わせ先
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 PSQ認証室  
e-mail:psq_info@csaj.jp
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル 4階
TEL:03-3560-8452 FAX:03-3560-8441


http://www.csaj.jp/activity/project/mn_cert/index.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る