プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社 ヴォルテッジ

業界初!「イクメン教育」を始めた結婚相談所が人気!

(PR TIMES) 2017年05月18日(木)12時17分配信 PR TIMES

〜イクメン教育を受けた婚活男性が次々にゴールイン〜

結婚相談所と男性向けイクメン教育事業を展開する「株式会社ヴォルテッジ(大阪府大阪市北区芝田 2-9-17 マエダビル 8 階)」は、去年、独身男性向け「イクメン教育」を開始しました。「イクメン教育」を受講した独身男性が今年、次々とゴールイン。 働く女性が増え、共働き夫婦が増えている今、結婚前からイクメン意識をもっている男性が婚活中の女性からも人気です。

※結婚相談所ブライダル豊中で婚活男性向け「イクメン教育」が今年5月よりスタート!
[画像: https://prtimes.jp/i/12775/32/resize/d12775-32-713369-0.jpg ]



業界初 独身男性向け「イクメン教育」!
「イクメン候補生」が次々にゴールイン

結婚しても仕事を続けたい女性が増加している今、育児に積極的にかかわっていく男性“イクメン”を相手に選びたい独身女性が増えてきています。 そんな中、去年、婚活中の独身男性に結婚前から赤ちゃん人形で抱っこの仕方、オムツを交換など、育児を学ぶ「イクメン教育」をスタートしました。今年に入り「イクメン教育」を受けた男性が次々とゴールイン。働く女性が増え、共働き夫婦が増えている今、結婚前からイクメン意識をもっている男性が婚活中の女性からも人気です。


未婚・晩婚・少子化が進み深刻な社会問題
結婚しても 3 組に 1 組が離婚。産前産後関わり方注意!

未婚・晩婚・少子化が年々進んで深刻な社会問題になっています。現在、生涯未婚率(50 歳の時点で一
度も結婚した事がない人)は男性が 5 人に 1 人。女性は 10 人に 1 人。このままいけば、15 年後(2030
年)には男性が 3 人に 1 人。女性が 4 人に 1 人が一生結婚しないと予測されています。そして、離婚する夫婦が増え、現在結婚しても 3 組に 1 組が離婚しています。離婚の原因は産前産後の夫婦の関わり方でのミスコミュニケーションや、産後クライシス(産後 2 年間の奥さんが不安定な時期)が多い。核家族化が進み、女性の社会進出も促されている現代、男性(夫)の育児協力は必須となってきました。


■サービス概要

「イクメン教育」の主な内容
・赤ちゃんの沐浴体験。
・赤ちゃんのおむつ交換
・妊婦ジャケット着用
・産後クライシスや家事・育児分担の指導。
・赤ちゃん言葉の練習。


お申込み方法:まずはホームページまたはお電話から、お問い合わせ下さい。
運営:株式会社ヴォルテッジ

【公式サイト】
http://www.ikudai.jp


■会社概要

会社名:株式会社ヴォルテッジ
住所:大阪市北区芝田 2-9-17 マエダビル 8 階

連絡先:06-4256-8191

URL:http://www.ikudai.jp


(株)ヴォルテッジ 代表取締役
秋山剛(あきやまたけし)プロフィール

1976年生まれ (40歳)
40歳で22歳息子と20歳娘の父親。
高校2年生(18歳)で父親になり子育て歴23年生。

株式会社ヴォルテッジ 代表取締役
一般社団法人イクメンコンサルタント協会 代表理事

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る