• トップ
  • リリース
  • BIMデータによる建築確認申請用テンプレートを5月31日から公開、合せてBIMデータを使用した建築確認申請を受付開始

プレスリリース

  • 記事画像1

フリーダムアーキテクツデザイン株式会社

BIMデータによる建築確認申請用テンプレートを5月31日から公開、合せてBIMデータを使用した建築確認申請を受付開始

(PR TIMES) 2017年05月17日(水)11時56分配信 PR TIMES


株式会社住宅性能評価センター、オートデスク株式会社、フリーダムアーキテクツデザイン株式会社、株式会社大塚商会は、オートデスクのBIMソフトウェア「Autodesk(R) Revit(R)」(以下Revit) のBIMデータを使用した建築確認申請を実現するために2016年4月から協業し、同年8月に住宅性能評価センターから4号建築物の確認済証交付が国内で初めて発行されました。これを基に4社は、4号建築物の建築確認申請書類をBIMデータから作成するためのテンプレートを開発し、5月31日から公開して広く利用していただけるようにします。また、住宅性能評価センターは、これまでフリーダムアーキテクツデザインと試行してきたこの申請を、他の建築事務所からも同日から事前相談として受付開始します。

●テンプレート提供サイト:「Autodesk App Store」(オートデスク・アップ・ストア)
https://apps.autodesk.com/ja(5月31日より)

●今回のテンプレートを使用したBIM確認申請マニュアル提供サイト
住宅性能評価センター:http://www.seinouhyouka.co.jp/
建築知識研究所:https://freedomlab.jp/bimlibrary

今回公開するテンプレートを利用することにより、Revitの簡単な操作でBIMデータから申請書類を作成できますので、作業効率と正確性が大きく向上します。BIM申請においては書類を印刷する必要もありません。また、審査においても作業効率が大きく向上しますので、BIMによる建築設計がもたらす利便性の広がりが期待されます。


BIM確認申請テンプレートの主な特長
●審査機関が必要な情報、凡例、注釈の記入が分かりやすく、図面はBIMデータから自動的に生成されるので、書類作成の効率を向上させ、作成ミスの低減が期待できる
●BIMデータを使用しない場合でも、PDFや紙で行う申請のテンプレートとして利用可能
●書類の審査に必要な作業が軽減され、審査にかかる期間の短縮が期待できる


【住宅性能評価センターのF-2 Web システムを介した申請の流れ】

[画像: https://prtimes.jp/i/2121/32/resize/d2121-32-670666-0.jpg ]


以上


すべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る