プレスリリース

TKC、プレミアムフライデーを導入

(PR TIMES) 2017年03月17日(金)11時40分配信 PR TIMES

メリハリのある働き方で生産性とサービスの向上をめざす

株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:角一幸)は、国が官民連携で奨励する「プレミアムフライデー」に賛同し、4月7日より運用を開始します。
 TKCでは、これまでに「快適な職場環境作り」「長時間労働の削減」など社員のワークライフバランスを考慮した活動に取り組んできました。今回のプレミアムフライデーは、その取り組みの一環で、国が奨励する基準「遅くとも午後3時までの業務終了」を超える、午後1時以降の半日有給休暇の取得を推奨します。また、該当日の午後1時までの4時間に集中して働く意識を醸成し、業務の生産性向上にもつなげてまいります。
 加えて、月末に繁忙期となるお客さまの業務への影響を考慮し、運用では月末の金曜日に代えて第1金曜日とするとともに、社員の半数ごとに交代で取得する「半舷上陸方式」を採用することとしています。
 並行して、お客さまからのシステム・サービスの問い合わせに対応するヘルプデスクの範囲や陣容の拡大に取り組むことで、お客さまへのサービスの質の維持・向上にも努めてまいります。

■TKCにおけるプレミアムフライデーの概要
実施日  第1金曜日(初回は、2017年4月7日)
実施内容 プレミアムフライデーとして年6回を限度とし、半日単位の年次有給休暇の取得を奨励

  TKCは、今後も法律、社会制度、顧客の価値観の変化に対応し、効率的で柔軟な働き方を推進し、企業経営の強化を図ってまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る