• トップ
  • リリース
  • 大阪4/18初開催。LGBTダイバーシティに取り組む企業の成功と失敗事例レポートを無料公開。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

Nijiリクルーティング

大阪4/18初開催。LGBTダイバーシティに取り組む企業の成功と失敗事例レポートを無料公開。

(PR TIMES) 2017年04月06日(木)17時34分配信 PR TIMES

スターバックスジャパン、日本航空、楽天など。LGBTダイバーシティ推進に取り組む企業から学ぶ、実際に行った取り組み事例の内容と、その結果。特別レポートも無料で公開。

LGBTダイバーシティ推進支援を行う、株式会社Nijiリクルーティング(本社:東京都港区、代表取締役:齋藤敦)が調査した結果、企業が行うLGBT向けの施策と、当事者が望んでいる施策に大きな差があることがわかりました。そのデータの公開と、既にLGBTに配慮した取り組みを行う企業の最新事例も紹介するセミナー、「LGBTフレンドリー企業の今」を大阪で2017年4月18日(火)に初開催します。(東京会場は2017年4月25日(火)に追加開催が決定しました)
2015年の渋谷区・世田谷区の同性パートナーシップ制度導入以降、日本でもLGBT(※)が注目されるようになりました。また、2017年1月にはセクハラ指針の改訂が行われ、LGBTなどの性的少数者に対する職場におけるセクシュアルハラスメントもセクハラ指針の対象となる旨が明確化されたり、2020年に開催される東京オリンピックの憲章の中には、LGBTなどの性的少数者を差別することを禁止することが盛り込まれています。そんな中、LGBTダイバーシティの取り組みを始める企業も増え始め、同性のパートナーを配偶者として認める制度の導入や、LGBTに関わる相談も受け付ける相談窓口の設置などが行われています。

※LGBTとは
レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとったもの。セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)のことを表す総称の1つ。日本の人口の8%が該当すると言われている(株式会社LGBT総合研究所調べ)

また、株式会社Nijiリクルーティングが調査した別データでは、面接・面談時にLGBT当事者からカミングアウトを実際に受けたことがある企業の人事担当は実に2割にのぼります。4月、採用面接の時や、新しく入社した社員からカミングアウトや相談を受けることも考えられ、企業としてLGBTダイバーシティに関する取り組みを始めていくことが求められます。

一方で株式会社NijiリクルーティングがLGBT当事者1,026名と、企業112名から調査した結果を見ると、LGBT当事者が望むことと、企業が取り組もうとしていることにはずれが生じています。特に「LGBTフレンドリーであることの発信」「相談窓口の設置」という施策に関しては大きく差が開いています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/19527/30/resize/d19527-30-742710-0.jpg ]



■ LGBTダイバーシティにおいて、企業が今何をすべきかが明確になるセミナー ■
LGBTダイバーシティを推進しようとしている企業を対象にした、具体的な取り組み事例を紹介し、自社でどのような取り組みができるかを共に考えるセミナーを、開催します。

当セミナーでは、LGBT-Allyシンポジウム(※)参加企業や、その他LGBTダイバーシティを既に始めている企業の、具体的な取り組み内容や、取り組みを始めたことによる社内外の反応・効果などを紹介。データを参照しながら、これからLGBT向けの取り組みを行う企業に向けて、企業が今取り組むべきことは何か?をお話します。
今回は、遠方のためLGBT-Allyシンポジウムに参加できなかった企業からの事例共有のリクエストもいただいたため、大阪でのセミナー開催に至りました。

※LGBT-Allyシンポジウムとは
LGBTダイバーシティ推進企業を対象に、具体事例の意見交換を目的としたシンポジウムです。


■ 紹介する事例 ■
●スターバックスコーヒージャパン株式会社
2017年1月にパートナーシップ制度を導入し、既に数人から申請が届き同性パートナーとして受理した

●日本航空株式会社
LGBT相談窓口を設置しても相談が来ないことが多いが、ある取り組みを行うことで相談が来るようになった
その他様々な企業の具体的な取り組み内容と、社内外の反応をご紹介します。

他にも、サントリーホールディングス株式会社、株式会社ジュピターテレコム、日本電気株式会社、株式会社丸井グループ、楽天株式会社(敬称略)の他、計20社に参加頂き、下記のような具体的事例の情報交換を行いました。

詳しくはこちら

https://niji-recruiting.com/seminar/symposium2/

▼第2回LGBT-Allyシンポジウムの様子
[画像2: https://prtimes.jp/i/19527/30/resize/d19527-30-149484-1.jpg ]


■ セミナーのプログラム ■
●LGBTの基礎知識の整理
LGBTについての基礎知識を整理してお伝えします。

●データから考える、企業の取り組むLGBT施策
当事者と企業の考えには、何故乖離があるのか?本当に求められているものは何か?企業が最初に取り組むべきことは何か?を、データを用いながらお伝えします。

●LGBTダイバーシティの取り組み事例の紹介
LGBTダイバーシティの取り組みの具体的な事例と、社員や顧客、採用の場面などでの効果をご紹介します。

●自社でLGBTダイバーシティに取り組むための手順
自社では取り組むための手順をわかりやすく解説します。今、何をすべきかが明確になります。

■ セミナー概要 ■
●大阪開催
日程:2017年4月18日(火)14:00〜16:00
会場:新中島ビル3階会議室
   大阪市淀川区西中島1-9-20
   阪急南方駅から徒歩2分
   地下鉄西中島南方駅から徒歩2分
定員:15名

●東京開催
日程:2017年4月25日(火)15:00〜17:00
会場:株式会社Nijiリクルーティング セミナールーム
   東京都港区東新橋2-4-1 サンマリーノ汐留6階
   JR・メトロ新橋駅烏森口から徒歩7分
   大江戸線汐留駅8番出口から徒歩3分
定員:15名

対象:経営者、ダイバーシティ推進担当者
費用:無料

■ご予約はこちら
ご参加希望の企業様は下記ページよりお申込みお願いいたします。
https://niji-recruiting.com/seminar/lgbtfriendly0324



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る