プレスリリース

  • 記事画像1

東京エレクトロン デバイス株式会社

株式会社ベルニクスと販売代理店契約を締結

(PR TIMES) 2015年07月09日(木)12時03分配信 PR TIMES

高信頼性の特注電源製品や、高性能パワーモジュールの販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED) は、株式会社ベルニクス(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:鈴木 正太郎、以下ベルニクス社)と販売代理店契約を締結し、ベルニクス社の高品質で高性能な特注電源製品やパワーモジュール製品の取り扱いを7月9日から開始しました。TEDグループ会社であるパネトロン株式会社が製品の取り扱いを行います。
[画像: http://prtimes.jp/i/10609/30/resize/d10609-30-117704-0.jpg ]



■ベルニクス社、ベルニクス製品について
ベルニクス社は1978年6月8日に設立した各種電源の設計・製造を手がけている老舗の電源メーカーです。製品群としては、絶縁型DC-DCコンバータを中心に、特注電源、高圧電源、非絶縁型DC-DC、電源用IC、非絶縁型ステップアップDC-DCコンバータなどを多岐にわたり取り扱っています。
特に特注電源では、高圧(〜200KV)、高耐圧(〜10KV)、低ノイズ(〜30mVp-p)などの特徴を持った電源設計で、鉄道、医療機器、産業機器など、幅広い分野のアプリケーションに採用実績があります。
URL:http://www.bellnix.co.jp/

■アナログ技術とデジタル技術の融合による提案力
TEDでは、製品提案から回路・基板・システムレベル設計、さらには量産受託サービスにおよぶトータルサポートをinrevium(インレビアム)ブランドで提供しています。今後は、ベルニクス製品単体の販売だけでなく、inreviumとしての共同開発を提案し、お客様の製品開発期間の短縮や設計リソースの削減に貢献してまいります。

ベルニクス社のこれまで培った電源製品技術の蓄積をベースにした高度なアナログ技術と、プログラマブル・ロジック・デバイスのトータルサポートで培ったTED inreviumのデジタル技術を融合させたご提案で、短期間かつトータルコストをおさえたお客様の製品開発に貢献し、3年間で30億円の売り上げを目標に販売を行っていきます。



【東京エレクトロン デバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:http://www.teldevice.co.jp/

【inrevium(インレビアム) について】
東京エレクトロンデバイスは、1985年に開設した設計開発センターの豊富な設計開発経験を活かして、お客様の要求に基づくデザインサービス(設計受託業務)と、市場のニーズを先取りした自社開発商品を、”inrevium(インレビアム)”ブランドで提供する開発ビジネスに注力しています。今後も高付加価値の開発ビジネスに取り組んでいく予定です。
inrevium専用サイトURL:http://www.inrevium.jp/

【パネトロン株式会社について】
パネトロン株式会社(PAN ELECTRON LTD.)は、半導体製品の幅広いマーケット ニーズに迅速に、きめ細かく対応するため、東京エレクトロン デバイス株式会社(TED)の出資により設立されました。フットワークの良い組織体制とTED のスケールメリットを生かし、より高いレベルのお客様満足の提供を目指してまいります。
URL:http://www.panelectron.co.jp/


<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室  堀田・福井
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム http://www.teldevice.co.jp/contact/news_release/index.html

<本製品に関するお客様からのお問い合わせ先>
パネトロン株式会社
製品技術部 マーケティンググループ 尾崎
Tel:045-443-4001、Fax:045-443-4051
お問い合わせフォーム:http://www.teldevice.co.jp/product/bellnix/cotact.php


※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る