• トップ
  • リリース
  • 「Go To Travel キャンペーン対応「宿泊証明書の発行機能」を提供(http://www.neppan.com/)

プレスリリース

株式会社クリップス

「Go To Travel キャンペーン対応「宿泊証明書の発行機能」を提供(http://www.neppan.com/)

(PR TIMES) 2020年07月29日(水)17時40分配信 PR TIMES

「Go To Travel キャンペーン対応「宿泊証明書の発行機能」を提供

株式会社クリップス(新潟県新潟市、代表取締役 阿部広則)が提供する業界トップシェアのクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!++」(https://www.neppan.com/)は、観光庁の「Go To Travel キャンペーン事業」の利用申請で必要となる宿泊証明書の発行機能を、2020年7月29日より無料で提供いたしました。
株式会社クリップス(新潟県新潟市、代表取締役 阿部広則)が提供する業界トップシェアのクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!++」(https://www.neppan.com/)は、観光庁の「Go To Travel キャンペーン事業」の利用申請で必要となる宿泊証明書の発行機能を、2020年7月29日より無料で提供いたしました。

宿泊証明書は、「Go To Travel キャンペーン」を利用する旅行者が、旅行後にキャンペーン割引分の還付を事務局に対して申請する際に必要となる書類の一部です。ねっぱん!++では、宿泊予約サイトから取り込んだ予約情報を元に簡単な操作で宿泊証明書を発行することが可能となりました。手書き用の宿泊証明書を発行する場合を想定して、予約の内容を空白にして発行することも可能です。なお、ねっぱん!++のオプション「ねっぱん!イージー会計」をご利用の施設様は、手動で入力した電話予約も本機能で発行することができます。

当社では、本機能の提供により「Go To Travel キャンペーン事業」に参画する宿泊施設様の業務効率化を支援したいと考えています。


[画像: https://prtimes.jp/i/39715/29/resize/d39715-29-430970-0.png ]



【ねっぱん!++の概要】

「ねっぱん!++」は、複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できる業界トップシェアのクラウド型サイトコントローラーです。宿泊施設が各サイトの管理画面を開いて部屋と料金の登録にかけている労力を少しでも軽減することで、より魅力的なプラン作成など集客のために割く時間を増やすことが可能となります。また、現地決済が多い外資系の予約サイトに対する事前決済機能や、宿泊日の前後にお客様にメールを自動配信できるサンクスメール機能を活用することで、ノーショーやキャンセル率の低減、アップセル、リピーターの囲い込みなど宿泊施設の収益向上をサポートいたします。

【ねっぱん!++の主要機能】

● 在庫管理機能(客室の在庫設定、客室やプランの手仕舞い設定など)
● 予約管理機能(予約詳細情報の自動取得、表示、各種印刷、CSV出力)
● 料金管理機能(プラン料金の一括設定、シーズナリティの設定など)
● 分析レポート機能(入込状況表、販売分析表、ブッキングカーブ、プラン別分析レポートなど)
● ノーショー対策機能(無効カードチェック機能、キャンセル料自動徴収機能、宿泊料自動徴収機能)
● 各種オプション機能[*1](PMS連携、セルフチェックインシステム連携、レベニューシステム連携など)
● その他の機能(予約情報の自動印刷機能、サンクスメール自動配信機能、予約サイトログイン機能など)
[*1]は有料オプション機能となります。

【株式会社クリップスの概要】

会社名:株式会社クリップス(https://www.clips.co.jp/company/
代表者:代表取締役 阿部 広則
所在地:新潟県新潟市中央区鐙西2-29-15 ピュアコートベル3F
設立 :1991年7月
事業 :クラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!++」(https://www.neppan.com/)の開発・提供

【本件に関するお問い合わせ先】

担当 :株式会社クリップス 「ねっぱん!++担当」までお願いいたします。
電話 :025-290-5540    FAX:025-241-7836
メール:info@neppan.com  URL:https://www.neppan.com/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る