• トップ
  • リリース
  • Maido Enterprises Pvt.Ltd.の取締役 大谷貴烽ェ江戸前寿司講習を修了!インドでの海外飲食ビジネスマネジメント&コンサル事業に本腰!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

Maido Enterprises Pvt.Ltd.の取締役 大谷貴烽ェ江戸前寿司講習を修了!インドでの海外飲食ビジネスマネジメント&コンサル事業に本腰!

(PR TIMES) 2016年08月30日(火)15時39分配信 PR TIMES


株式会社LA DITTA(ラ・デイッタ)のインド子会社 Maido Enterprises Pvt.Ltd.(通称MaidoIndia)取締役でLA DITTAのインド事業の責任者である大谷貴焉iダイヤ タカロウ)が東京日本橋の寿司店でベテラン江戸前寿司職人 浅井隆司さんより江戸前寿司の個人講習を受けトレーニングを修了しました。

今回学んだ寿司の基本をインドへ持ち帰り、インドでの寿司シェフの教育、マネジメントを行い、さらなる成長を目指します。海外の中でも独特な文化や価値観を持つインドで、現在、寿司のテイクアウト&デリバリー「Sushi and More」を4店舗経営しているノウハウを活かし、今後は自社だけでなく日本食ビジネスでインド進出を目指す人たちへのコンサルを積極的に行っていきます。

[画像1: http://prtimes.jp/i/18664/29/resize/d18664-29-930759-1.jpg ]



MaidoIndiaの大谷(ダイヤ)は1980年代にロスアンゼルス、マリブ、サンタモニカなどで寿司店のゼネラルマネージャーや共同経営者としての経験や、ロスアンゼルスで7年間のしゃぶしゃぶ店の経営など、海外での日本食ビジネスの経験を豊富に持っています。しかし、マネジメント側に回っていたことや、寿司店に関わっていた頃の1980年代は寿司シェフは必ず日本人の時代であったため、大谷自身は寿司の教育を受けた事はありませんでした。

しかし時代は変わり、海外の寿司店では日本人以外の寿司シェフが多くなり、MaidoIndiaが経営、運営するインド初の寿司のテイクアウト&デリバリー Sushi and More でも寿司シェフは全員インド人。そこで、日本人である大谷が日本で正式に寿司の基本を学び、インドでの寿司シェフの教育やマネジメントを行うことでインドでの寿司ビジネスのさらなる成長を目指します。

日本橋の寿司店の浅井さんは、昔ながらの寿司職人で非常に厳しく「頭で覚えるのでなく、手で覚えろ」と、職人ならではのやり方で、身体に染み付くまで何度も握り寿司のしゃりを握らせます。それに応えようと同じ作業を何度も何度も繰り返し、寿司がより美味しく感じるしゃりの握り方を体で覚えていく大谷。同じ作業をひたすら繰り返すトレーニングを終え、やっと1日の練習が終わったと息をつく大谷に、自宅練習用にと寿司しゃりと魚の切り身を持たせる浅井さん。トレーニング期間中は家に返っても練習は続きました。

[画像2: http://prtimes.jp/i/18664/29/resize/d18664-29-441287-2.jpg ]

そんな厳しい指導の元、寿司しゃりの切り方から魚の三枚おろし、貝類の仕込み、玉子焼の焼き方など、寿司には欠かせない基本的なポイントを短期でマスターした大谷。

今回の講習で学んだ技術は、今後のインドでの寿司ビジネスには欠かせない貴重なものとなったようです。そして、この技術をインドの寿司シェフの教育やマネジメントに活かし、基本を押さえた「日本の寿司」をインドで提供していきます。今後はインドで自社の寿司シェフの教育だけでなく、他社の寿司シェフの教育や経営のコンサルティングを行っていきます。独特の文化を持つインド国内では難しいとされてきた日本食ビジネスを、継続・発展させてきた弊社が、今後インドで日本食ビジネスを始めたい人・企業の手助けを行い、インド国内での日本食への関心をさらに高めていくことを目指します。


[画像3: http://prtimes.jp/i/18664/29/resize/d18664-29-763132-3.jpg ]


■「sushi and more」について
2011年インド、ムンバイにてインド初となる寿司のテイクアウト&デリバリーの店としてオープン。ムンバイで現在4店舗、10月に新店舗オープン予定。結婚式からホームパーティーまでケータリングも行い、ムンバイ以外の都市へ出張ケータリングも行っている。
HP : http://sushiandmore.com/


[画像4: http://prtimes.jp/i/18664/29/resize/d18664-29-193154-4.jpg ]


■ 株式会社LA DITTAについて
2006年創業。 インド、 シンガポール、 日本、 欧州などでグローバルに事業を展開。 ムンバイにて15万人来場のインド最大の日本のイベント「クールジャパンフェスティバル」は2016年で開催5年、 日本では震災支援企画「オイスターフェスティバル」も運営。 「日本のよいものを海外へ」をコンセプトに、 今年9月で創業10周年を迎えます。 代表取締役小里博栄は神戸生、 オックスフォード大学院卒、 ヴァージングループ、 ダイソンのマーケティングを経て、 現在シンガポール在住。 山形、 福島などの地方自治体のインバウンド戦略および海外進出の支援も行っています。


<お問い合わせ>
株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)
東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27階
TEL 03-5403-4853 
FAX 03-5403-4854
Email: ss@laditta.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る