プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

メルセデス・ベンツと NVIDIA、AI 自動車技術の提携を発表

(PR TIMES) 2017年01月10日(火)19時01分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/12662/29/resize/d12662-29-532556-1.jpg ]

2017 年 1 月 6 日 - ネバダ州ラスベガス、コンシューマー エレクトロニクス ショー (CES) -NVIDIA (本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼 CEO : ジェンスン・フアン (Jen-Hsun Huang)、Nasdaq : NVDA) とメルセデス・ベンツは、ラスベガスで開催されたコンシューマー エレクトロニクス ショー(CES)で、NVIDIA の AI を搭載した自動車を共同開発すると発表しました。

このニュースは、メルセデス・ベンツのブースで開かれた「インスピレーショントーク」において、NVIDIA の創設者兼 CEO、ジェンスン・フアン (Jen-Hsun Huang) とメルセデス・ベンツのデジタル ビークル&モビリティ担当副社長、サジャド・カーン (Sajjad Khan) 氏が登壇し、対談した際、発表されました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12662/29/resize/d12662-29-563770-0.jpg ]


共同開発は 3 年前から進めてきたとジェンスン・フアンは語りました。「チームを結成してすぐ、すばらしい相乗効果が生まれ始めました。両社は AI で自動車の運転がどう変わるのか、AI で自動車の運転がどのように楽しくなるのか、ビジョンが共通しているのです。」

フアンはまた、次のように述べています。「AI がコンピューティングの未来であることは明らかです。3 年前に始めた開発がこうして実を結び、あと 1 年で製品化されるわけです。こんなすばらしいことはありません。」

カーン氏も、以下のように語りました。「12 カ月以内には、NVIDIA と共同開発した製品を発売する予定だと発表できることを大変うれしく思っております。」

緊密なコラボレーション
この共同開発では、ディープラーニングと人工知能を中心としたコラボレーションが進められています。
「ディープラーニングと呼ばれるこのブレークスルーが数年前に実現され、その結果、コンピューティングを根底から変えるような革新が起きました。音声認識で電話をかけられるようになったり、クラウドにアップロードした写真が自動的にタグ付けやホスト割当がされるようなことも可能になったのです。」とフアンは指摘しています。

カーン氏も、こう語っています。「両社は、同じ場所にチームを配置しています。我々はサニーベールに事務所を開いていますし、ジェンスンはシュトゥットガルトにチームを常駐されているのです。」

「メルセデス・ベンツと NVIDIA は、AI 自動車に関するビジョンが共通しています。AI は、今後、自動車の未来を大きく変えていくことでしょう。」とフアンは語りました。

なお、当日の発表の様子は以下よりご覧いただけます。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=-u0yuAeGqwM ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る