• トップ
  • リリース
  • Aarki、CogX 2020でMarketing & AdtechのベストAIプロダクトに選出される

プレスリリース

Aarki、CogX 2020でMarketing & AdtechのベストAIプロダクトに選出される

(PR TIMES) 2020年07月10日(金)17時40分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/39593/28/resize/d39593-28-213361-0.png ]

カリフォルニア州サニーベール、2020年7月10日 - AIベースのリーディングモバイルマーケティングプラットフォーム Aarki, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、CEO : Sid Bhatt、以下Aarki)は、世界の主要なAIと新しい技術のフェスティバルであるCogx 2020( https://cogx.co/ )アワードにおいて“Marketing & AdtechのベストAIプロダクト”部門の受賞者に選ばれたことを発表しました。

「今年、2回目のAIアワードであるこの賞を受け取ることは、私たちにとって刺激的でやりがいのあることです。」とAarkiのCTOで共同創設者であるLevon Budagyanは述べ、「これは、私たちのプロアクティブで戦略的なチームによる継続的なイノベーションなくしては不可能でした。この賞は、モバイル広告テクノロジーの最もエキサイティングな課題に取り組んでいるデータサイエンティスト、データアナリスト、エンジニアのおかげで、Aarkiが達成した画期的な成果の証です。」とコメントしました。

Aarkiは、高度なモバイル広告の予測機能で知られています。Aarkiは、Pointwise Mutual Information(PMI)モデルを使用して、Aarki固有のユーザーコンバージョンファネルを効果的にモデル化し、アトリビューションのないオムニチャネルイベントデータでのプレトレーニングを行います。これにより、ユーザーの購入確率をより適切に計算できるため、投資収益率(ROI)の予測とインストール確率が向上し、インストールあたりのコスト(CPI)が減少します。

「私たちは、世界で最も優れた企業のいくつかを表彰し、称賛するために賞を創設しました。」とCogXおよびCognitionXのCEO、共同創設者であるCharlie Muirhead氏は述べ、「私たちと審査委員会は、AarkiがBest Marketing and AdTech賞を受賞したことを嬉しく思います。特に、質の高いサービスを提供する能力と、クライアントとユーザーに最高の広告体験を提供するという決意に非常に感銘を受けています。もう一度、Aarkiの受賞おめでとうございます。」とコメントしました。

Aarkiのミッションは、ユーザーをお気に入りのブランドにつなげ、広告主に最大のパフォーマンスを提供することにより、最高のモバイルマーケティングエコシステムを構築することです。Aarki独自の機械学習プラットフォームであるAarki Encoreは、AarkiデマンドサイドプラットフォームとAarki Studio(独自のクリエイティブ最適化プラットフォーム)で構成されています。 これらを組み合わせることで、アプリ開発者はROIを高めたマーケティングキャンペーンの実施、最も魅力的なクリエイティブをユーザーに配信することができます。

About Aarki
Aarkiは、機械学習 (AI)・ビッグデータおよび魅力的なクリエイティブを活用し、ブランドの成長とモバイルユーザーへのリエンゲージメントを支援します。目標ROIを達成するために、さまざまなマーケティングゴールの最大化を追求します。

About CogX
CognitionXは、Charlie MuirheadとTabitha Goldstaubによって2015年に設立され、新興テクノロジーの複雑で急速に変化する世界においてビジネスを明瞭化することをサポートします。私たちのミッションは、ナレッジへのアクセスを民主化し、根本的に改善することです。その結果、変革するテクノロジーの採用が加速され、安全で責任あるデプロイメントが実現し、すべての人にベネフィットがもたらされます。

私たちは、ナレッジネットワークプラットフォームを介して、人々とリアルタイムで専門知識を結び付け、ビジネスの内外を問わず、ハイレベルなディナーからリサーチペーパーによる詳細な市場分析の実施、毎年恒例のフェスティバルCogXまで、初めて4万人以上の参加者を完全にバーチャルでホスティングしました。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る