プレスリリース

  • 記事画像1

競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」開催のお知らせ

(PR TIMES) 2018年05月24日(木)15時01分配信 PR TIMES

〜賞金をビットコインで付与、成績上位3名には「内定確約パス」を進呈〜

国内最大* の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納 裕三、以下、「当社」)は、6月2日(土)より、当社初となる競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を開催いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/23233/28/resize/d23233-28-645503-0.jpg ]

「codeFlyer」は、プログラミングの正確性とアルゴリズムの構築力、そしてスピードを競う当社主催の競技プログラミングコンテストです。予選、本選の2部構成となり、予選は年齢や居住地を問わずオンラインでどなたでもご参加いただけます。また、6月30日(土)に開催される本選は、当社オフィスのある東京ミッドタウン(六本木)にて開催いたします。本コンテストは予選、本選ともに国内で数多くの競技プログラミングコンテスト主催実績を持つAtCoder株式会社によるオンラインシステム「AtCoder」を利用して開催いたします。

「codeFlyer」本選上位5名には、最高賞金10万円を現金もしくはビットコインいずれか希望する形で授与いたします。「AtCoder」を利用した競技プログラミングコンテストにおいて、ビットコインでの賞金授与は初めての事例となります。また、本選の成績上位者には「内定確約パス*²」を進呈するほか、成績に応じて「最終面接確約パス」「書類選考通過パス」といった、一部選考プロセスを通過できる権利を進呈いたします。さらに、「codeFlyer」本選出場者の中から当社に入社決定した方には、学校卒業や転職までの期間中、自己研鑽に励む時間や機会を得るためのサポートとして、自己研鑽費用50万円を支給いたします。

【開催目的】
当社は仮想通貨・ブロックチェーン業界のリーディングカンパニーとして更なるサービス向上に努め、市場の発展に貢献したいと考えています。「codeFlyer」はこうしたビジョン実現に向けて、学生や社会人を問わず優秀なエンジニアとの出会いを目的としています。

【実施概要】
<予選概要>
・開催日程: 6月2日(土)21時〜23時
・問題予定数:5題

・参加資格:どなたでも参加可能(AtCoderアカウント必須)

<本選概要>
・開催日程: 6月30日(土)13時〜19時
・開催場所:東京ミッドタウン
・問題予定数:8題
・参加資格:以下の基準を満たす予選上位100名に選出された方
(1)2019年度、2020年度卒業予定者 上位70名
(2)社会人(既卒者) 上位20名
(3)上記を除く上位10名

<賞金 & 特典>
優勝:100,000円 & 内定確約パス(有効期限:2021年6月末まで)
2位:70,000円 & 内定確約パス(有効期限:2020年6月末まで)
3位:50,000円 & 内定確約パス(有効期限:2019年6月末まで)
4位:30,000円 & 最終面接確約パス
5位:20,000円 & 最終面接確約パス

その他詳細は下記URLをご確認ください。
「codeFlyer」 HP:https://bitflyer.com/recruit/codeflyer201806

【当社について】
当社は、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルートストラテジックパートナーズ、電通イノベーションパートナーズ、SBIインベストメント、GMO VenturePartners、QUICK、ベンチャーラボインベストメントなどから出資を受けている国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業です。FinTechの領域において仮想通貨・ブロックチェーンの技術開発を通じたイノベーションを目指し、仮想通貨総合プラットフォームbitFlyerの運営、およびブロックチェーンの調査・分析、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した新サービスの研究開発を行っています。

当社コーポレートサイト:https://bitflyer.com
ブロックチェーン「miyabi」の特長:https://bitflyer.com/miyabi
ブロックチェーン「miyabi」の紹介動画:https://youtu.be/SxHZI08yhZ0
bitFlyer採用HP:https://bitflyer.com/recruit

*¹ 当社はビットコイン月間取引量、仮想通貨取引サービス利用率、仮想通貨取引アプリ利用率において国内最大となりました。調査委託先マクロミル(2018年2月、インターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」)、Bitcoin日本語情報サイト調べ。2016年4月-2018年4月、国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む)
*² 入社が決まった方については当社規定に則り、採用調査(バックグラウンドチェック)を実施いたします。(調査の結果、ご入社いただけない場合もございます。)

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る