プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社シーアールイー

物流施設「ロジスクエア羽生」竣工

(PR TIMES) 2016年07月19日(火)15時50分配信 PR TIMES


 株式会社シーアールイー(代表取締役社長/山下修平 本社/東京都港区)は、2016 年7 月15 日、埼玉県羽生市において開発を進めていた物流施設「ロジスクエア羽生」を竣工いたしました。
 なお、「ロジスクエア羽生」は竣工に先立ち国内大手物流企業の入居が確定しており、2016 年8 月1 日より当該テナント企業の物流拠点として稼働する予定です。

                      記
 「ロジスクエア羽生」の開発地は東北自動車道「羽生」インターチェンジより約4.5km に位置しており、10 分以内でのアクセスが可能な好立地で、北関東自動車道の全線開通や、今後予定されている圏央道の更なる延伸により、東北自動車道を基軸とした広域ネットワークの形成が期待され、次世代を睨んだ国内物流の戦略的拠点として高いポテンシャルを有しています。

 施設の特徴として、1 階は低床倉庫として両面にバースを配置、敷地内車両動線は出入口を分けたワンウェイとし、さらに敷地内に40 フィートトレーラーを含む大型車両50 台以上の待機スペースを確保することにより、効率的な入出庫オペレーションを実現します。また、塑性変形抵抗性に優れ、わだち掘れの発生を抑制する「半たわみ性舗装」をトラックヤード及び待機スペースだけでなく、場内全域に採用しております。倉庫部分の基本スペックは、平均照度250 ルクス以上、床荷重2.0t/m2 、有効高さは各階6.0m 以上を確保し保管効率を高め、さらに、垂直搬送機はダブルパレット対応型を8 基設置し上下搬送効率も高めております。また、雨天時の入出庫オペレーションにも配慮し、両面バースの大庇張り出し長さを14m 確保しております。上記スペックは、入居するテナント企業の要望を取り入れ、且つ、施設の汎用性を考慮した当社の基本スペックも満足し得る内容です。

 また、全館LED 照明、人感センサー、節水型衛生器具の採用等により環境や省エネルギーに配慮した施設として、BELS※1 の評価を取得予定です。(※1 BELS とは、建築物の省エネルギー性能を評価・表示する制度であり、Building Energy-efficiency Labeling System の略語です。)
 さらに、当社開発物件の標準装備である緊急地震速報システムの導入や外構散水栓による停電時の給水確保等により入居企業のBCP(事業継続計画)への配慮を行っております。

■ロジスクエア羽生の概要
所在地 : 埼玉県羽生市大字秀安
敷地面積 : 36,224.84 m2 (10,958.01 坪)
延ベ面積 : 38,857.09 m2 (11,754.26 坪)
建物構造 : 鉄骨造 地上2 階建て
工 期 : 2015 年8 月18 日〜2016 年7 月15 日
設計施工 : 五洋建設株式会社

■施設の写真
○全景
[画像1: http://prtimes.jp/i/12732/28/resize/d12732-28-768346-6.jpg ]

・張り出し長さ14m、全長172mの大庇を施設の東側西側の両面に設置。
・トラックヤード、待機スペース、車路、駐車場他、場内全域に半たわみ性舗装を採用。
○庫内
[画像2: http://prtimes.jp/i/12732/28/resize/d12732-28-818874-4.jpg ]



[画像3: http://prtimes.jp/i/12732/28/resize/d12732-28-326293-5.jpg ]

・物流施設の機能をデザインとして「可視化」することにこだわった庫内のサイン。
ワンフロア約17,000 m2 と広大な建物空間の為、エリアカラー方式を採用。
○オフィスエリア
[画像4: http://prtimes.jp/i/12732/28/resize/d12732-28-139207-2.jpg ]

・建物全体の顔となる北側事務所へのアプローチ。
・外観とデザインを統一した執務空間。事務所から倉庫への扉には規制ピクトをデザイン。
○外観
[画像5: http://prtimes.jp/i/12732/28/resize/d12732-28-483843-3.jpg ]

・北面県道には「IN」「OUT」の専用動線を設置。南面には歩行者・自転車専用通用口を設置。

■株式会社シーアールイー
 当社は、現在、物流不動産を中心に約1,480 物件、約108 万坪(約360 万m2 )※2 の不動産の管理運営を行っております。物流不動産特化の管理会社としては、国内最大規模となり、サービス領域においては、物流不動産開発・テナントリーシングから竣工後のアセットマネジメント、プロパティマネジメントまでのトータルサービスをワンストップでご提供しております。
 物流不動産開発においては、現在、物流施設6 物件、延べ面積約43,000 坪(約142,000 m2 )の開発を進めております。当社独自に構築してまいりました多数のテナント企業とのリレーションシップによりテナント企業が求めるニーズを的確に捉え、テナント企業の個別ニーズを満足させた上で更に機能性・汎用性をも兼ね備えた物流施設造りを推進し、継続的にご提供してまいります。また、前身からの50 年におよぶ業歴から得た物流不動産の管理運営の知見・ノウハウを開発事業に注ぎ込むことにより、利用者の立場に立った利便性の高い施設開発を目指し、首都圏は勿論のこと、全国の物流適地において積極的に物流施設開発に取り組んでいく方針です。
(※2 2016 年4 月末時点)

■開発物件一覧
注)延べ面積は小数点以下、四捨五入。
[画像6: http://prtimes.jp/i/12732/28/resize/d12732-28-894142-1.jpg ]

以上



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る