• トップ
  • リリース
  • 働く女性向けハイブリッド型スキンケアライン「Dual Face(デュアルフェイス)」パッケージデザイン賞「TOPAWARDS ASIA」を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

エイボン・プロダクツ株式会社

働く女性向けハイブリッド型スキンケアライン「Dual Face(デュアルフェイス)」パッケージデザイン賞「TOPAWARDS ASIA」を受賞

(PR TIMES) 2018年04月27日(金)14時01分配信 PR TIMES

エイボン・プロダクツ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中 陽次 以下エイボン)のドラッグストアや量販向けに展開するスキンケアライン「Dual Face(デュアルフェイス)」が、アジアを対象に優れたパッケージデザインに贈られる賞「TOPAWARDS ASIA(トップアワードアジア)」を受賞しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/19093/27/resize/d19093-27-451827-3.jpg ]

「TOPAWARDS ASIA(トップアワードアジア)」は、アジアのパッケージデザイン業界の発展を目的として創立された賞です。月ごとのテーマに沿って、アジアにおける洗練されたパッケージデザインを、世界で活躍するアジアのトップクリエイターらが審査します。


このたび、4月のテーマである「SKETCH」に沿って集められたプロダクトの中から、「Dual Face(デュアル フェイス)」が選出されました。受賞作品は、本アワードのオウンドメディアを通じて世界に発信されます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/19093/27/resize/d19093-27-920274-2.jpg ]

TOPAWARDS ASIA オフィシャルサイト http://www.topawardsasia.com/

「Dual Face(デュアルフェイス)」受賞ページ https://www.topawardsasia.com/home/dual-face

4月の審査員

[画像3: https://prtimes.jp/i/19093/27/resize/d19093-27-407273-1.jpg ]

PANN LIM (パン・リム)
Kinietic Singapore、gallery and retail space K+の共同設立者
クリエイティブディレクター / Rubbish Famzineの出版者
デザインや広告・コミュニケーションをこよなく愛し、現在までにD&ADやカンヌライオンズなど国内外含め450以上もの賞を獲得している。
またSingapore Creative Circle Awards (The Gong Show)やエフィー賞、Malaysia Kancil Awards、Miami Clio Awards, Webby Awards、British D&AD Awardsで審査員としても活躍し、最近ではD&AD 2017 Crafts for Design部門の審査員長とAdFest 2017の審査員長を務めた。若い世代を育成することにも力を注ぎ、シンガポールデザイン学校の非常勤講師やThe Design Societyの設立にも協力している。また、2012年〜2013年にはTemasek Polytechnicにて助教授を務めている。
受賞歴:President’s Design Award 、New York One Show Gold Pencil、カンヌライオンズ、 D&AD 2016 Yellow Pencil 等多数

[画像4: https://prtimes.jp/i/19093/27/resize/d19093-27-739142-0.jpg ]

ORDINARY PEOPLE(オーディナリーピープル)
ORDINARY PEOPLE(オーディナリーピープル)設立者
ソウルを拠点としたグラフィックデザイン事務所。
2006年に集まり、"we make poster"プロジェクトを始動し、そのプロジェクトを進めていくうちに自然とグラフィックデザイン事務所を設立するに至った。
現在は、「1xn—Print Screen」や 「Everyday graphic calendar」、「24OPEN」など、自身がプロデュースするプロジェクトを進めている。
また、韓国の国立現代美術館(MMCA, National Museum of Modern and Contemporary Art Korea)やアジアカルチャーセンター(Asia Culture Center)、エスエム・エンターテイメント(SM Entertainment)などのクライアントと共に様々なプロジェクトも手がけている。

受賞理由
● 色の組み合わせとイラストがとてもいい。
● そのコンビネーションが商品の強さをより引き出している。

[画像5: https://prtimes.jp/i/19093/27/resize/d19093-27-721968-4.jpg ]

■「Dual Face(デュアルフェイス)」の紹介 http://dual-face.com/
「Dual Face」は二面性をコンセプトとし、仕事とプライベート、オンとオフの2つの顔を使い分けながら頑張る20代後半〜30代前半の働く女性をユーザーとして想定。天然由来成分*1を主とし、肌へのやさしさにこだわりながら、機能性も重視したハイブリッド型スキンケアラインです。
青緑とオレンジという反対色をブランドのイメージカラーとして、日常的に使い分けている二面性を強調しました。
「ワタシがわたしにかえる瞬間(とき)。」をキーメッセージに、人生も肌も迷いがちな30歳前後の、仕事もプライベートも全力で頑張っている女性がホッとひと息つくひとときを支えたいという思いから作られたブランドです。
ユーカリとベルガモットの天然アロマオイルの香りに包まれて、頑張る「ワタシ」が素顔の「わたし」に戻れる、そんなコンセプトブランドです。
*1水を含む



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る