• トップ
  • リリース
  • 全米No.1 USB充電ブランド Anker、3台同時急速充電が可能な第2世代の超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 20000」を販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

アンカー・ジャパン株式会社

全米No.1 USB充電ブランド Anker、3台同時急速充電が可能な第2世代の超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 20000」を販売開始

(PR TIMES) 2017年02月06日(月)10時16分配信 PR TIMES

2つの入力ポートによりバッテリー本体を倍速で充電でき、最大3台の機器を同時に急速充電できる第2世代の超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 20000」を、Amazon.co.jpにて2017年2月6日より販売開始致します。
「Anker (アンカー)」は、米国・欧州・日本のオンライン市場において、スマートフォン・タブレット関連製品でトップクラスの販売実績を有するブランドです。日本支社のアンカー・ジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:井戸 義経)は、一般的な同容量モバイルバッテリーと比べて2倍の速さで本体充電ができ、またUSB機器を3台同時に急速充電可能な第2世代の超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 20000」を税込4,399円にて2017年2月6日よりAmazon.co.jp上で販売開始致します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16775/27/resize/d16775-27-141287-0.jpg ]


Anker PowerCore II 20000 (モバイルバッテリー)

[画像2: https://prtimes.jp/i/16775/27/resize/d16775-27-269813-9.jpg ]


【製品の特徴】
- 本体充電時間が半分に:2つの入力ポート(20W)を搭載し、一般的な同容量モバイルバッテリーと比べて2倍の速さで本体充電ができるので、この大容量ながらわずか6時間以内でフル充電が可能です(※合計4A入力が必要)。
- 超大容量:iPhone 7を約7回、Galaxy S7を約4回、ほぼ全てののタブレット端末を約2回充電できます。Apple MacBook (12インチ, 2015)も約4~5時間で満充電可能です(PowerIQ非対応)。
- 3台同時に充電:Anker独自技術PowerIQを採用した3つの出力ポートを搭載し、ほぼ全てのスマートフォンやタブレット端末、その他USB機器へ3台同時にフルスピード充電が可能です(合計最大6A)。


【製品の仕様】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/16775/table/27_1.jpg ]



【販売価格】
- 税込4,399円


【パッケージ内容】
- PowerCore II 20000
- Micro-USBケーブル x 2本
- トラベルポーチ
- 取扱説明書
- 18ヶ月保証


【Ankerについて】
Anker (アンカー)は2009年、米Google出身の数名の若者達によって創設されました。当社のミッションは、お客様のデジタルライフをより便利に、快適にする製品を、信頼できる品質・お求めやすい価格で提供させていただくことです。
販売開始以来、米国、英国・ドイツを初めとした欧州各国、日本で高い評価をいただいており、各国Amazonで商品ジャンル毎の売上1位を獲得しております。


【アンカー・ジャパン株式会社について】
本社: 〒104-0033 東京都中央区新川2-22-1 いちご新川ビル3階
代表者: 代表取締役 井戸 義経
設立: 2013年1月
資本金: 1,600万円(資本準備金800万円を含む)
Tel: 03-4455-7823
Fax: 03-6280-5881
URL: http://jp.anker.com/
事業内容: デジタル製品の開発・製造・販売(Ankerブランドの日本支社)


【商標について】
- Anker、PowerCoreおよびPowerIQは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。
- その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る