プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人近畿大学

話題のHoloLensで未来のビジネスを考える

(PR TIMES) 2017年05月09日(火)16時29分配信 PR TIMES

Mixed Reality(複合現実)を使った課題解決を学生が提案

株式会社ゆめみ(東京都世田谷区)と近畿大学(大阪府東大阪市)経営学部 准教授 布施匡章は、平成29年(2017年)5月15日(月)に、近畿大学東大阪キャンパスにて、Mixed Reality(複合現実 以下、「MR」)がもたらす未来のビジネスモデルを学生が議論するイベントを開催します。現実空間に3Dグラフィックやアプリを表示し、ジェスチャー等で操作できるMicrosoft社製の「HoloLens」を使用して、学生にMR技術を体験してもらい、ビジネスへの活用を考えます。本イベントは、株式会社ゆめみでプログラマーのインターンシップをしている経営学部4年生の山田良治が企画しました。
【本件のポイント】
● 最新技術MRをビジネスに活用するための企画を学生が提案
● 企業から与えられた課題を学生が解決する実践型ビジネスプランコンテストの一環
● 学生が技術開発による環境変化の早い時代に適応できる人材となる一助とする

【本件の概要】
本学経営学部では、企業から与えられたビジネスの課題への解決方法を提案するビジネスプランコンテスト「KINDAIビジコン」を毎年開催しています。その一環として、布施ゼミでは、仮想世界を現実の空間に重ねて表示することができるMR(複合現実)技術を体験し、MRを企業の課題解決に役立てるビジネスプランを議論するイベントを開催します。
本イベントは、経営学部4年生
[画像: https://prtimes.jp/i/13864/27/resize/d13864-27-584355-0.jpg ]

の山田良治が企画しました。山田は株式会社ゆめみのインターンシップに参加しており、HoloLensの研究開発に携わっています。布施ゼミの学生は、最新技術に触れることで、新しいビジネスプランのアイデアを得るとともに、技術の進化によるビジネス環境の変化に適応できる人材となることを目指します。

■日  時:平成29年(2017年)5月15日(月) 15:00〜16:30
■場  所:近畿大学東大阪キャンパス アカデミックシアター1階 ACT-314
(東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」 から徒歩約10分)
■対  象:経営学部 布施ゼミ所属の学生(22人)

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る