• トップ
  • リリース
  • ヘッドマウントディスプレー×ドローンで次世代の空撮を!異色のワークショップ開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ブラザー工業株式会社

ヘッドマウントディスプレー×ドローンで次世代の空撮を!異色のワークショップ開催

(PR TIMES) 2016年08月22日(月)10時42分配信 PR TIMES

2016年8月19日(金)、ブラザー工業は、ドローンの販売を行うDJI JAPANとともに、ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter(エアスカウター)」を活用したドローン空撮テクニックについてのワークショップを表参道ヒルズにて開催した。
[画像1: http://prtimes.jp/i/11621/27/resize/d11621-27-567046-2.jpg ]

ブラザーが販売しているヘッドマウントディスプレー「エアスカウター」は、製造業の作業現場などハンズフリーが求められる場面で活用されているが、ドローン操縦者のサブディスプレーとしても利用が進んでいる。エアスカウターを使用することで、飛行しているドローンを視野に入れつつ、空撮中の映像を確認することができるためだ。DJI JAPANのドローンパイロットがエアスカウターを愛用していることから、オフィス機器などで知られるブラザーとドローンメーカーDJI JAPANによる異色のワークショップが共催されることになった。

[画像2: http://prtimes.jp/i/11621/27/resize/d11621-27-381139-3.jpg ]

会場ではエアスカウター開発者によるプレゼンテーションが行われたほか、実際にエアスカウターを活用しているDJI JAPANのドローンパイロット中村佳晴氏と映像ディレクター熊田雄俊氏が空撮テクニックを解説。定員45人に対して、カメラマンや建設現場でドローンを活用しているユーザーなど計60名以上が参加し、最新技術を用いた空撮について活発に質問が飛び交った。

[画像3: http://prtimes.jp/i/11621/27/resize/d11621-27-975908-1.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/11621/27/resize/d11621-27-657989-0.jpg ]



参加者からは、「ドローンのプロから直接話を聞けて非常に勉強になった」「エアスカウターは思ったより軽かった。画面が明るくて見やすく、屋外でも活躍しそう」などの感想が寄せられた。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る