• トップ
  • リリース
  • YouTuberが日本最大級のファッション&音楽イベントのランウェイに立つ!!

プレスリリース

  • 記事画像1

YouTuberが日本最大級のファッション&音楽イベントのランウェイに立つ!!

(PR TIMES) 2017年04月11日(火)13時18分配信 PR TIMES

-人気YouTuberりかりこがGirlsAward出演決定!-

この度、インフルエンサーマーケティング事業、SNSプラットフォーム事業を行う株式会社VAZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 泰輝)は、平成29年4月10日(月)に弊社が活動を支援しているクリエイター、りかりこが日本最大級のファッション&音楽イベント「マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER」に出演することをお知らせいたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/15757/26/resize/d15757-26-319411-0.jpg ]

“人気YouTuberりかりこ”とは?
 りかりこは、弊社VAZが活動を支援している人気クリエイターです。双子であることを生かした、ツインズダンスの動画を投稿したことから話題のクリエイターとなりました。動画の総再生回数では、1億回を突破しており、CM出演や歌手活動も行なっている二人組みのクリエイターです。

 二人は一卵生双生児の双子であることからお互い外見がよく似ており、二人のヴィジュアルの良さ、ダンスの一体感、高身長でルックスが良いことなどから人気を獲得してきました。また、まだ高校生であることからも、若年層に共感や憧れをもたれています。

YouTuberが日本最大級のファッション&音楽イベントに出演した背景
 今回、りかりこが ”GirlsAward”という、雑誌やテレビなどで有名となったモデルやアーティストのみが出演するステージに立つことになった背景には大きな文化的な潮流があります。

 それは、若年層にとっての「有名人」の変化です。若年層にとっての中心メディアはTVからスマホへと変わりました。この変化により、若年層にとっての「有名人」も、TVや雑誌に露出している人物ではなく自分にとって最も身近なデバイスであるスマホで接触できる人物へと変化したのです。

 りかりこは、若年層が最も利用するSNSであるtwitter上で、共感や憧れといった感情を草の根的に獲得したクリエイターであり、そのためにSNSでの影響力が極めて高いのです。単純にフォロワーが多いだけでなく、フォロワーの一人一人がりかりこのファンとなっているということです

 実際に彼女達のSNSでの活動に対するリツイートやファボといったフォロワーの反応率(エンゲージメント)は非常に高いものとなっています。このことが、若者にとって「有名人」という存在が大きく変化していることの一つの現れであるとも言えるでしょう。

“GirlsAwardとは”?
 動員予定数、約31,000人の日本最大級のファッション&音楽イベントであり、現在、ランウェイを華やかに彩る豪華モデルには、藤ニコル、ダレノガレ明美、河北友をはじめ、池美優、トリンドル玲奈、平祐奈など、数多くの著名人が出演決定しています。

 『渋からアジアへ。そして世界へ。』というスローガンの下、政府機関や治体などの後援の下に開催しているイベントです。2017年53(水・祝)の代々木競技場第一体育館での開催をもちまして、第15回目の開催となります。

株式会社VAZについて
 インフルエンサーのなかにはVineやTwitterで短い動画をあげるショートムーバーと、YouTubeで長尺の動画をあげるYouTuberの二種類のインフルエンサーがいます。そのなかで、近年YouTuberを中心としたUUUM株式会社、株式会社GENESIS ONEなど事務所が多く立ち上がっていますが、株式会社VAZは、YouTuberのみならずショートムーバーを抱える事務所であり、インフルエンサーに複数のプラットフォームでの活躍の場を提供しています。
 
 また、特に若年層に人気のインフルエンサーを多く抱えており、一般的にリーチしづらい若年層から大きな関心を集められるので、これまでに費用対効果の高いプロモーションを多く打ち出しています。

取材でご協力させていただけること
・GirlsAward PR担当者、弊社PR担当者への取材

・弊社クリエイターへの取材

・株式会社VAZ 代表取締役社長 森 泰輝への取材

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る