• トップ
  • リリース
  • 人気拡大中のビジネスリュックに新提案!ハイテク素材を活用した“快適すぎる”ビジネスリュック

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

人気拡大中のビジネスリュックに新提案!ハイテク素材を活用した“快適すぎる”ビジネスリュック

(PR TIMES) 2017年02月08日(水)16時47分配信 PR TIMES

「EVL-3.0」(イーヴイエル3.0)2017 年2 月10 日(金)より発売します

バッグメーカーのエース株式会社は、バッグブランド『ace.』(エース)より、ビジネスリュック需要の高まりを受け、ハイテク素材を活用し快適さを高めたビジネスリュック「EVL-3.0」を、全国の百貨店・専門店中心に2017 年2 月10 日(金)より発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15319/26/resize/d15319-26-624442-0.jpg ]

◆ ビジネスリュック人気の高まり
ビジネスリュックの需要は年々高まっています。東日本大震災をターニングポイントに、スーパークールビズによるファッションのカジュアル化、健康志向による自転車通勤の増加、近年では両手で操作するスマートフォンの普及によってハンズフリーが求められるようになったことも大きな要因です。

◆ ビジネスリュックの魅力は“快適さ”!
ビジネスリュックの魅力は使用時の“快適さ”にあります。背負う事で身軽になり、書類やパソコンなどの重い荷物も楽に持ち運ぶことが可能です。「EVL-3.0」はその快適さを更に高めるため、リュックの肩ベルトに着目。ハイテク素材を活用するなど、独自の工夫を施しました。

◆ 快適さを追求したリュックの肩ベルト
特長1:身体にフィットする立体形状
人間工学やアウトドアリュックのノウハウを取り入れた、肩にフィットする立体カーブ形状と、 脇と首回りへの締めつけを緩和するクッション構造を搭載。
⇒フィット感向上&締めつけ緩和により負荷が分散し、背負い心地が向上しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/15319/26/resize/d15319-26-198622-1.jpg ]

特長2:肩からズレにくい、ハイテク素材の裏面
帝人株式会社が開発した超極細ポリエステルファイバー「ナノフロント(R)」を裏面に使用。滑り止めとなるうえ摩耗で服を傷めにくく、吸水速乾性も有します。(※ナノフロント(R) は、帝人の登録商標です)
⇒立体カーブ形状+ ハイテク素材で肩ベルトのズレ防止用のチェストベルトが不要になりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/15319/26/resize/d15319-26-193280-2.jpg ]


◆チェストベルトとは
リュックの肩ベルトが肩からズレ落ちるのを防止するため胸部分に取り付けられた、左右の肩ベルトを繋ぐ補助ベルトです。
お客様からチェストベルトに対し、「ズレ落ちを防いでくれて便利」「ビジネスシーンでは見栄えが悪い」といった賛否両論の声が寄せられたため、その両方のニーズに応える<チェストベルトが無くてもズレ落ちにくいリュックの肩ベルト>を開発しました。

◆その他のビジネスシーンを快適にする機能
1:得意先訪問時など手で持つ際に便利!リュックの肩ベルト簡易収納機能。
2:落下の衝撃からパソコンを守る!衝撃緩衝材使用のPC収納部。
3:夜間の安全性を高める!振動で発電し発行するLEDライト搭載。
[画像4: https://prtimes.jp/i/15319/26/resize/d15319-26-512509-3.jpg ]


◆ 製品情報
【ブランド名】ace.(エース)
【シリーズ名】EVL-3.0(イーヴイエル3.0)ビジネスリュック
【発売日】2017 年2 月10 日(金)
【素材】ナイロン(コーデュラバリスティック)
【カラー】ブラック、ネイビー
【品番/サイズ(W×H×D)/税抜き価格】
59511/30×42×13cm/23,000 円
59512 /33×45×16→21cm/26,000 円
59513 /30×42×8→15cm/27,000 円
[画像5: https://prtimes.jp/i/15319/26/resize/d15319-26-624442-0.jpg ]

※画像左から、59511・59512・59513



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る