• トップ
  • リリース
  • デロイト トーマツ コンサルティング「健康経営推進サービス」を本格展開

プレスリリース

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

デロイト トーマツ コンサルティング「健康経営推進サービス」を本格展開

(PR TIMES) 2017年05月09日(火)10時32分配信 PR TIMES

スマートフォン、クラウドなどSMAC技術による健康データを用いて健康KPIを検証・改善

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:近藤聡、以下 DTC)は「健康経営」の実現を支援する「健康経営推進サービス」の提供を本格的に開始します。
「健康経営」とは、従業員の健康保持・増進の取組みが将来的に企業の収益性等を高める投資であるという考えに基づいて、従業員の健康管理を経営的な視点から捉え直し、戦略的に取り組む経営手法を指します。

労働人口の減少やワークライフバランス志向の高まりを背景に、企業には従業員の健康を増進することが求められています。一方で従業員の属性や働き方は多様化しており、従業員が自らの健康状態に応じて施策を選択できる仕組みを整備することが求められます。

DTCが提供する「健康経営推進サービス」は健康経営の構想策定や実行支援のコンサルティングに留まらず、スマートフォンやモバイル、アナリティクス、クラウドなどを用いたSMAC技術を活用して得られた健康データに基づく健康KPI(KBSC(R):Kenko Balanced Score Card)の検証・改善による継続的な健康経営の強化を実現するサービスです。

健康KPIの管理では、健康経営ダッシュボード「Well Me」を提供予定です。「Well Me」には人事データ、勤怠データ、評価データ、営業データ、健康保険データなどの蓄積されたデータとスマートフォンのアプリを活用することで得られる従業員の健康状況に関するデータを集約します。これらの健康データにより従業員の健康増進に資する施策を迅速に実施することや、運用の中で施策の有効性を検証・改善に繋げるサイクルを高頻度に回すことが可能となります。

DTCはヒューマンキャピタルユニットを中心に、業界別・機能別組織との連携やプロジェクト実績に基づく洗練された方法論により、健康経営の実現をサポートします。さらに、有限責任監査法人 トーマツ パブリックセクター ヘルスポリシー&ストラテジーとも連携し、健康経営実現を推進します。

サービスの詳細については以下URLよりウェブサイトをご覧ください。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/human-capital/solutions/hcm/healthy-company.html

<サービスに関する問い合わせ先>
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
ヒューマンキャピタルユニット
パートナー 土田昭夫、シニアマネジャー 田中公康(たなか ともやす)
Tel: 03-5220-8600 E-mail DTC_HC@tohmatsu.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る